刺激の与えすぎは、薄毛(はげ)の原因

頭皮を刺激する男性薄毛に悩んでいる人が頭皮をヘアブラシなどで叩いているシーンを見かけたことがあると思います。頭皮に刺激を与えることで血行を良くすることで、毛根に栄養を届けて発毛を促したり、ツボを刺激することによる育毛効果も期待できます。

ただし、適度な刺激はプラスになりますが、刺激の与えすぎはマイナス効果になってしまいます。

刺激の与えすぎと薄毛の関連性

頭皮をマッサージするなどの方法はハゲ対策として有効なのですが、ブラシで頭を何度も叩くような行為はやり過ぎです。

髭やすね毛を剃ると濃くなるのは、カミソリで皮膚に刺激を与えることが原因という意見もありますが、そもそも剃ると濃くなるという意見自体が賛否両論で詳しくは分かっていないようなのです。(この理論が正しいなら、禿げている人が頭の毛を剃れば濃くなるわけですから・・)

しかも頭皮は、すねなどと違って皮膚が薄く、細い血管がとても多く通っています。刺激にとても弱いのです。

ブラシで頭を何度も叩いたりすると、頭皮や毛穴に傷をつけてしまう可能性があります。刺激によって血管に負担をかけたり、頭皮が炎症を起こしてしまうと血行が良くなるどころか、かえって血が通わなくなってしまいます。

頭皮は洗浄力の強いアルコール系シャンプーや、紫外線などでも傷ついてしまうようなデリケートなものです。抜け毛を予防するためにも、過剰な刺激を与えるのはやめるようにしましょう。

頭皮マッサージが効果的

頭皮を優しくさすったり揉んであげると血流がよくなることが分かっています。

たとえすぐに効果が現れなくても、続けるかどうかで将来の頭皮環境が違ってくると考えますので、毛が生えるための土台造りのイメージで毎日のハゲ対策にとりいれましょう。

当サイトでも、頭皮マッサージの方法を紹介していますので、ご覧下さい。

このページの先頭へ