正しい髪の洗い方を身につけよう!

髪を洗う男性

「シャンプーつけて適当に洗えばいいんでしょ」と思っている人がいたら要注意。

毎日の洗髪のときに、どのような洗い方をするかで、頭皮環境に差が出てきます。

洗髪するときのポイント

洗髪時のポイント

1日1回、夜に洗う

髪を洗う時間は、朝よりも夜がベターです。

昼間の汚れを次の日に持ち越さないことが頭皮環境をよくするためには大切。そのまま寝てしまうと、毛穴が汚れで埋まってしまうので良くありません。そして、洗いすぎは頭皮を守る皮脂を必要以上に落としてしまうので1日1回で充分です。

上を向いて洗いましょう

下を向いて洗うと逆毛になってしまい、それを毎日続けるとキューティクルにダメージが蓄積されてしまいます。なるべく前か上を向いた状態でキューティクルの流れに逆らわないように、髪の毛の根元から先端にむかって洗いましょう。

ツメを立てずに指の腹で洗う

洗っているときに頭皮を傷つけてしまわないように、指の腹をつかってやさしくもみ洗いしましょう。髪の汚れを落とすよりも、「頭皮を揉む」ことを意識して洗いましょう。

  • ポイント
  • →正しい洗い方
  • 髪様シャンプー
  • 正しい洗い方

    正しい洗い方

    まずは湯洗い(前洗い)

    湯洗い髪を洗うときは、すぐにシャンプーを使わずに、じっくりと温めのシャワーで湯洗いをしましょう。(髪の長さに合わせて3~5分程度)。

    実はこれが大切なのです。髪の汚れは湯洗いでほぼ落ちますし、頭皮の汚れも落ちやすくなります。

    頭皮を暖めて毛穴を開く

    お風呂を沸かすときは、シャンプーの前に湯船につかりましょう。

    頭皮は蒸れた状態になり、毛穴が開くのでよりいっそう汚れが落ちやすくなります。シャワーのみで軽く済ませたい場合は、すすぎの後に体を洗うようにして、その間に頭を暖かいタオルで包むようにすると、蒸されて毛穴が開き、湯船につかった状態に近くなります。

    シャンプー、洗い方

    シャンプーで洗髪次はいよいよシャンプーです。このとき頭皮に直接シャンプーをかけてはいけません。手のひらに適量(ショートで10円玉、ロングで500円玉程度)をとり、お湯を混ぜて泡立たせてから髪になじませるようにしてまんべんなく添付しましょう。

    そして、揉み洗いです。頭皮のよごれをかきだすイメージでゆっくりじっくり揉みながら洗いましょう。このとき髪の汚れはほぼ落ちていますので、頭皮を洗うイメージです。もちろん爪を立てるのは、頭皮によくないので×。指の腹で揉み洗いしましょう。

    このとき、「頭皮マッサージ」をしながら洗うとより効果的です。

    すすぎ(後洗い)

    すすぎシャンプーが頭皮に残らないように、シャワーでしっかりとすすぎましょう。

    頭皮トラブルの原因として、すすぎ不足が意外と多いです。泡が消えただけで満足しないで、充分すぎるくらいにすすぎましょう。

  • ポイント
  • 正しい洗い方
  • →髪様シャンプー
  • 髪様シャンプー


    全国理容連合会の名誉講師「板羽忠徳(いたばただのり)」さんが考案した、シャンプーしながら頭皮をマッサージする育毛方法です。本人が70歳近いにもかかわらず、髪の毛がフサフサなので説得力がありますね。

    理にかなったマッサージ&シャンプーの方法だと思いますので、是非お試しくださいね。

    髪様シャンプーの効果

    頭の筋肉頭皮には、

    ・前頭筋
    ・側頭筋
    ・後頭筋

    の3つの筋肉が存在し、これらの筋肉は自分で意図的に動かすことができませんので、外から力を加えて動かしてあげることで、血液の循環が良くなります

    髪様シャンプーのやり方

    髪様シャンプーの2つのポイントを意識して、シャンプーしながらマッサージします。

    ・新生毛(生えたての短い毛)をぬかない
    ・筋肉を動かして血行促進

    まず、シャンプーするときの手の形を覚えましょう。

    カニ、エイ、イカで前頭筋、側頭筋、後頭筋をやさしくマッサージします。

    カニ

    額の生え際から、頭頂部へゆっくりと移動します。これを60秒間続けます。

    新生毛を抜かないようにやさしく揉みながら、頭皮を動かすことを意識しましょう。(動画は、1分20秒~)

    エイ

    うなじから頭頂部へゆっくりと揉みながら移動します。これを60秒間行います。(動画は、1分30秒~)

    イカ

    生え際で円を描くように60秒間動かします。(動画は、1分55秒~)

    血行がいい頭皮を目指そう

      

    硬くて血行が悪い頭皮(画像上)は、血管が見えません。髪様シャンプー考案者の板羽さんの頭皮(画像下)には、毛細血管が透けて見えていて、頭皮全体が薄いピンク色になっています。

    比べてみると、差は一目瞭然ですね。

    はげの原因は色々ありますが、頭皮の血行を促進するのはどんな人にも有効です。

    毎日続ければ、必ず頭皮の血行が改善すると思いますので、洗髪時の習慣にして血流の良い頭皮を目指しましょう。

    使うシャンプーについて

    使用するシャンプーは、市販のもので構いません。ただし、洗浄力が強すぎるシャンプーは皮脂をとりすぎることによる「皮脂の過剰分泌」を引き起こす可能性がありますので、アミノ酸系のシャンプーがいいと思います。

    血行促進成分が配合されている「育毛シャンプー」を使うと、より高い効果が期待できますが、普通のシャンプーよりも高額ですし、必ずしも必要なものではないと考えます。

    このページの先頭へ