AGAとは

agaの男性AGAは男性型脱毛症のことであり、Androgenetic Alopecia(雄性発生 脱毛)の略です。

男性型脱毛症という名前からも分かる通り、男性ホルモンが大きく関係しており、男性のはげの多くがこのAGAが原因です。そして、AGAは進行します。

症状

生え際などの前頭部や、つむじあたりの頭頂部が薄くなります。

AGAが進行した場合は、最初は抜け毛が増え始め、生えてくる毛が細くなり、短いうちに抜けてしまいます。そして最終的には産毛のような細い毛ばかりになり、地肌が目立つようになります。

当ページでは、AGAがどんな症状で、どのように進行して、どうすれば改善できるかなどわかりやすく説明しています。


AGAのメカニズム

AGAと男性ホルモンは密接な関係にあるのですが、男性ホルモン=AGAの原因というわけではありません。

男性ホルモンの一種に「テストステロン」があります。このテストステロンは筋肉の量を増やしたり、性欲を増進する作用などがあり、成長に不可欠な物質で、直接的に脱毛を促進する作用はありません。

脱毛の原因物質「DHT」

ところが、このテストステロンと、頭皮に存在する「5α-リダクターゼ」という還元酵素が出合ってしまうと問題です。

脱毛イメージ5α-リダクターゼによってDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に代謝されて、このDHTが毛乳頭に存在している男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に作用して毛サイクルの異常を引き起こしてしまいます。そして、毛が充分に成長する前に抜けてしまいます。

まとめると、テストステロン(男性ホルモン)が5α-リダクターゼ(酵素)によってDHT(脱毛物質)に変化する。このDHTに、アンドロゲンレセプターが反応すると毛が抜ける。これがAGAのメカニズムです。

髪が細く短くなっても毛根は生きている

AGAが進行した頭皮は、髪の毛が生えていないように見えます。そのため、すでに毛根が死んでしまっていると思われがちですが、実は毛根は生きていて、細い毛が生えています。

髪の毛が太く長く成長するまえに、細く短い状態で抜け落ち、また生えてを繰り返しているため、その部分の毛が体毛化して地肌が透けて見えているのです。

AGAの原因

AGAには「テストステロン」が深く関係しているのですが、テストステロンはすべての男性に存在します。では、どうして個人差があるのでしょう?それには2つの要因があります。

5α-リダクターゼの活性度

一つは、AGAの引き金ともいえる「5α-リダクターゼ」の活性が高い人と低い人がいるからです。

「5α-リダクターゼ」の活性が高い人は、低い人に比べて脱毛の原因物質である「DHT」に代謝される量が多いので、薄毛になりやすのです。

アンドロゲンレセプターの感受性

もうひとつの要因は、「アンドロゲンレセプター」の感受性の個人差です。

AGAは、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体「アンドロゲンレセプター」に、脱毛物質DHTが反応することで起こります。このアンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほど禿げやすいといえます。

つまり、DHTの影響を受けやすい体質の人と、そうでない体質の人がいるのです。

生活環境やストレスも間接的な原因

ストレスに悩む男性「5α-リダクターゼ」の活性と、「アンドロゲンレセプター」の感受性をAGAの先天的な要因とするならば、生活習慣や食事などは、後天的な要因です。

髪も体の一部ですので、不規則な生活をすると弱ってしまいます。食生活が偏ったり、睡眠時間が少なかったり、ストレスが大きいと、代謝や血行が悪くなり充分な栄養を毛根に届けることが出来ません。それが原因でAGAが原因によるハゲの進行を早めたり、ホルモンバランスの乱れを引き起こし。AGAに影響すると考えられます。

AGAは遺伝する?

遺伝子AGAが遺伝するのではなく、あくまで「薄毛になりやすい体質」が遺伝するのです。

遺伝する体質は「5α-リダクターゼの酵素活性」と、「アンドロゲンレセプターの感受性」です。

5α-リダクターゼの活性度は母方、父方の区別なく、両親から優性遺伝します。父、あるいは母方にAGAの人がいるのであれば遺伝する可能性があります。
アンドロゲンレセプターの感受性は、遺伝子の関係上、母親から受け継ぐといわれています。

つまり、父親もしくは母親の家系に薄毛の人がいるのであれば、遺伝的には安心できないということです。親がハゲているからといって自分に遺伝するとは限りませんし、親がハゲていなくても薄毛になりやすい遺伝子を持っている可能性はあります。

AGAが原因で起こるハゲのタイプ

AGAが関係するハゲには、以下のようなタイプがあります。

Mハゲ
AGA Mはげ
生え際の両サイドがMの形に後退。主にAGAが原因で起こります。
詳細
Oハゲ
AGA Oはげ
頭頂部を中心にO型に薄くなる。AGA以外に生活習慣なども原因。
詳細
Uハゲ
AGA Uはげ
生え際の中心が頭頂部に向かって後退する。原因はAGAが多い。
詳細

AGA対策

まずはAGAチェック

自分のハゲの原因がAGAによるものかどうかは、セルフチェックか専門機関を利用することで調べることができます。

セルフチェック、遺伝子検査キッドを利用

MSD(旧:万有製薬)の簡単セルフチェックや、遺伝子検査キッドを利用してチェックすることができます。(キッド購入にはお金がかかります。)

専門サロンやクリニックの無料診断を利用

カウンセリング専門のサロンの無料ヘアチェックを利用して、頭皮の状態を知ることが出来ます。

またクリニックの無料カウンセリングで専門スタッフにアドバイスを受ける方法もあります。(※どちらもお金がかかりませんし、自分の頭皮の状態を詳しく調べてもらえますので、まずは原因を知るために無料カウンセリングを利用するといいと思います。)

育毛剤・シャンプー

育毛剤5α-リダクターゼの働きを阻害して、DHTへの変化を抑制する成分が配合されている育毛剤やシャンプーがAGA対策に有効です。

ただし、すでにAGAがかなり進行している場合は、育毛剤やシャンプーを使用しても改善には時間がかかります。生活習慣の改善や、AGA治療にプラスして使用することで、AGAの予防や改善に高い効果が期待できます。

食生活とサプリメントで栄養補給

亜鉛を含む食品AGAに悩む方は、食事からAGAに効果的な栄養素を補給することが大切です。特に、必須ミネラルの1つである「亜鉛」は、ホルモンの生成や活性化、バランス化の働きがあり、精子の形成にも間接的に影響している重要な成分です。そのほかにも、「イソフラボン」「ノコギリヤシ」などの成分を摂取することで体の内側から育毛をサポートしてくれます。

サプリメント画像亜鉛はカキ貝やレバー、牛肉、卵黄、ごまなどに多く含まれています。豆腐や味噌などの大豆製品には大豆イソフラボンが含まれています。ノコギリヤシは食事から採ることは出来ないため、サプリメントを利用しましょう。いずれの成分も、意識して毎日バランスの良い食事を続けることが必要です。

食事が不規則であったり、偏っている人は必要摂取量を満たすことは難しいので、サプリメントの利用も考慮しましょう。

内服療法・外用療法

AGA改善のために最も有効と考えられているのは、AGA治療薬のプロペシア、フィンペシア、ファイザーなどのフィナステリド錠や、ミノキシジルです。病院でのAGA治療も、このAGA治療薬の服用が主となります。

フィナステリド錠にはいくつかの種類があり、すべて内服療法(飲む治療)のみとなります。ミノキシジルは頭に塗布することで、血行を促進してくれる外用療法(塗る治療)ですが、飲むタイプのミノキシジル錠剤もあります。

どちらもAGA治療に有効と言われており、病院の処方や、個人輸入代行で購入することができます。

このページの先頭へ