髪を乾かさずに放置するのは、薄毛(はげ)の原因になります

髪を洗った後、きちんとドライヤーで乾かしているでしょうか。ドライヤーの熱が髪に悪影響を与えると思って自然乾燥していませんでしょうか。

実は、そこにも薄毛の原因があるのです。

濡れたまま髪を放置と、薄毛の関連性

確かにドライヤーの熱はかなりの高温で、発生元は100℃を越えています。それを雑に髪に当ててしまうと、毛髪のたんぱく質が壊れてしまうのであまり髪に良いとは言えません。そのため、「ドライヤーは冷風で乾かすほうが髪にいい」と言う人もいるぐらいです。

しかし、濡れたままで放置していると頭皮に住んでいる細菌が繁殖しやすくなってしまいます。普段はその細菌は余分な皮脂を食べてくれたり頭皮を弱酸性に保って健康にしてくれているのですが、増えすぎてしまうと頭皮の免疫が反応して炎症を起こしやすくなります。頭皮が炎症を起こすと毛根に栄養が行き渡らず、抜け毛の原因となってしまうのです。

ドライヤーの熱は、使い方を間違えると髪にとっては良くありませんが、細菌が繁殖することを考えると髪を乾かさないで長時間放置する方が頭皮とって良くないと考えることができます。

温風で素早く乾燥

冷風では乾くまでに時間がかかりますし、完全に乾かすのは難しいと思います。ドライヤーを髪に近づけ過ぎないように注意して、温風で素早く乾かしましょう。また、濡れた髪はキューティクルがめくれた状態ですので、そのまま目の細かいクシをつかうと、髪を傷つける原因にもなります。

クシを使うときは、髪がある程度乾いた状態で、頭皮をクシでこすらないようにして使用するようにしましょう。

このページの先頭へ