刺激の与えすぎはハゲの原因?
【適度な刺激で育毛サポート】

頭皮を刺激する男性薄毛の男性が頭皮をヘアブラシでトントン叩いているシーンをご覧になったことがある人も多いと思います。

ひとむかし前は、頭皮に刺激を与えることで髪の毛が生えてくると考えられていました。

いかにも血行が良くなりそうですが、刺激を与えすぎるのは逆効果です。

逆に頭皮を傷つけたり、抜け毛の原因にもなりますので、現在では育毛にマイナスの行為とされています。

刺激の与えすぎはNG

強い刺激はハゲを促進

頭皮は皮膚が薄く、刺激に弱い

頭皮は、腕や足よりも皮膚が薄く、皮膚のすぐ内側に細い血管がたくさん通っていますので、刺激にとても弱いので、硬いブラシで頭を何度も叩くような行為はやり過ぎです。

頭皮や毛穴が傷つく

過度な刺激によって頭皮や毛穴に傷をつけてしまう可能性があります。刺激によって頭皮が炎症を起こしてしまうと、血行が良くなるどころか、かえって血が通わなくなってしまいます。

頭皮は、洗浄力の強いアルコール系シャンプーや、紫外線などでもダメージを受けるデリケートな部位だと知っておきましょう。

ふけが多くなる

頭皮が刺激によって傷つけられると、頭皮の皮膚を修復するために分裂・増殖した表皮細胞がフケとなって蓄積されます。フケが皮脂と混ざると、毛穴詰まりの原因にもなりますので、頭皮環境を悪くする原因と言えます。

剃ると刺激で毛が濃くなるってホント?

ムダ毛を剃ると濃くなるという説があります。カミソリで皮膚に刺激を与えることが原因という意見もありますが、剃った断面が見えるため濃くなったように見えるという意見もあり、賛否両論です。

ただ、剃ると濃くなる理論が正しいのであれば、禿げている人が頭の毛を剃れば濃くなるわけですから、おそらく濃くはならないのでしょう。適度な刺激で毛が生えやすくなるのは、あくまでも刺激による血行促進作用によるものと考えられます。

育毛に有効な「適度な刺激」って?

頭皮をやさしくマッサージしてあげると、頭皮の血行が良くなります。

適度な刺激は、血行促進やツボを刺激することによる育毛効果も期待できます。

頭皮マッサージ

頭皮を優しく揉んであげると血流がよくなります。

頭皮マッサージは、空いた時間にいつでもできる簡単な育毛方法です。

毎日続けることで、将来の頭皮環境がよくなる可能性が高いので、毛を生やすための土台造りのイメージで、毎日の習慣にしましょう。

当サイトでも、頭皮マッサージのやり方について詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

このページの先頭へ