【AGA】症状~対策までわかりやすく解説

agaの男性

AGAとは「男性型脱毛症」のことで、Androgenetic Alopecia(雄性発生 脱毛)の略です。

男性型脱毛症という名前からも分かる通り、男性ホルモンが関係している症状で、男性の薄毛の約9割がこのAGAが原因です。

AGAの症状

agaの症状

「前頭部(生え際)」や、「頭頂部(つむじあたり)」の髪の毛が成長途中で抜けてしまいます。長く成長することが出来なくなるため、前頭部や頭頂部には短くて細い毛が増えはじめ、薄く見えてしまいます。

薄くなる部位によって、

  • M字
  • O型
  • U型

に分けられます。

【M字】生え際の両サイドから進行

Mはげ

【O型】頭頂部から進行

Oはげ

【U型】ひたい上部から進行

Uはげ

写真でも分かるように、「側頭部」や「後頭部」の毛が薄くならないのもAGAの特徴です。

AGAが進行すると、最終的には「生え際」や「頭頂部」が産毛のような細い毛ばかりになり、地肌が目立つようになります。

AGAのメカニズム

テストステロン

AGAと男性ホルモンは密接な関係にあるのですが、「男性ホルモン=AGAの原因」ではありません。

男性ホルモンの一種に「テストステロン」があります。

このテストステロンには、

  • 筋肉の量を増やす
  • 性欲を増進する

などの作用などがありますが、直接的に脱毛を促進する作用はありません

脱毛の諸悪の根源は「DHT」

ところが、このテストステロンと、頭皮に存在する「5α-リダクターゼ」という還元酵素が出合ってしまうと問題です。

脱毛イメージテストステロンが、「5α-リダクターゼ」によってDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンに代謝されます。

DHTによってTGF-βが作られる

DHTが毛乳頭の中の細胞に存在する受容体(レセプター)と結合して脱毛のシグナルを伝達する「TGF-β(トランスフォーミング増殖因子)」を増やします。

TGF-βがFGF-5に脱毛のシグナルを伝達

FGF-5は、線維芽細胞増殖因子(せんいがさいぼうぞうしょくいんし)とも呼ばれる細胞の分裂を促進するタンパク質です。

TGF-βが「FGF-5」に脱毛のシグナルを伝達することで、FGF-5は次に生えてくる髪の毛のために、今生えている髪の毛に抜けるように指令を出します。

AGAのメカニズムまとめ

「テストステロン」と「Ⅱ型5αリダクターゼ」により「DHT」が生成される

「DHT」が細胞内の受容体と結合して「TGF-β」をつくる

「TGF-β」が「FGF-5」に脱毛シグナルを伝達

「FGF-5」が毛乳頭や毛母細胞に、髪が抜ける指令を出す

成長期が数ヶ月~1年ほどに大幅短縮され、髪が成長途中で抜ける

ヘアサイクルが乱れる(短くて細い毛が多くなる)

AGAのメカニズム

つまり、DHTは諸悪の根源とも言える男性ホルモンなのですが、直接毛が抜けるように働きかける訳ではなく、脱毛シグナルの伝達役の「TGF-β」を増やして、脱毛の司令塔の「FGF-5」が脱毛の指令を出すことがAGAが進行するメカニズムなのです。

髪が「体毛化」しても毛根は生きている

AGAが進行した頭皮は、髪の毛が生えていないように見えますので、すでに毛根が死んでしまっていると思われがちです。しかし、実は毛根は生きていて、細い毛がたくさん生えています。ヘアサイクルの乱れにより、髪の毛が成長できずに体毛化しているので、地肌が透けて見えているのです。

体毛化した毛も、AGAの原因を取り除いてヘアサイクルを正常に戻すことで、太く長く成長します。(詳しい方法は、当ページ内のAGA対策で解説しています。)

AGAの原因

AGAの原因

AGAには「テストステロン」が深く関係しているのですが、テストステロンはすべての男性に存在します。では、どうして薄毛の進行には個人差があるのでしょう?

それには2つの要因があります。

5α-リダクターゼの活性度

一つは、AGAの引き金ともいえる「5α-リダクターゼ」の活性が高い人と低い人がいるからです。

「5α-リダクターゼ」の活性が高い人は、低い人に比べて「DHT」に代謝される量が多いので、薄毛になりやすのです。

アンドロゲンレセプターの感受性

もうひとつの要因は、「アンドロゲンレセプター」の感受性の個人差です。

AGAは、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体「アンドロゲンレセプター」に、「DHT」が反応することで起こります。このアンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほど禿げやすいといえます。

つまり、DHTの影響を受けやすい体質の人と、そうでない体質の人がいるのです。

生活環境やストレスも間接的な原因

ストレスに悩む男性「5α-リダクターゼ」の活性と、「アンドロゲンレセプター」の感受性をAGAの先天的な要因とするならば、生活習慣や食事などは、後天的な要因です。

髪も体の一部ですので、不規則な生活をすると弱ってしまいます。食生活が偏ったり、睡眠時間が少なかったり、ストレスが大きいと、代謝や血行が悪くなり充分な栄養を毛根に届けることが出来ません。それが原因でAGAが原因によるハゲの進行を早めたり、ホルモンバランスの乱れを引き起こし、AGAに影響すると考えられます。

AGAは遺伝する?

遺伝

AGAが遺伝するのではなく、「薄毛になりやすい体質」が遺伝します。

遺伝する体質は「5α-リダクターゼの酵素活性」と、「アンドロゲンレセプターの感受性」です。

遺伝子5α-リダクターゼの活性度は母方、父方の区別なく、両親から優性遺伝します。父、あるいは母方にAGAの人がいるのであれば遺伝する可能性があります。
アンドロゲンレセプターの感受性は、遺伝子の関係上、母親から受け継ぐといわれています。

つまり、父親もしくは母親の家系に薄毛の人がいるのであれば、遺伝的には安心できないということです。親がハゲているからといって自分に遺伝するとは限りませんし、親がハゲていなくても薄毛になりやすい遺伝子を持っている可能性はあります。

AGAが原因で起こるハゲのタイプ

ハゲのタイプ

AGAが関係するハゲには、以下のようなタイプがあります。

Mハゲ
AGA Mはげ
生え際の両サイドがMの形に後退。主にAGAが原因で起こります。
詳細
Oハゲ
AGA Oはげ
頭頂部を中心にO型に薄くなる。AGA以外に生活習慣なども原因。
詳細
Uハゲ
AGA Uはげ
生え際の中心が頭頂部に向かって後退する。原因はAGAが多い。
詳細

AGAかどうかをチェックする方法

AGAチェック

まず、「M」「O」「U」など特定の部位が薄い場合は、ほぼAGAです。また、若ハゲもAGAの可能性がきわめて高いです。

自分で判断できない場合は、セルフチェックや専門機関で調べることができます

MSDのセルフチェック

オススメ度

MSD(旧:万有製薬)の簡単セルフチェックを利用する方法がありますが、精度はそれほど高くはありませんので、あくまで参考程度にご活用ください。

遺伝子検査キットを利用

オススメ度

遺伝子検査キットを利用して自分でチェックする方法もあります。ほっぺの内側の粘膜を自分で採取して専門機関に送ることでAGAかどうかを予測してくれるキットです。こちらは安くはありませんし、結果が出るまでに時間がかかりますので、他の方法と比較してから選ぶようにしましょう。

専門サロンの無料ヘアチェック

オススメ度

育毛サロン専門のサロンの無料ヘアチェックを利用して、自分の頭皮の状態を知ることが出来ます。

個室でのマンツーマンの対応ですので、他の人に見られたくない人でも気軽に通うことができます。

お金がかかりませんし、自分の頭皮の状態を詳しく調べてもらえますので、原因を知るための手段としてはいいと思います。

AGAクリニックの無料カウンセリング

オススメ度

カウンセリングAGA専門のクリニックで無料カウンセリングを受けることができます。

AGA専門ですので、精度はピカイチ

同じ症状をその後のアドバイスや、自分にはどのAGA治療が合っているかなど、医師の専門的な意見を聞くことができます。

AGA対策方法

AGA対策方法

食生活で有効成分を摂取する

亜鉛を含む食品常日頃の食事でAGAに有効な栄養素を補給することで、AGA予防になります。

ただし、食事だけではAGAを改善することは困難ですので、AGAの予防や対策にプラスになる要素として実践しましょう。

食事でどの成分を摂ればいい?

亜鉛

必須ミネラルの1つである「亜鉛」は、ホルモンの生成や活性化、バランス化の働きがあり、精子の形成にも間接的に影響している重要な成分です。亜鉛には、5αリダクターゼの働きを阻害する作用もあるため、数多くの育毛アイテムに含有されています。

亜鉛はカキ貝やレバー、牛肉、魚介類、卵黄などに多く含まれています。意識して毎日バランスの良い食事を続けることが必要です。

食材100gあたりの亜鉛含有量
(◎5mg以上 ○2~5mg △1~2mg)

◎牡蠣(カキ)、豚レバー、牛肉、煮干し
○豚肉、卵黄 、かに、うに、たらこ、他魚類全般
△いか、貝類(サザエ、ハマグリ、しじみ、ホタテ、ばい貝など)

AGAに効果的な育毛剤を使う

育毛剤今までに育毛剤を使ったことがある人は多いと思いますが、ほとんどの方は途中で使用を止めてしまいます。

全く生えなければお金のムダになりますので、やめるのも当然ですが、そもそも選ぶ育毛剤が間違っていた可能性も高いです。

AGAには、「AGA育毛剤」しか効果が期待できません。

育毛剤でAGAの進行を止めるためには、

  • 5αリダクターゼの働きを阻害して「DHT」の生成を抑制する成分
  • 脱毛の司令塔である「FGF-5」の働きを抑制する成分

が含まれている必要があります。

AGA対策イメージ

AGA改善の鍵となる成分は?

見るべき成分は、5αリダクターゼの働きを阻害して「DHT」の生成を抑制する

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
  • ノコギリヤシ

さらに、FGF-5の働きを抑制する「FGF-5S」が含まれている

  • M-034エキス

です。

どのAGA育毛剤がいい?

オウゴンエキス、ヒオウギエキス、ノコギリヤシなどのAGA対策成分がしっかりと含まれていて、公式サイトに「5αリダクターゼの働きを阻害」と明記されている育毛剤を選ぶことが重要です。

現存する育毛剤の中では、

  • チャップアップ
  • イクオス

の2つが該当します。

どちらもDHTの生成を阻害する成分と、FGF-5の働きを抑制する成分が配合されているAGA育毛剤で、口コミ評価も高いです。

チャップアップ、イクオスはいつでも解約できる定期コースが断然お得です。どちらも「ノコギリヤシ」配合の育毛サプリメント(1ヶ月分)が毎月付いてきます。さらに全額返金保証もありますので、一度試してみたいという方も安心です。

どちらもAGA育毛剤ではトップレベルですが、

  • 成分ならチャップアップ
  • コスパはイクオス

が優れているように感じます。

イクオス(IQOS)

イクオス+育毛サプリメント 内容量
120ml+90粒

定期価格
6,980円

オウゴンエキス、ヒオウギエキスをはじめとしたAGA対策成分5種類配合。さらにFGF-5Sが含まれる「M-034エキス」も配合。サプリメントには「ノコギリヤシ」「亜鉛」が配合されています。

チャップアップ

チャップアップ+育毛サプリメント 内容量
120ml+120粒

定期価格
9,090円

オウゴンエキス、ヒオウギエキスをはじめとしたAGA対策成分8種類配合。FGF-5Sを含む「M-034エキス」も配合されています。セットのサプリには「ノコギリヤシ」や「亜鉛」が配合されています。

AGA治療

AGAに最も有効と考えられているのは、プロペシアをはじめとする「AGA治療薬」です。

AGA治療薬AGA治療薬にはいくつかの種類がありますが、内服療法(飲む治療)が主となります。

AGA治療薬の中でも副作用のリスクが低く、高い効果が期待できる「フィナステリド系」がオススメです。デュタステリド系はフィナステリドよりもさらに高い効果が期待できるのですが、副作用のリスクが高いので、医師との相談なしでは服用しないように注意しましょう。

●AGA治療薬の種類

フィナステリド系(頭皮のⅡ型5αリダクターゼの働きを抑制)

  • プロペシア
  • プロスカー

【↓プロペシアのジェネリック】

  • ファイザー
  • フィンペシア
  • サワイ(沢井製薬)
  • トウワ(東和薬品)
  • クラシエ
  • エフペシア
  • ハリフィン
  • フィライド
  • レジェン
  • フィナロイド
  • フィナロ

デュタステリド系(Ⅰ型、Ⅱ型両方の5αリダクターゼの働きを抑制)

  • ザガーロ
  • アボルブ

【↓アボルブのジェネリック】

  • デュタプロス
  • デュプロスト

他にも「ミノキシジル」を頭に塗布することで血行を促進する外用療法(塗る治療)もあり、AGAの進行度合いや、体質によって治療に取り入れることもできます。

AGA治療薬は、病院やクリニックで処方してもらうことができます。

AGA治療薬のジェネリックは個人輸入でも入手可能ですが、生産国がバラバラで、副作用の心配や、主成分以外の配合成分が不明であったりと安全性に不安があります。

やはり、正規品を病院やクリニックで処方してもらうのがベストです。

大手のAGA専門クリニックなら、これまで何万人ものAGA患者を治療していますので、実績が豊富です。個人の症状に合わせたAGA治療薬を提案してくれますし、無料カウンセリングでは、疑問や悩みを医師に相談できます。

自分の「AGAレベル」でベストな対策

自分には「AGA育毛剤」「AGA治療薬」のどっちが良いのか悩む人もいらっしゃると思います。以下のページで詳しく解説していますので、参考にしてください。

AGA対策3STEP解説

このページの先頭へ