偏った食生活はハゲの原因

ファーストフード現代人は昔にくらべると忙しくなりましたし、便利なファストフードもたくさんありますので、ファストフードやコンビニ弁当などで食事を簡単に終わらせてしまう人も多いでしょう。

しかし、そういった食事は栄養バランスが取れていないことが多く、栄養が偏った食事を続けると髪や頭皮にも悪い影響を与えます。

偏食と薄毛の関連性

髪を作る栄養が不足

偏った食生活を続けると、当然のことながら身体に必要な栄養が十分に摂ることができませんので、髪の毛の成長に必要な栄養素も不足してしまいます。

髪の毛に必要な栄養は、まず髪の毛の主成分であるタンパク質です。また、ビタミンAやビタミンEは頭皮の血行を良くして毛母細胞に栄養を送りやすくします。亜鉛も髪の毛には必要な栄養分です。これらが足りなくなると新たに髪の毛が作られにくくなります。

脂質の取り過ぎ

偏った食生活を送っている人は、脂質を多く摂る傾向にあります。脂質は摂りすぎると血行が悪くなり、毛母細胞に栄養を送ることができなくなります。また、頭皮の皮脂腺から分泌される脂分が多くなり、毛穴を詰まらせてしまいますので、脂質の取り過ぎはハゲの原因になってしまいます。

食事は毎日欠かさず食べますので、長い目でみると、将来大きな差となって現れる可能性があります。できるだけバランスのいい食事を心がけることが、ハゲ対策につながります。

育毛に大切な成分を毎日とりましょう

偏食を長く続けてきた人は、急にバランスのいい食事に切り替えるのは難しいかもしれません。当サイトでは、食事に含まれるハゲ対策に有効な栄養素を紹介していますので、参考にしてください。

まずは意識して少しずつ食事に取り入れるようにして、毎日摂る生活を目指しましょう。

このページの先頭へ