睡眠不足はハゲの原因

睡眠不足のイメージハゲにお悩みの方の多くは、育毛剤やシャンプーなどの対策をされていることだと思います。しかし、生活習慣にまで注意している方は、そこまで多くはないのではないでしょうか。

睡眠不足も髪の発育に影響を与えますので、根本的な部分でハゲの原因と言えます。仕事や、交友関係などでなかなか睡眠時間を確保できないケースもあると思いますが、髪と睡眠の関係を理解して、できるだけ睡眠不足にならない生活を心がけましょう。

それでは、睡眠不足と薄毛の関係について説明しますので参考にして下さい。

睡眠不足と薄毛の関連性

寝ている女性髪の毛は毛母細胞によって作られます。この毛母細胞の働きを活発にするのが成長ホルモンです。

成長ホルモンが最も多く分泌される時間帯は午後10時から午前2時の間だと言われています。お肌のゴールデンタイムがあるように、髪にもゴールデンタイムが存在するのです。

この午後10時~午前2時に起きていると、成長ホルモンの分泌がうまくいかず、毛母細胞が活性化されなくなってしまいます。

また、成長ホルモンは睡眠後30分~3時間の間に最も多く分泌されるのですが、眠りが深い時に多く分泌されることが分かっています。睡眠時間が短いと眠りが浅くなり、成長ホルモンが分泌されにくくなるのです。

もちろん、睡眠不足が続けば体への負担も大きくなります。
私たちの体は、寝ている間に疲れを癒し機能を修復しようとしますが、生命維持に重要な部分を優先的に修復します。髪の毛は直接生命の維持に関係ない部分なので、後回しになってしまいます。

そのため髪に栄養がいかなくなってしまい、薄毛やはげを進行させてしまう原因となるのです。

質の良い睡眠を、ゴールデンタイムにとろう

毎日が忙しく、そんなに睡眠時間をとることが出来ない!という方は、夜10時~午前2時のゴールデンタイムだけでも寝るようにしましょう。そして、浅い眠りではなく、質の良い深い睡眠を3時間ほどとるようにすると、身体にも頭皮にもとてもいいことですので、軽視せずに時間や睡眠の質の調整を心がけましょう。

このページの先頭へ