はげの種類、症状一覧

一言で「ハゲ」といっても、いろんな種類があります。

AGAが原因で禿げてしまうこともありますし、一時的な抜け毛の症状の場合もあります。これらの多くの場合は、何らかの「原因」によって毛髪のサイクルに異常をきたしていると考えられます。

男性型脱毛症(AGA)

AGAの男性男性型脱毛症(AGA)は、一般的に30~40代から症状が目立ちはじめ、50代以降になると多くの方がこれに該当します。

10~30代に見られる若ハゲの多くは、この男性型脱毛症が原因ともいわれており、若いうちに発症した場合は別名で、「若年性脱毛症」と呼ばれています。

毛根が死んでしまったわけではなく、ヘアサイクルの異常で、毛髪が充分に成長する前に抜け落ちてしまうため、やがては産毛ばかりになって毛がないように見えるのです。

男性ホルモンの影響を受けやすい細胞が多い部位から薄くなります。人によって、「M」「U」「O」のタイプに進行します。

M型

M型額の両サイドからMの字のように後退します。
M字ハゲ、Mハゲとも呼ばれます。

生え際や後頭部はフサフサのままMはげが進行する人や、全部同時に進行する人など、色々なパターンがあります。

O型

O型後頭部から円形状に髪が薄くなるタイプです。正面から見るとは分かりにくいため、自分では気がつきにくいハゲ方と言えます。知人や家族などから指摘されたり、鏡で頭頂部を見て気が付くことも多いです。

U型、またはA型

O型生え際の毛が抜けて、どんどん後退する禿げ方です。隠すのが難しいので、人と話しているときに、相手の目線が気になるという体験談も多く、精神的な苦痛が大きいタイプと言えます。

O型と同時に薄くなることも多く、日本人に多いと言われています。

AGAを改善するためには?

AGAは生活習慣や、ヘアケアの見直しだけでは改善が難しいです。

AGA向けの育毛剤や、治療薬などでヘアサイクルを正常に戻してあげる必要があります。詳しくはAGAの詳細ページをご覧ください。

脂漏(しろう)性脱毛症

脂漏性脱毛症皮脂の過剰分泌によって、毛穴が詰まって脱毛してしまうはげ方です。頭皮がギトギトで油っぽくなります。

原因としては、過剰な洗髪や洗浄力が強すぎるシャンプーの使用によって、皮脂を取りすぎてしまい、逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまうことが考えられます。また、逆に頭皮を清潔に保たないことも脂漏性脱毛症の原因の一つにあげられます。症状としては、頭皮の赤みや、かゆみが発生し、フケが湿っぽい傾向があります。

改善するためには?

毎日しっかりと毛穴に詰まった皮脂を適度に取り除くことが有効と言われています。


瀰漫(びまん)性脱毛症

瀰漫性脱毛症瀰漫(びまん)とは一面に広がるという意味です。一部ではなく頭全体の髪の毛が薄くなる禿げ方です。30代後半や、40代の女性に多い症状で、「女性型脱毛症」とも言われています。

男性型脱毛症とは違って、生え際が後退することはありません。原因としては老化やストレス、パーマやカラーリングなどの過剰なヘアケアや、生活習慣などが考えられます。過度なダイエットや薬によって休止期を迎える毛が増えることも原因とされています。

改善するためには?

生活を見直すとともに、栄養を与えてあげることで比較的短期間で改善するといわれています。


粃糠(ひこう)性脱毛症

粃糠性脱毛症乾いてカサカサしたフケが大量に発生する症状で、頭皮アレルギーの一種。主な原因は、過度な洗髪や、パーマ、ヘアカラーなどの行き過ぎたヘアケアによって発症することが多いとされています。フケが毛穴につまり脱毛を誘発したり、かゆみを伴うケースもあります。

改善するためには?

頭皮に刺激の少ないシャンプーを使用して、頻繁なパーマやカラーリングを避けるようにしましょう。


牽引(けんいん)性脱毛症

牽引性脱毛症ポニーテールなどのように、髪をまとめて強く引っ張っぱるような髪形を続けることで、負荷がかかった髪の毛が抜けてしまう症状です。

改善するためには?

慢性ではないため、髪に負担をかけないことで改善します。

病気の場合も・・

円形脱毛症

円形脱毛症一部の毛が円形状に抜けてしまう病気で、抜ける範囲は10円玉、500円玉、または頭全体に広がる場合もあります。円形脱毛症ができてしまう数も1箇所~複数箇所と様々なケースがあり、個人差が大きい脱毛症です。

他の脱毛症とは異なり、まったく自覚症状がない場合も多い。原因としてはストレスや、免疫疾患などが考えられます。

改善するためには?

基本的には自然に治ります。ストレスを解消することで回復するケースも多いです。なかなか治らない場合は、皮膚科で診断してもらいましょう。


抜毛症 (トリコチロマニア)

抜毛癖(ばつもうへき)、禿頭(とくとう)病とも呼ばれる。自分で自分の頭の毛を抜いてしまう癖です。本人が自覚している場合もあります、まったくの無意識のうちに毛を抜いてしまう場合もあるようです。

原因は主に、ストレスや、心の病などがあげられます。個人差が大きく、指摘されて治ることもあれば、精神科や心理カウンセリングが必要な場合も少なくありません。

改善するためには?

どうしても止められない場合は、精神科や、心療内科に相談しましょう。精神面が落ち着き、抜毛癖が改善した例も多いです。抜くのを止めた後は、自然に毛が生えてくるのを待つか、症状が重い場合は皮膚科やクリニックに通院することも考えましょう。

このページの先頭へ