「刺激」や「洗浄力」が強いシャンプーはハゲの原因?

洗髪する男性薄毛に悩み出すと、シャンプーにも気を使いたくなりますよね。

しかし、使うシャンプーによっては逆効果になってしまうことも。

頭皮を清潔に保つことは育毛に有効ですが、洗浄力が強いシャンプーを使うと、逆に頭皮の環境を悪化してしまいます。

シャンプーによっては薄毛の原因に

刺激が強い成分は、頭皮の炎症を引き起こす原因に

皮膚に合わないものや、刺激の強いものをつけると、肌が荒れてしまいますよね。

ひどいときには、炎症を起こしてしまいます。

頭皮も顔と皮膚でつながっていますので、肌と同じように肌荒れや炎症が起きる可能性があります。

シャンプーの中には、刺激が強い成分が配合されている商品もあり、知らずに使うと頭皮トラブルを引き起こす恐れがあります。

洗浄力が強すぎると、皮脂の過剰分泌の原因に

シャンプーの中には、油性が強く、洗浄力が高いものがあります。

頭皮の汚れをスッキリ落とすことに長けていますが、洗浄力が強すぎると、頭皮の皮脂を必要以上に落としてしまいます

皮脂には頭皮を守るバリアのはたらきがありますので、皮脂を落としすぎると、人間の体は不足した皮脂を補充するために分泌を始めます。これがかえって過剰な量の皮脂を分泌してしまい、抜け毛を誘発する原因になります。(当サイト内の「洗髪のしすぎがハゲの原因」と同じ理由です。)

シャンプーの洗浄成分に注目

市販されているシャンプーの洗浄成分は以下の3種類があります。

  • 高級アルコール系
  • 石けん系
  • アミノ酸系
高級アルコール系は回避しよう

「高級アルコールシャンプー」は、高い洗浄力で有名です。

この「高級」とは価格が高いという意味ではなく、分子中の炭素の量で「高級」「低級」に分けられており、高級になると油性が強く洗浄力が高くなります。

どんなシャンプーがいい?

余計な成分が配合されていないシャンプー

香料、着色料、保存料

シャンプーの中にはいい匂いを付けるために、香料が含まれていたり、着色料や保存料などが多いものもあり、本来皮脂を落とすためには関係の無いこれらの成分は、デリケートな頭皮には刺激が強すぎます。

適度に皮脂を落とすシャンプー

洗浄力が強すぎないアミノ酸系か石けん系のシャンプーを選びましょう。

ドラッグストアにも頭皮に低刺激のシャンプーはたくさん売られていますので、配合成分と価格で吟味して、自分に合ったシャンプーを見つけましょう。

価格にこだわらないなら「育毛シャンプー」

育毛シャンプーは、頭皮環境を整えることを目的として作られたシャンプーです。

シャンプーの中では育毛に特化しているのですが、価格が高いのが難点。

3000円を超える高いシャンプーも珍しくはありませんので、ご自身の予算に合わせてシャンプーを選びましょう。

このページの先頭へ