【男性ホルモン】はハゲの原因?

後頭部がハゲた男性男性ホルモンが多いと髭や体毛が濃くなると言われています。また、男性ホルモンが多い人がハゲになりやすいということもよく耳にします。

しかし、男性ホルモン自体は悪いものではないのです。では、なぜ男性ホルモンが多いと薄毛になってしまうイメージが定着しているのでしょうか。

男性ホルモンと薄毛の関連性

男性にも女性ホルモンはありますし、女性にも男性ホルモンはあります。

簡単に言うと男性ホルモンは体毛の濃さに関係し、女性ホルモンは頭髪を健やかに保つのに関係しています。

男性ホルモンの一種の「テストステロン」は、頭皮の特定の部位に存在する「Ⅱ型5αリダクターゼ」という酵素と結びつくと、DHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンに変わります。

このDHTこそが、ヘアサイクルを乱す一番の原因なのです。

ハゲる人、ハゲない人の違いは、男性ホルモンの量ではない

男性ホルモンはAGAの原因のひとつではありますが、男性ホルモンの量が多くても禿げない人はたくさんいます。

一番の原因は男性ホルモンではなく、

  • 5αリダクターゼの量(量には個人差がある)
  • アンドロゲンレセプターの感受性(テストステロンが5αリダクターゼと結びつきやすいかどうか)

の体質で決まります。

5αリダクターゼの量が多い人や、アンドロゲンレセプターの感受性が高い人ほど、DHTが生成されやすい体質ですので、AGAによって薄毛が進行しやすいと言えます。

これらの体質は、遺伝の影響を受けやすいので、父、母型に薄毛の人がいる場合は、注意が必要です。

女性も男性ホルモンの影響を受けている

最近ではFAGAと呼ばれる女性男性型脱毛症とよばれる女性のAGAという言葉も使われるようになりましたが、このFAGAも男性ホルモンが関係しています。

しかし、女性は男性ホルモンの量が男性の20分の1しかありません。

さらに、女性ホルモン「エストロゲン」には、

  • 髪の成長期間を長くする作用
  • 髪の成長を促す作用

があるため、よほどでない限り男性のように頭頂部や生え際の毛がなくなることはありません。

男性ホルモンが深く関係するAGA

世の中のハゲに悩む男性のほとんどはAGAが原因です。男性ホルモンは、男性である以上、量を減らすことが難しいですし、脱毛物質DHTに変換させないようにするしかありません。

当サイトでは、AGAについて詳しく説明していますので、参考にしてくださいね。

このページの先頭へ