はげの見た目を改善する対策方法【その他】

はげ対策=髪を増やす方法と考えるなら、このページに掲載している「その他のはげ対策方法」は、育毛や発毛を目的としたハゲ対策とは少し違う方法になります。

根本的な解消方法ではありませんが、はげの精神的苦痛や、コンプレックスを解消するための手段としては有効だと思いますので、選択肢に入れてもいいと思います。

かつら

最終手段とも言える方法です。

つけた瞬間から髪がフサフサな自分になれますし、人の目を気にしなくなったり、はげのことを考えなくて済んだりと、精神的なメリットは大きいと考えます。

しかし、かつらは一度つけると、おそらく一生付け続けることになるでしょう。

メンテに費用がかかったり、バレないように気を遣ったりとデメリットも多い手段です。かつらの使用は、遅すぎて後悔することはありません。

使用を考えているのであれば、まずはできる限りの正しい対策を実践して、それでもカツラがいいと判断したときに、もう一度かつらについてしっかりと理解して使い始めるのが後悔しないための、いい方法だと考えます。

増毛

当サイトに掲載している「その他のはげ対策法」の中では、一番お手軽な方法です。
自分の髪に人工毛を結ぶことで、薄い箇所を自然にカバーできます。

かかる費用も他の方法と比べても安いので、若い人にも人気が高い方法です。お手頃な価格で、自然にボリュームアップできるのは、とても大きなメリットだと思います。

増毛サロンにもよりますが、部分的な増毛なら30分程度、広範囲でも1~2時間程度の時間で増毛が完了します。お試し無料体験は、カウンセリングと増毛体験を合わせても1~2時間ほどですので、空いた時間に気軽に行くことができるので、大人気です。

植毛

いわゆる自毛植毛です。

自分の後頭部の毛を毛根ごと採取して、毛の薄い箇所に埋め込みます。

毛が定着すると、普通の毛と同じように伸びたり抜けたりしますので、はげの悩みから解放されることも多いです。

最近では、日本の芸能人や、世界の有名人のなかにも植毛でみごとにはげを克服した人も多く、将来的にもっとも有効なハゲ対策法になる可能性を秘めています

ただし、費用が高い、初期脱毛、技術の差で仕上がりが変わる・・などなど、デメリットや注意点も多い方法ですので、しっかりと理解することが重要です。

メディカルSMP

専用のインクを薄い部分に注入することで、髪が生えているように錯覚させることができます。薄毛の治療を目的とした医療行為になりますので、心配な仕上がりも、想像以上に自然になるようです。

イギリスやアメリカではメジャーな方法ですが、日本では、東京の表参道にあるクリニックでしか受けることができず、価格も広範囲になると50万円ほどかかってしまいます。

このページの先頭へ