分け目が薄い、地肌が目立つ 
~原因と対策

薄くなった髪の分け目

自分の薄い分け目が気になったり、地肌が目立つと気がついたときには、焦らずに薄くなっている分け目をじっくりと観察しましょう。

ひとことで「分け目が薄い」といっても、進行具合や、薄毛のタイプによって原因が違うことも多いです。(※女性はこちらをご覧ください)

あなたはどのタイプ?【分け目ハゲ】の種類

分け目ハゲの種類

生え際に近いほど地肌が目立つ

生え際に近いほど薄い分け目後頭部の毛はしっかり生えているのに、生え際の毛が細くなる、あるいは抜けてしまうことで地肌が目立ってしまうタイプです。

このタイプは、AGAが原因ではげが進行している可能性があります。

頭頂部に近いほど地肌が目立つ

頭頂部に近いほど薄い分け目AGAは、つむじからハゲが進行していくケースも多いので、このタイプもAGAの可能性があります。

また、間違ったヘアケアが原因で薄くなっている可能性も否定できません。

まずは頭皮から原因を推測

油でギトギトしていたり、フケが多いようであれば「脂漏性脱毛」や、「ひこう性脱毛症」の可能性があります。※詳しくはこちら

頭皮が上記2つの状態なら、頭皮環境を正常にもどすことで回復の期待が持てます。

頭頂部と同じように、生え際の毛が細くなっていたり、短い抜け毛が増えているようなら、AGAの可能性が高くなります。

分けている部分だけが薄い

分け目だけ薄いこちらのタイプの場合は、ずっと同じ分け目でいることによる毛髪や頭皮への負担が原因となっている場合が多いです。

分け目がずっと同じだと紫外線のダメージや、ドライヤーの熱が直接頭皮に当たったり、ワックスやスプレーが頭皮につきやすく負担が蓄積されてしまいます。

まずは分け目を変えてみましょう。特に、毎日髪の毛を結んでいる人は、分け目への負担が大きくなりますので、適度に変えるように意識しましょう。

頭全体が薄くなっている

頭全体が薄いこのタイプは男性よりも女性に多い傾向があります。

初期段階では、髪のボリュームがなくなり、ペタンとしてしまうようになり、進行すると頭全体の地肌が目立つようになります。

頭全体が薄くなる原因は老化やストレス、ヘアケア、生活習慣の乱れが大半です。これらが原因となり、瀰漫(びまん)的に抜けてしまう瀰漫性脱毛症(女性型脱毛症 ※詳しくはこちら)の可能性があります。

生活習慣やヘアケアを見直し、頭皮に栄養を与えることで改善するケースも多いです。

分け目が薄く、地肌が目立つ原因は?

分け目ハゲの原因

AGA(男性型脱毛症)

AGAの男性男性型脱毛症(AGA)は、脱毛物質「DHT」によって成長途中の髪の毛が抜けてしまう脱毛症です。

脱毛物質「DHT」は、男性ホルモン「テストステロン」と毛乳頭に存在する「5αリダクターゼ」によってを産生されます。

5αリダクターゼは、頭部の生え際や頭頂部に存在するため、これら特定の箇所だけが薄くなります。

進行すると、特定の部位に短くて弱々しい毛の割合が多くなりますので、分け目を作ったときに地肌が目立つようになります。

FAGA(女性男性型脱毛症)

FAGAFAGAは、頭全体が薄くなる女性特有の薄毛です。

男性のように生え際が後退することはなく、髪の密度が減少していくため、髪を分けたときに地肌が目立つようになります。

FAGAは、20~30代の若い女性でも発症することはありますが、通常は40歳を超えたあたりからFAGAになる人が多いです。抜け毛が増えたり、急に分け目が目立つようになった場合はFAGAの可能性もありますので、日頃のチェックを怠らないようにしましょう。

生活習慣の乱れや、ヘアケア

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れは、血行不良や皮脂過剰を引き起こします。抜け毛が増えて地肌が目立つ原因と言えます。

ヘアスタイル

クシと髪の毛いつも同じ分け目でいると、紫外線のダメージが頭皮に蓄積されて、抜け毛が増えてしまう可能性があります。

また、髪を後ろで結んで引っ張るポニーテールのようなヘアスタイルを続けると、髪の根元の頭皮に負荷がかかり続けてしまいます。頭皮は皮膚が薄くとてもデリケートな部位ですので、蓄積されたダメージが抜け毛・薄毛の原因になります。

ヘアケア

頻繁なカラーリングやパーマも薄毛の原因の一つですのでやりすぎは禁物です。また、刺激が強すぎるシャンプーや、すすぎ残しなど、間違った洗髪方法にも気をつけましょう。

分け目が薄いときの対策って?

分け目ハゲの対策方法

分け目のタイプである程度の原因を推測することができます。

生活習慣やヘアケアの見直し

規則正しい生活や正しいヘアケアを毎日続けることで、分け目の薄毛が改善することも多いです。

生活習慣の改善

眠る女性バランスのいい食事や、充分な睡眠、ストレスのない生活はすべての健康の基本です。髪の毛も例外ではありません。

仕事や、生活環境の都合でなかなか生活習慣を改善できないかもしれませんが、できることから一つ一つ改善していきましょう。

ヘアケア

「頭皮に負担をかけないシャンプーを使う」「すすぎ残しがないように注意する」「正しい洗い方を心がける」など、洗髪時にできることも多いです。

洗い終わったあとのドライヤーや、ブラッシングにも気を遣う繊細さを持つことで、さらに頭皮へのダメージが緩和できます。

頭皮マッサージ

「頭皮マッサージ」で、頭皮の血行を改善できます。

とても簡単で、時間もかかりませんので、毎日の習慣にしましょう。

効果的な育毛剤を使用

頭皮環境を整える育毛剤

頭皮のべたつきを抑える成分や、血行促進成分、発毛促進成分を配合した育毛剤があります。睡眠不足や、偏った食生活などの生活習慣が原因で髪が薄くなっている人は、頭皮環境を正常化して、栄養を与えることで、分け目の薄毛を改善する効果が期待できます。

AGAに有効な育毛剤

育毛剤を使う男性原因がAGAの場合は、生活習慣やヘアケアの見直しだけでは治りません。

AGAに有効な成分が配合されている育毛剤を使うことで、薄毛を改善できます。

このページの先頭へ