ストレスはハゲの原因

ストレスを感じる男性ストレスで禿げるという話は有名です。主に円形脱毛症をイメージするかと思いますが、薄毛の原因にもなります。

ストレスは本来専門的な用語でしたが、すっかり定着したことからも、現代人がそれだけストレスと密着な関係にあることが分かります。

ストレスと薄毛の関連性

ストレスは自律神経のバランスを崩すため、はげの原因と言われています。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類があり、活動的な時は前者が、休息時には後者が働きます。これをバランスよく繰り返して人間は正常な状態を維持できるのです。しかし、ストレスを抱えているとそのバランスが崩れ、交感神経ばかりが働くようになってしまいます。

交感神経は血圧を上昇させる働きがあるため、血管を収縮させてしまいます。頭皮の毛細血管が収縮し血行が悪くなると、毛母細胞に栄養が送られなくなってしまいます。それで薄毛の原因になってしまうのです。

他にも、自律神経のバランスが崩れると内臓機能も低下します。すると、髪の毛を作るたんぱく質や亜鉛などの栄養分を十分に吸収できなくなり、髪が栄養不足になると言われています。その結果細くて抜けやすい毛になってしまうのです。

ため込まないような工夫をしよう

ストレス発散というと、お酒、カラオケ、スポーツなど色々思い浮かびますが、そもそもため込まなければ発散しなくてもいいのです。

ため込んで、爆発するように発散するのではなく、毎日こまめに発散するように心がけましょう。お風呂に長く使ったり、何も考えずに音楽を聴く時間を作ったりと、ちょっとしたことでいいのです。できることは沢山あります。

人間関係のストレスは厄介ですが、嫌味を言う人は「負けず嫌いで毎日辛いんだろうな」とか、ホラばかりいう人は「強がらなければ相手にされないかわいそうな人」など、言葉は悪いですが考え方を変えるような工夫をすることで、ストレスがいくらか緩和されると思います。

このページの先頭へ