髪を乾かさずに放置【自然乾燥】はハゲの原因?

毎日の洗髪のあと、ドライヤーを使わずに自然乾燥している方もいらっしゃると思います。

自然乾燥は、髪が濡れている状態が長く続きますので、髪や頭皮にいいとは言えません。

自然乾燥は、抜け毛が増える原因に

常在菌が増殖する

濡れたまま髪を放置すると、頭皮に常在している菌(マラセチア菌)が繁殖しやすくります。

マラセチア菌は余分な皮脂を食べてくれたり、頭皮を弱酸性に保ってくれる菌ですが、増えすぎると逆効果。頭皮や毛穴が炎症を起こして抜け毛が増える可能性があります。

特に、髪が濡れたまま寝るのはNGです。枕と髪の毛が接着している部分の湿度が高くなりますので、さらにマラセチア菌が繁殖しやすい環境になります。

髪にも悪影響

髪の毛が傷つく

髪が濡れているときはキューティクルが開いている状態です。

キューティクルは、外的な刺激から髪を守るためにありますので、キューティクルが開いているときは髪が傷つきやすい状態といえます。

濡れたままブラッシングはNG

特に、濡れたままブラッシングすると、髪を傷つけてしまいます。ダメージを受けた髪は切れ毛になりやすく、引っかかりが強いため、抜け毛が増えてしまいます。

目の細かいクシをつかわずに、髪が乾いた状態で使用しましょう。

濡れたまま寝るのはNG

濡れたまま寝るのもNGです。髪をまくらと頭で圧迫して、擦れ合った髪のキューティクルがはがれてしまい、髪がダメージを受けやすくなります。

濡れた髪は、温風で素早く乾燥

ドライヤーの熱はかなりの高温で、発生元は100℃を越えています。

そのため、ドライヤーの熱が髪に悪影響という意見もあり、「ドライヤーは冷風で乾かすほうが髪にいい」と言う人もいるぐらいです。

しかし、冷風では乾くまでに時間がかかりますし、完全に乾かすのは難しいと思います。

ドライヤーを使うときは、

  • 髪に近づけすぎない
  • 動かし続ける

ことを意識すれば、菌が繁殖したり、髪を傷つけたりする心配がなくなりますので、温風で素早く乾かしましょう。

このページの先頭へ