AGAを「本気」で治したいなら!【3ステップ解説】

alopecia

AGAを本気で治したいなら、「どんな対策をするか」が最重要です。
対策方法には、

  • AGAを治せる方法
  • AGAを治せない方法

の2つがあります。

ちなみに、タバコをやめたり、バランスの良い食事を心がけるなど、生活習慣を見直してもAGAは治りません

このページでは、「AGAを治すための方法」を「3STEP」でわかりやすく解説します。

【STEP1】
「AGA対策」について理解する

AGAの知識

AGA

AGA(男性型脱毛症)は、ヘアサイクルが乱れて髪の毛が成長途中で抜けてしまう脱毛症です。進行すると、特定の部位(M、O、U)の毛がどんどん「軟毛化」して、全体として薄毛に見えるようになります。

AGAは、一般的なハゲ対策では治せない「とても厄介な脱毛症」です。

しかし、AGAを治すために「治せない方法」を実践している人がとても多いのが現状。

AGA対策の正解と間違いまずは「AGAを治せる方法」でなければ、「今よりもハゲがどんどん進行する」ことをしっかり理解しましょう。

あとは自分にベストな「AGA対策(AGAを治すための対策)」を見つけて実践すれば、AGAは改善します。

それでは【STEP2】で、自分にベストなAGA対策を見つけるために重要な「AGAレベル」について解説します。

【STEP2】
自分の【AGAのレベル】を知る

AGAのレベル

自分にベストな「AGA対策」は、「どれくらいハゲが進行しているか」によって人それぞれ違います。

まずは対策方法を選ぶ前に、自分の薄毛の進行度合いをレベル1~4の写真でご確認ください

【レベル1】
抜け毛が増えて、頭皮が透け始める

一見して薄毛に見えない人もいらっしゃいますが、生え際やつむじ周りの地肌が目立ちはじめています。

生え際、つむじ周辺が薄くなるのはAGAの典型的な症状です。放置するとAGAが進行して、薄毛が広範囲に広がる可能性があります。

AGAレベル1

薄毛の進行状況の指標とされる「ハミルトン・ノーウッド分類」では、AGA初期段階の【AGAレベル1】は、Ⅰ型、Ⅱ型に該当します。

【レベル2】
軟毛が増えて頭皮が目立つ

AGAによって髪の毛が充分に成長するまえに抜けてしまいますので、生え際、つむじ周辺の髪の毛に「軟毛」が多くなっています

抜けたあとは「成長の準備段階(休止期)」に移行するため、「生えていない毛」も増えています

AGAレベル2

AGAの進行状況を表す「ハミルトン・ノーウッド分類」では、AGA中期段階の【AGAレベル2】は、Ⅱ型Vertex(生え際と頭頂部の同時進行)、Ⅲ型に該当します。

【レベル3】
休止期の毛が多く部分的にかなり薄い

生え際や頭頂部に「休止期の毛(成長の準備段階の生えていない毛)」が多くなり、薄毛に見える面積が広がっています。

残っている髪の毛も「うぶ毛」のように細い毛が多く、全体としてかなり薄毛が目立っています。

AGAレベル3

「ハミルトン・ノーウッド分類」では、【AGAレベル3】は、Ⅲ型Vertex(生え際と頭頂部の同時進行)、Ⅳ型に該当します。

【レベル4】
AGAがかなり進行~最終段階

生え際、つむじのほとんどの髪の毛が「休止期(生えていない毛)」か「うぶ毛」になっています

AGAが最終段階まで進行すると、生え際とつむじの薄毛部分がつながって、境目がなくなります。

AGAレベル4

【AGAレベル4】は、「ハミルトン・ノーウッド分類」のⅤ型、Ⅵ型、Ⅶ型に該当します。

いかがでしょうか?

ご自身の「AGAレベル」が分かったあとは、いよいよ【STEP3】でAGAレベルに合わせた対策方法をご紹介します。

【STEP3】
AGA対策方法選び

AGA対策方法

自分の「AGAレベル」が分かったあとは、いよいよ対策選びです。

ここで大切なのは、AGAに有効な対策方法は

  • AGA治療薬
  • AGA育毛剤
  • 育毛サプリメント(AGA対策成分配合のみ)

この3つです。

これらのAGA改善の期待度は、以下の順です。

 育毛サプリ < AGA育毛剤 < AGA治療薬 

それでは、3つの方法のうち、自分はどの方法を選べば良いのか?

自分がAGAレベル1~4のどれに該当するかで、選ぶ方法が変わります。

  • →【レベル1~2推奨】
  • 【レベル3推奨】
  • 【レベル4推奨】
  • 【レベル1~2推奨】
    AGA育毛剤+育毛サプリ

    AGAレベル1~2

    AGAレベル初期~中期のこの段階は、薄毛が進行していますがまだまだ改善する可能性が高いです。

    オススメは「AGA育毛剤」+「育毛サプリメント」です。

    AGAの改善効果は「AGA治療薬」には劣りますが、副作用の心配なくAGA対策を始めることができます。

    「5αリダクターゼ」の働きを阻害する成分は必須

    まず注目する成分は、

    • オウゴンエキス
    • ヒオウギエキス
    • ノコギリヤシ

    の3つです。

    オウゴンエキス、ヒオウギエキス、ノコギリヤシは、「5αリダクターゼ」の働きを阻害して「DHT」の生成を抑制する成分です。AGA育毛剤に配合されている同じ作用のある成分の中でも特に高い効果が期待できます。

    脱毛の指令をシャットアウトする成分も有効

    次に注目する成分は、

    • FGF-5S(M-034エキス)

    です。

    FGF-5Sは、脱毛の指令を出す「FGF-5」の働きを抑制する効果が期待できます。

     

    AGA育毛剤を使いながら育毛サプリメントを飲むことで、かかる費用を抑えながらAGAの改善を目指すことができます。

    実際にAGA育毛剤とサプリメントで、はげの改善に成功した人はとても多いです。

    ※ただし、AGAレベル2のなかでも、進行が進んでいる人は、AGA治療薬を服用したほうが改善率が高く、治るまでの期間も早いです。(AGAレベル2でかなり進行してしまっている人は、AGAレベル3の対策をご覧ください。)

    AGA育毛剤を選ぶときの注意点

    ・価格で選ばずに成分をしっかり見る
    ・薄毛がかなり進行していると、改善できない

    オススメのAGA育毛剤+育毛サプリは?

    数多くの育毛剤の中で、5αリダクターゼを抑制する「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」「ノコギリヤシ」と、直接脱毛の指令を出すFGF-5の働きを抑制する「FGF-5S」がすべて配合されている育毛剤には、

    • チャップアップ
    • イクオス

    の2つが該当します。どちらも高いAGA改善効果が期待でき、コスパが良いのが特徴です。この2つの育毛剤の特徴をご紹介しますので、比較してみてください。

    チャップアップ+育毛サプリ

    毎月かかる費用9,090円

    チャップアップ「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」をはじめ、DHTの生成を抑制する成分を8種類配合されており、知る限りではAGA育毛剤の中でも最多です。さらに、髪が抜ける指令を出す「FGF-5」の働きを抑制する「FGF-5S(M-034エキス)」も配合されています。

    大人気の定期コースなら、「ノコギリヤシ」「亜鉛」が配合されている育毛サプリメントが付いてくるのでかなりお得です。

    さらにお金を節約したいなら「イクオス+育毛サプリ」

    毎月かかる費用6,980円

    イクオスチャップアップと同じく「オウゴンエキス」「ヒオウギエキス」が配合されているイクオスがオススメです。

    5種類のAGA対策成分にプラスして、脱毛の指令を出す「FGF-5」の働きを抑制する「FGF-5S(M-034エキス)」も配合されています。

    セットのサプリメントにはAGAに有効な「ノコギリヤシ」「亜鉛」が配合されています。毎月の費用がチャップアップに比べて2,000円以上安いのも魅力です。かなり多くの育毛剤を調べましたが、AGA育毛剤+育毛サプリでは最安です。

    【レベル3推奨】
    AGA治療薬

    AGAレベル3

     

    【AGAレベル3】は、すでに生え際やつむじ周辺の薄毛がかなり広がっていますので、これ以上薄毛が進行しないように一刻も早く歯止めをかける必要があります。

    AGAが発症してから長い年月が経過しているため、ヘアサイクルが大きく乱れていますので、育毛剤では少々役不足。

    医学的にAGAを治すことができる「AGA治療薬」が最適です。

    使用するAGA治療薬は、

    • フィナステリド系(プロペシアなど)
    • デュタステリド系(ザガーロなど)

    です。

    それぞれ効果と副作用に差がある

    Ⅱ型5αリダクターゼに有効な「フィナステリド」に比べると、Ⅱ型だけではなくⅠ型5αリダクターゼにも有効な「デュタステリド」のほうがAGA改善効果が高いです。

    しかし、副作用のリスクもグンと高くなります。

    また、どれくらいAGAが改善するかは個人差があり、副作用のリスクが伴います。(※まれに起こる副作用として、精力減退、勃起不全(ED)、胃の不快感、肝機能障害などが報告されています。)

    AGA改善:
     フィナステリド < デュタステリド 

    副作用:
     フィナステリド < デュタステリド 

    AGA治療薬の選び方は?

    フィナステリドとデュタステリドのどっちがいいのか?は人によって違います。

    しかし、フィナステリドで充分な改善が期待できますので、まずは副作用リスクの低い「フィナステリド」の使用をオススメします。

    副作用がある薬ですので、AGA治療薬選びには細心の注意が必要です。近年は個人輸入代行を利用する人も増えていますが、健康被害の報告も少なくないようです。

    何があってもすべて自己責任になってしまいますので、必ず病院やクリニックの医師の診断を受けて、最適なAGA治療薬を処方してもらいましょう。

    AGA治療薬を服用するときの注意点

    ・まれに副作用(性欲減退など)が起こることを理解する
    ・女性(特に妊娠中)が触れないようにする
    ・医師の処方のもとで服用する
    ・クリニックで血液検査を受けてから使用する

    オススメはAGAスキンクリニック

    AGAスキンクリニック

    業界最大手の「AGAスキンクリニック」は、病院とは違い薄毛治療を専門にしているクリニックですので、医師の専門性の高さが特徴。

    専門の医師が、個人の症状に合わせて、服用するAGA治療薬を提案してくれます。

    「USP(製薬の品質基準を定めるアメリカの独立非営利団体)」の高い安全基準を満たしていますのでAGA治療薬の品質は抜群。400名の患者を対象にした調査では、4~6ヶ月間で99.4%が発毛を実感しています。

    かかる費用が安い

    無料でカウンセリングを受けることができ、3,400円から治療を受けることができますのでコストを抑えながら治療できます。

    通いやすい

    全国に店舗数が多く、他のクリニックよりも通いやすいのもポイントです。

    さらに、初診時は医師の対面診療が必要ですが、次回からはクリニックに通わなくてもAGA治療薬を自宅に届けてくれる「スマホ遠隔診療」がとても便利です。

    AGA治療薬の処方 料金

    ファイザー(プロペシアジェネリック)
    初回 3,400円、2回目以降 6,000円

    プロペシア(フィナステリド)
    初回 4,200円、2回目以降 7,000円

    ザガーロ(デュタステリド)
    初回 4,800円、2回目以降 8,200円

    【レベル4推奨】
    AGAメソセラピー、自毛植毛

    AGAレベル4

    この段階までAGAが進行している方は、髪の毛を元通りにすることは難しいです

    AGA発症~10年以上経過しているケースも多く、頭頂部とつむじの広範囲が「休止期の毛(生えていない毛)」と「うぶ毛」になっていますので、AGA治療薬を服用しても大きな効果を得られない可能性が高いです。

    それでも髪の毛を復活させる方法がないわけではありません。

    AGAメソセラピー

    AGAメソセラピーAGAメソセラピーを受けながらAGA治療薬を服用することで、ある程度の効果が期待できます。

    ただし、継続的にAGAメソセラピーを受けるためにはかなりの費用が必要になりますので、それだけの経済力が必要になります。

    AGAメソセラピーの注意点

    ・継続すると費用がかなり高額になる
    ・クリニックによってメソセラピーに違いがある
    ・信頼できるクリニックを選ぶ

    AGAメソセラピーなら「AGAスキンクリニック」

    AGAスキンクリニックAGAスキンクリニックのAGAメソセラピー(Dr'sメソ)は、オリジナルの発毛カクテル(発毛成長因子複合体IGF-1・bFGF・VEGFなど)を頭皮に直接注入することで、止まっている成長シグナルを正常に戻し、薄毛の改善を図る治療方法です。

    薄毛治療専門で、多くの患者を治した実績がありますので、信頼できます。無料カウンセリングを実施していますので、専門の医師から治療内容について詳しい説明を受けることから始めましょう。

    AGAメソセラピー(Dr'sメソ)料金

    2cc 50,000円/1回、4cc 70,000円/1回

    自毛植毛

    植毛他の方法としては、自毛植毛が考えられます。

    自分の毛を薄くなった部位に植える方法で、定着率が高いため見た目が大きく改善できます。

    定着した毛はAGAの影響を受けることなく、伸びたり抜けたりを繰り返します。ただ、植毛の場合は保険が適用されないため、範囲によっては100万円以上のコストがかかります。

    植毛の注意点

    ・保険が適用されないため、費用が高額になる
    ・クリニックによって施術方法が大きく違う
    ・範囲が広い場合は、1回では完了しない
    ・クリニック選びは重要!信頼できるクリニックを選ぶ

    このページの先頭へ