帽子を長時間かぶり続けると、薄毛(はげ)になるかもしれません

ハゲに悩んでいる方なら分かると思いますが、できれば薄くなった頭は隠したいものです。割り切ることが出来た方は別ですが、今まさに進行している方はなかなか割り切ることは出来ないものです。

帽子はかぶるだけで頭が見えなくなりますし、一日中かぶっていても違和感が少ないアイテムです。しかし、ずっとかぶっていると、逆に薄毛を進行させてしまう可能性があることを知っておきましょう。

長時間の帽子と薄毛の関連性

誰でも一度は「帽子をかぶると禿げる」という話を聞いたことがあると思います。

帽子をかぶると、頭皮が蒸れてしまい、頭皮の細菌が増えてしまうためといわれています。頭皮に常在している菌は、普段は皮脂を餌にして頭皮を弱酸性に保ってくれているのですが、増えすぎると頭皮に炎症を起こしてしまうリスクが高くなるのです。

炎症を起こした頭皮は、かゆくなったり、赤くなったりします。

また、最近ではサイズが小さめのオシャレな帽子も増えていますが、窮屈に感じるときは頭部が圧迫されている状態で血行が悪くなっています。血液が循環することで、もう母細胞に栄養を届けていますので、あまり窮屈な帽子はかぶらないように心がけましょう。

風で飛ばされないようにと帽子をかぶるのも、同様の理由で避けた方がいいでしょう。

帽子は使い方次第では、ハゲ対策アイテムになります

帽子は悪いことばかりではなく、紫外線から頭皮を守ることもできます。頭部に紫外線を浴び続けると、頭皮にダメージが蓄積されてしまいますので、帽子をかぶるのはいいことでもあるのです。

帽子をかぶるときは、ゆったりとかぶれるサイズの帽子を選んで、長時間かぶり続けないようにしましょう。通気性の良いものを選ぶとさらに良いですね。

ときどき日陰で帽子をとって、こまめに通気してあげるようにすれば、帽子はハゲ対策アイテムと考えることができます。

このページの先頭へ