ハゲ隠し方法
【ランキング】

ハゲ隠しのビフォーアフター

はげ隠しは、一時的な「逃げ」でもありますが精神的苦痛からは逃れることができます。

また、育毛に取り組み、毛量が増えるまでの「つなぎ」として使用すれば、周囲の目を上手にやり過ごせる方法と言えます。

世の中にあるハゲ隠し方法を「ランキング形式」でご紹介します。

【1位】
髪型でカバー

ヘアースタイル

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

薄毛はヘアアレンジで驚くほど自然にカバーできます。

髪を伸ばして無理にハゲを隠そうとはせずに、

  • サイドを短くして境界線をぼやけさせる
  • パーマをかけて、頭皮の露出を減らす

など、少しの工夫と技術で見違えるほど見た目が変わります。

お金はそれほどかかりませんし、何より自分の髪で隠せるところがいいですね。

ヘアアレンジの注意点

自分で隠そうとすると失敗しがち

ヘアセット鏡を見て薄い部分をカバーして、はい完成!これでは上手くカバーできていないケースも多いです。

鏡では決まった方向からしか見ることができず、全体的な違和感は自分では判断できません。

  • 生え際を隠すために、後ろからごっそり髪の毛をもってくる
  • M字ハゲを隠すために、前髪をやたら長く伸ばす

などはNGです。

街中を歩いていると明らかに「ハゲ隠し」と分かる人見かけますよね?おそらく自分では成功していると勘違いしている人も少なくないのです。

自分では上手く隠せていると思っていても、周囲から「ハゲ隠し」がバレてしまうと、それは失敗です。

自然さを重視するならやはりプロの美容師に相談して髪型を決めるのがベストだと思います。

髪型の【参考動画】

M字ハゲを髪型でカバー

マネキンのそり込み部分にバリカンをいれて「M字ハゲ」を再現。
美容師さんがカットだけでM字ハゲを見事にカバーしています。

広いおでこを髪型でカバー

生え際が後退しておでこが広くなった男性の髪を、カットでカバーしています。
清潔感のある印象に変わり、年齢も若く見えます。

【2位】
増毛

増毛のビフォーアフター

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

自毛に人口毛を結んで毛量を増やす方法です。

最近では、土台のネットに大量に結びつけられた人口毛を、自毛に結んで固定する方法も人気です。

お手軽に「理想の毛量」になれる方法で、仕上がりがとても自然ですので、近年は利用者が急増しています。

増毛のメリット

  • 価格が比較的安い
  • 少量ずつ増毛できるからバレにくい
  • 仕上がりがとても自然
  • 増やす量を自分で選べる

などがあります。

増毛で注意すること

定期的なメンテナンスが必要

人口毛を結んだ自毛が伸びてくると、増毛した髪も自毛と一緒に上へとあがってきます。

すると毛髪全体が浮いた感じになって違和感がでてしまうのですが、自分ではどうすることもできません。

「自然さ」を維持するためには、こまめにサロンに通って人口毛の「結び目」を頭皮のほうへ下げるメンテが必要になります。

自毛に負担がかかることも

自毛に人口の毛を結びつけますので、土台となっている自毛には通常以上の負担がかかります。

洗髪時に指が引っかかったり、ブラッシングの時にクシが絡まると、人口毛ごと抜け落ちてしまう可能性がありますので、

  • 洗髪時にゴシゴシ擦らずソフトに洗う
  • 目の粗いクシをつかう

など、負担をかけないように日頃から意識することで負担を軽減できます。

増毛の【参考動画】

スヴェンソンの「マイへアプラス増毛」で1000本増毛しています。200~1000本でどれくらい印象が変わるかが分かりやすい動画になっています。1000本だとかなりボリュームがアップしていますね。

【3位】
帽子

帽子をかぶる男性

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

帽子は違和感なくハゲを隠せる便利アイテムですので、薄毛に悩む人で帽子を活用している人は、とても多いですよね。

ただし、プライベート以外では使えないシーンが多いため、条件付きのハゲ隠し方法と言えます。

帽子をかぶるときに注意すること

サイズ

小さいサイズの帽子をかぶっていると、頭皮が圧迫されてしまうため、血行不良になって薄毛を促進する可能性があります。

頭皮を圧迫しないように、ゆったりと被れるサイズの帽子を選びましょう。

通気性

通気性が悪いと頭皮が蒸れてしまいます。頭皮の蒸れはマラセチア菌の増殖を促し、頭皮環境が悪化する原因です。蒸れた状態が長く続くと、頭皮に炎症が起きて抜け毛が増えてしまうこともありますので、通気性の高い帽子を選びましょう。

時々日陰で帽子を脱いで通気するのもいいですね。

ずっとかぶっていると女性に疑念をたれることも

屋外でずっと帽子をかぶっているのはごく自然なことですが、室内にはいってもかぶり続けていると、女性は「もしかして禿げている?」とかなり高い確率でハゲ疑惑をもつようです。

帽子は便利なアイテムですが、ずっとかぶっていると逆に女性の印象が悪くなることもありますので、かぶり方には注意が必要ですね。

【4位】
かつら(ウィッグ)

かつら

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

かつらと聞くと、「ずれる」「はずれる」「バレる」「飛ぶ」など、あまり良いイメージがない方も多いと思います。どちらかというと便利なアイテムというよりはネタ的な要素が強いアイテムかもしれませんね。

確かに、一昔前のかつらはどうしても違和感がでてしまったのですが、最近の高品質なかつらはほどんど地毛と見分けが付かないほど自然に見えるほどにまで進化しています。

見た目ですぐにバレてしまうカツラは、おそらく安物のかつらか、頭皮のほとんどを覆う「全かつら」です。

部分的に装着する「できの良い」かつらは、素人目では絶対に分かりませんので意外と身近にかつらをかぶっている人もいるかもしれませんね。

かつらは、品質やメーカーによって値段がピンキリ。

  • 品質と自然さを重視するなら大手メーカーのオーダーメイドウィッグ
  • 価格を重視するならインターネット通販

で購入できます。

かつらの問題点

お金がかかる

大手メーカーのかつらは、価格が高いです。

自分の髪質に合わせてオーダーメイドすると、1つで30~50万円ほどかかります。
さらに2~5年に一度買い換えが必要ですので、そのたびに大金が必要になります。

また、自毛が伸びるとかつらが浮いたり、境目がバレやすくなりますので、こまめに散髪しなければいけません。

販売メーカーで散髪すると、かつらのお手入れ込みで5,000円程度かかりますので、これが毎月かかります。床屋さんや、美容師さんでもかつらをカットできる人は多いので、お金を節約したい場合は相談してみるのもいいですね。

意外と手間がかかる

一般的なかつらは、洗髪時に毎日取り外して洗う必要があります。専用のシャンプーが推奨されることも多く、自分の頭とは別にかつらを洗う手間が増えます。

さらに装着時にテープを使ったり、静電気が発生しないように専用のスプレーをかけたりと、意外と手間がかかってしまいます。

付け時、やめ時がむずかしい

すぐにフサフサになれるのがメリットですが、いきなり髪の毛が増えると当然のようにバレてしまいます。

かつらをカミングアウトできるなら問題ありませんが、大半の方はバレたくないと思いますので、つけるタイミングがかなり難しく、バレないようにかつらをつけるのは至難の業です。

同様に、やめるときもいきなり薄毛になって登場することになるため、かなりの勇気が必要です。

一度カツラをつけた人は、「一生やめない」ことが大半を占めているのも頷けますね。

かつらの【参考動画】

かつらの生え際の自然さが分かる動画です。

ここまで自然に仕上がるなら、ばれる心配はほとんど無くなりますね。

【5位】
脱色、ヘアカラー

金髪の男性

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

明るい髪色よりも黒髪のほうが格段に薄毛が目立ちます。

私たち日本人は髪の毛が黒いため、薄毛になると地肌とのコントラストの差でどうしても目立ってしまいます。

このコントラストを逆に利用して薄毛をカバーするハゲ隠しの方法が、脱色やヘアカラーです。

髪の色を明るくすることで、地肌との色が近くなりますので、薄毛が目立ちにくくなります。薄毛の芸能人で、金髪にして目立たなくなった方いらっしゃいますよね。

脱色、ヘアカラーの方法

髪の色を明るくする方法でポピュラーなのが「ブリーチ」と「ヘアカラー」です。

この2つの大きな違いは、色を「抜く」か「加える」かです。

ブリーチ(脱色剤)

脱色剤に含まれている成分が、毛髪の色素を分解することで髪の色が明るくなります。
配合成分や、脱色する時間によって髪のトーンを調節できます。

ヘアカラー(永久染毛剤)

カラー剤で毛髪を新しい色に染める方法です。

ダブルカラー

ブリーチで脱色したあとに、ヘアカラーで新しい色を入れる方法です。
ダブルカラーは一度色を抜いてから染めることにより、ヘアカラーよりも発色が良くなります。

脱色、ヘアカラーのポイント

髪は明るいほど薄毛が目立たなくなる

髪の色を明るくして、髪と頭皮の濃淡をなくすほど地肌が目立たなくなります。

一番目立たないのは、金髪。

日本人の肌は黄色が入っているので、白よりも金色のほうが目立たなくなります。

もとろん、金髪にできる仕事は限られますので、自分の生活環境で「できる範囲」で明るくして薄毛をカバーしましょう。

好印象になることも

髪の色で印象は大きく変わります。

ボサボサの黒髪は清潔感がなく、女性からの印象も良くありません。

髪に明るいカラーを入れることで、スタイリッシュで好印象になることも多いです。

ハゲ隠しには限度がある

たとえ金髪にしても、薄毛が目立ちにくくなるだけで、禿げていることに変わりはありません。

髪型をアレンジしたり、他のハゲ隠し方法と合わせて上手に薄毛を隠しましょう。

以外とお金がかかる

髪の毛は1ヶ月でおよそ1cm~1.5cm伸びます。

せっかく明るいカラーリングをしても、根元が黒く目立ってくると薄毛が目立ち始めます。

ヘアカラー剤は1000~2000円程度で購入できますが、頻繁に染めるとなると費用がかさんでしまいます。

脱色、ヘアカラーの参考画像


参考:https://www.youtube.com/watch?v=cQk9YvkTAoc

youtuberの「おまめサンシロー」さんが、ご自身のハゲを隠すために金髪にチャレンジした動画です。

頭皮と髪の色が近くなって、頭皮が目立たなくなっていますね。

ここまで明るい色はなかなかできないと思いますが、茶色でも充分ハゲ隠しになりそうですね。

【6位】
ヘアバンド、バンダナ、タオルなど

バンダナの男性

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

ヘアバンド、バンダナをつける

ヘアバンドやバンダナは、薄毛を自然に隠せるアイテムです。

つける条件が限られる

仕事中などはもちろんつけることができませんし、使えるシーンは限られます。

また、ある程度年齢が高くなるとヘアバンドやバンダナは見た目的に無理が出てきます。

条件を満たしている場合は、ハゲ隠しアイテムとして充分活躍してくれます。

つむじが薄い場合は効果半減

つむじが薄くなっているとヘアバンドをしても、薄いつむじが丸見えなので元も子もありません。

長髪にすることで、つむじに髪の毛を集めて隠すことはできますが、外しているときは薄毛のロングですので、清潔感が心配です。

生え際だけが薄い人なら、短髪でも自然に隠せる便利なアイテムになります。

タオルを巻く

外仕事の人で、全く禿げていないのにずっとタオルを巻いている人いますよね。

タオルはずっと巻いていても、外仕事のあんちゃんかな?と思われる位でそれほど違和感はありません。

会うときいつもタオル巻いていること自体がハゲ隠しとも思われにくいですが、問題はオシャレさに欠けること。女性から見て、毎日ずっとタオルを巻いている男性は恋愛対象になり得るのか・・。考えると、マイナスの要素もでかそうですね。

カチューシャ

若い男性でカチューシャを付けている人は多いですよね。

カチューシャは、つむじだけが薄い人なら自然に隠せるアイテムです。まさか生え際がしっかり生えている人が、ハゲ隠しでカチューシャをつけているなんて想像しませんからね。

髪を長く伸ばす必要がありますが、頭頂部を自然に隠せる方法だと思います。

【7位】
増毛スプレー

増毛スプレー

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

繊維や微粉末を髪にスプレーすることで、髪の毛が増えて見えるアイテムです。

価格は1,000円程度で変える商品が多く、スプレーするだけのお手軽さが好評です。

最近は、育毛成分が配合されているスプレーも多いので、ハゲを隠しながら育毛を目指すアイテムに変わりつつあります。

ドラッグストアやネット通販で簡単に手に入ります。

増毛スプレーの注意点

振りかけすぎには注意

ハゲを隠すためとはいえ、振りかけすぎは逆効果。

コーティング剤が乾燥すると、バリバリに固まって髪が束になり違和感が出ます。

また、増毛パウダーが頭皮に大量に付着して毛穴をふさぎ、頭皮環境が悪化する可能性もあります。

大量の雨や汗には要注意!

雨や汗では流れ落ちにくいように作られていますが、大量の「汗」や、「雨」が長時間続くと髪や頭皮から「黒い汁」となって流れ落ちることがあります。

帽子や温泉、サウナなど頭皮が長時間蒸れる時も同様に流れ落ちてしまいます。

毎日つかうとお金がかかる

1本あたり1,000~2,000円ですが、広範囲に振りかけると1週間程度で空になることもあります。使用頻度が高い場合は、毎月5,000~10,000円かかることも。

増毛スプレーの【参考動画】

薄い頭部に数秒間スプレーするだけで、髪が増えたように見えますね。動画ではスプレーが無色にも見えますが、実際は黒(または茶色)ですので、色移りしないように気をつけましょう。

【8位】
黒い粉(パウダー)

黒い粉

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

振りかけるだけであら不思議。深夜のTVショッピングでやっているあれですね。

水をかけても風が吹いても粉が舞い散ることがなく、イメージとは裏腹に意外と自然に見えます。

ただし!自然といってもあくまでも「粉にしては」のレベル。

静電気で髪の毛に付着しているだけですので、間近で見るとどうしても違和感があります。

短髪のお父さん世代ならまだしも、若い男性が粉を使うとたちまちバレて恥ずかしい思いをしてしまうこともありますので、あまりオススメできるハゲ隠しとは言えません。

黒い粉を使うときの注意点

かけ過ぎはNG

ハゲを隠したい一心でたくさん粉を振ってはいけません。

多くかけ過ぎると、粉が髪の毛にうまく付着できずにこぼれてしまったり、粉をかけすぎた一部分が盛り上がってしまったり・・なんてことにも。

慣れないうちは多く振りかけてしまいがちですが、適用量を守りましょう。

乾いてから使う

お風呂上がりなど、髪が濡れているときに粉を使うと、しっかりくっつかない粉や、ばらつきが生じて違和感が出てしまう可能性がありますので、ドライヤーでしっかり乾かしてから使いましょう。

また、粉は「油分」に弱いため、塊になりやすいので、シャンプーやトリートメントのすすぎ残しには注意しましょう。育毛剤との併用も同様の理由でオススメできません。

生え際の薄毛には使わない方が・・

生え際はどうしても目立ちやすい箇所ですので、バレたくないのであれば使わない方が無難です。

使うなら立っているときに見られにくい「つむじ」の薄毛がベターです。

ただし、座っているときは要注意です!私も以前電車で座っているおじさんが粉を振りかけているのが分かってしまいましたから・・。

毛がない所には仕えない

粉は髪の毛に静電気でくっついています。つまり、髪の毛がない状態ではパラパラと落ちてしまうのです。

短い毛や産毛のように細い毛でもOKですが、毛がないツルツルの状態では全く使い物になりません。ツルツルの人が粉を選ぶとは思えませんが、念のために。

黒い粉の【参考動画】

これは本当にすごいですね!頭頂部の薄毛がかなり進行していたはずなのに、粉を振りかけるとたちまちフサフサに見えるから不思議です。最後に掃除機で吸うと粉があっさり取れているところが少し不安ですね。

【9位】
メディカルSMP(ヘアタトゥー)

メディカルSMP

  • ハゲ隠し
  • 自然さ
  • かかる費用

メディカルSMPは、薄くなった頭皮に専用のインクを注入して、髪の毛が生えているように見せる技術です。

アートメイクの一種ですが、日本では、医者や看護師などの「医療従事者」のみが施術を行うことができる医療行為です。

イギリスから世界各国に広がって十数年経ってはいますが、日本では歴史が浅くあまり馴染みがないハゲ隠し方法です。

やるのであればメディカルSMPがもう少しメジャーになり、ハゲ隠し方法として定着してからの方が良いかもしれません。

メディカルSMPの特徴

即効性がある

施術は約3時間ほどで終わりますので、施術当日にすぐに見た目が改善されます。(範囲が広い場合は10時間程度かかることもあります。)

どんな患者でも施術が可能

薄毛治療などの医療行為は、健康状態によって治療できなかったり、体質によって効果が出ないことがありますが、メディカルSMPはインクを注入するだけですので、ほぼすべての人が施術を受けることができます。

費用が高額になることも

メディカルSMPは、美容目的の医療行為に該当するため、かかるお金はすべて自己負担です。

そのため、小さい範囲でも10~15万円、頭頂部などの広い範囲の場合は50万円ほどかかってしまいます。

さらに、年月が経つとインクが薄れてきますので、自然さを維持するためにはおよそ2年に1度メンテナンスをうける必要があり、そのたびに3万円ほどの費用がかかります。

坊主でなければ違和感がでる

頭皮に着色する技術ですので、髪の毛が長い人はどうしても違和感が大きくなります。

仕上がりの自然さを重視するのであれば、短髪、それもスキンヘッドに近いほど髪を短くする必要があります。

どこで施術できる?

メディカルSMPは、「メディカルSMPセンター表参道」で施術できます。

また、最近薄毛治療最大手のAGAスキンクリニックが「1day坊主タトゥー」という新しい治療を始めましたので、こちらでも施術可能です。

ランキング【一覧表】

ハゲを隠しながらも「対策」は忘れずに

ハゲを隠しても、できることなら自分の髪を生やしたいですよね。

髪が生えれば、ハゲ隠しから「卒業」できます。

当サイトでは、多くの育毛剤の中から選んだ「オススメの育毛剤」もご紹介しています。

  • AGA対策
  • 頭皮環境正常化
  • 髪の成長促進

など、ハゲの原因別にオススメの育毛剤をご紹介していますので、対策にお役立てくださいね。

このページの先頭へ