男性ホルモン事態は悪いものではない

後頭部がハゲた男性男性ホルモンが多いと髭や体毛が濃くなると言われています。また、男性ホルモンが多い人がハゲになりやすいということもよく耳にします。

しかし、男性ホルモン自体は悪いものではないのです。では、なぜ男性ホルモンが多いと薄毛になってしまうイメージが定着しているのでしょうか。

男性ホルモンと薄毛の関連性

男性にも女性ホルモンはありますし、女性にも男性ホルモンはあります。

簡単に言うと男性ホルモンは体毛の濃さに関係し、女性ホルモンは頭髪を健やかに保つのに関係しています。

男性ホルモンの一種の「テストステロン」は5αリダクターゼという物質と結びつくとジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変わります。そして、このジヒドロテストステロンがAGAの原因なのです。

つまり、男性ホルモンは薄毛の原因ではありますが、5αリダクターゼの量には個人差があり、遺伝の影響もあると考えられています。テストステロンが5αリダクターゼと結びつきやすいかどうかも体質によります。

男性ホルモンが深く関係するAGA

世の中のハゲに悩む男性のほとんどはAGAが原因です。男性ホルモンは、男性である以上、量を減らすことが難しいですし、脱毛物質DHTに変換させないようにするしかありません。

当サイトでは、AGAについて詳しく説明していますので、参考にしてくださいね。

このページの先頭へ