遺伝するのは、ハゲやすい体質

ハゲは遺伝するとよく耳にします。実際に父親がハゲだとその子供も薄毛になっていることも多いようです。

遺伝子画像ハゲが遺伝するかどうかは昔から研究されていて、実際に父親が薄毛だと子供も薄毛になると考えられている時代もあったようです。また、それとは別に、生活習慣や食生活が同じだから、似たようにハゲてしまうという説もあったようですね。

しかし、長年の研究の結果、「薄毛は遺伝すると言えなくもない」ということが分かりました。回りくどい言い方ですが、父が禿げているから、必ずその子供に遺伝するわけではなく、父型、母型の家系から隔世遺伝することも多いようです。

そして遺伝するのは、あくまでもAGAになりやすい体質です。

父親がハゲだからといって、諦めてしまうと進行を止めるチャンスを逃しかねませんので、遺伝とAGAの関係をしっかりと知って、しかるべき対策を心がけましょう。

遺伝とAGAの関連性

AGAによる薄毛は、ジヒドロテストステロンという物質によって引き起こされます。この物質は男性ホルモン「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素によって変化して作られます。

5αリダクターゼの生成量が遺伝する

AGAが遺伝するのは、原因である「5αリダクターゼ」を多く生成する体質が遺伝するからなのです。

アンドロゲンレセプターの感受性が遺伝する

5αリダクターゼの生成量だけではなく、5αリダクターゼを多く生成しても男性ホルモン「テストステロン」に対して敏感に作用するかどうかということも薄毛に影響します。

これは、男性ホルモン受容体「アンドロゲンレセプター」といわれ、その感受性が遺伝してハゲやすいかどうかが決まるのです。

脱毛物質が生成されても、アンドロゲンレセプターの感受性が低くて反応しなければ薄毛にはならないということになります。この敏感に作用するかのどうかの感受性は母親から遺伝すると言われています。

結局は、AGAになるかどうか判断しにくい

遺伝によって、

・5αリダクターゼの生成量が多くて感受性が低い人
・5αリダクターゼの生成量が多くて感受性も高い低い人
・5αリダクターゼの生成量が少なくて感受性が高い人
・ 5αリダクターゼの生成量が少なくて感受性も低い人

に分かれます。

自分がどの遺伝子を受け継いでいるかどうかは、自分では分かりません。つまり、AGAになるかどうかは、なるまで分からないというわけです。

しかし、一つだけあらかじめ薄毛になる可能性を判断できる方法があります。

AGAクリニックの遺伝子検査

AGAクリニックの中には、「血液検査」や「遺伝子検査」を実施しているところもあります。血液検査では、治療ができる状態かどうかを判断し、遺伝子検査では、AGA治療薬の感受性(CAGリピート数)や、薄毛になる可能性(GGCリピート数)が判断できます。

自分がハゲる可能性を知りたい人は、AGAクリニックの遺伝子検査を受けてみるのもいいと思います。

AGAは早めに発見、早めに対策

上で説明したように、遺伝による薄毛は「AGA」が原因です。頭のどこの部位に5αリクターゼが多く存在しているかなどの要因で、OやMなどハゲのタイプが変わってきます。

ひとつの目安として、親族から遺伝した場合の多くは、同じ箇所が薄くなる傾向にあります

AGAは若いうちになる人もいますし、年をとってからの人もいます。

AGAは早くから対策を始めた方が改善の可能性が高くなりますので、日頃から頭部の状態や、抜け毛の状態をチェックする習慣をつけて、「気がついたときにはつむじが薄くなっていた!」なんてことにならないように心がけましょう。

当サイトでAGAについて詳しく説明していますので、是非参考にして下さい。

このページの先頭へ