【AGA治療】 ~AGA治療薬の効果や費用、入手方法

AGA治療薬AGA治療薬を飲んだり、直接頭皮に塗布することでヘアサイクルの正常化を目指すのが、内服療法・外用療法によるAGA治療です。


AGA治療薬って?

AGA治療薬とは、男性型脱毛症(androgenetic alopecia)の症状を予防・改善するための医薬品のことです。

主な症状としては頭頂部が薄くなったり、生え際が後退したりするのが一般的ですが、その原因は遺伝的要素や生活環境など複数の要素が重なり合っており、ひとつに限定することはできません。

ただ、中でも最大リスクと言われているのが男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」で、DHTが増えれば増えるほどAGAの症状も進行すると言われています。

AGA治療薬はこのDHTを生み出す還元酵素のはたらきを阻害したり、薄毛の原因となる血行不良を改善したりする成分が配合されており、毎日決まった量を服用することで、AGAの症状を食い止めることができます。

AGA治療薬にはいろいろな種類がありますが、主成分は「フィナステリド」と「ミノキシジル」の2種で、どちらもアメリカ食品医薬品局(FDA)によって正式にAGA治療薬として認可されています。


フィナステリド

フィナステリドにはどんな種類がある?

プロペシア

日本でも2005年10月に厚生労働省の認可を受け、MSD(旧:万有製薬)が「プロペシア」の名前で医療機関向けの販売がスタートしました。

プロペシアはフィナステリドを開発した米国の製薬メーカー「メルク社」のオリジナル医薬品で、日本で初めて製造・販売が認可されたフィナステリド錠です。

そのため、日本で育毛外来などを利用した場合、処方されるのはプロペシアだけだったのです。

フィンペシア、エフペシア

海外ではプロペシアと同じ成分を同じ量だけ使って作ったジェネリック医薬品が数多く製造されていました。

たとえばインドの製薬メーカー「シプラ社」が作った「フィンペシア」や、その改良版である「エフペシア」などが代表的な例として挙げられます。

どちらも同じメーカーが製造したフィンペシアのジェネリック医薬品ですが、フィンペシアには発がん性が疑われていた着色料(キノリンイエロー)が使用されていたことから、後にキノリンイエロー不使用のエフペシアが誕生しました。

ただ、現在販売されているフィンペシアにもすでにキノリンイエローは使われていないので、現時点でフィンペシアとエフペシアの間に違いはまったくありません。

ファイザー

日本国内では、処方されるAGA治療薬はプロペシアのみでしたが、2015年2月19日に大手製薬メーカーであるファイザー株式会社がフィナステリドの製造販売承認を国内ではじめて取得しました。

プロペシアのジェネリック医薬品「ファイザー」として製造・販売され国内のAGA治療に役立てられています。

ジェネリックって?

上で「ジェネリック医薬品」という言葉が出てきました、これは先発医薬品に対する後発医薬品のことです。

フィナステリドの場合、最初に開発されたプロペシアがオリジナルの先発医薬品で、以降に製造・販売されたフィンペシアやエフペシア、ファイザーなどはすべてジェネリック医薬品に分類されます。

ただ、ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分を使用し、同じ製法で作られたものなので、効果・効能はオリジナルとほぼ同じと言われています。

それどころか、莫大な研究開発費が発生した先発医薬品とは異なり、ジェネリック医薬品はコストがかからないため、オリジナルよりも安価な値段で販売されているのです。

AGA治療薬は基本的に毎日、長期的に続けていかなければならないものなので、コストを大幅に節約できるジェネリック医薬品はたちまち人気となり、現在はオリジナルをしのぐ売上げを誇る商品も出てきています。

フィナステリド錠の生産国の違いは?

地球のイメージフィナステリド錠のオリジナルであるプロペシアは、米国の製薬メーカー「メルク社」によって開発されています。米国では特許期限がおよそ20年もうけられるため、1990年代後半に開発されたフィナステリドの特許は現在のところまだ切れていません。

そのため、通常はジェネリック医薬品を製造・販売することはできないのですが、インドでは成分特許が存在しないため、例外としてフィナステリドのジェネリック医薬品を製造することが可能となっているのです。

実際、フィナステリドのジェネリック医薬品として有名な「フィンペシア」や「エフペシア」は、インドの大手製薬メーカー「シプラ社」が製造しています。近年では2015年2月に製造販売承認を取得した日本の製薬会社ファイザーが、フィナステリドのジェネリック医薬品「ファイザー」を販売開始しました。

なお、製造国が異なっていても、成分や製法に違いはありませんので、日本産であってもインド産であっても、含有成分は同じです。

フィナステリド錠の効果

ヘアサイクルのイメージAGA治療薬のひとつである「フィナステリド」は抗アンドロゲン薬の一種で、はげの原因となるDHTを生み出す還元酵素「5α-リダクターゼ」の活性化を抑えるはたらきがありますので、ヘアサイクルの正常化に効果を発揮します。

フィナステリドの効果は臨床試験でも認められており、継続して服用したところ、98%の人に3年間の抜け毛予防効果があったことが確認されました。

さらに、3年間使い続けたところ、80%近くの人に増毛効果があったことから、AGAの特効薬として世界中で利用されています。

誰もが使えば毛が生えてくるような「万能の毛生え薬」ではありませんが 、現在あるAGA治療のなかでは群を抜いた効果が期待できるのは間違いありません。

あくまで参考までにですが、4人に1人は大きな効果、2人はまあまあ効果を実感、残り1人はそれほど効果がないと言われています。

フィナステリド錠の注意点

×印のポーズの女性フィナステリドは男性のみに効果を発揮するAGA治療薬ですので、女性が服用しても意味がありません。それどころか、妊娠中の女性が摂取すると、胎児の生殖器に異常が出てしまう恐れがありますので、パートナーが妊娠している男性は、しっかりと管理する必要があります。

また、皮膚から吸収されることを考えると、女性が触れることも避けた方が無難です。子作り中の男性が服用しても問題はありませんが、摂取量は必ず守るようにしましょう。


ミノキシジル

フィナステリドと並んでAGA治療薬として活用されているのが「ミノキシジル」です。

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬として開発された医薬品ですが、副作用として患者に多毛症があらわれたことから、一転してAGA治療薬として利用されるようになりました。

ミノキシジルには一時的に血管を拡張させる作用があり、毛根に栄養や酸素を与える血液の流れが良くなることから、優れた増毛効果が期待されています。

ミノキシジルには頭部に直接塗る外用タイプと、フィナステリド錠のように飲用する内服タイプの2種類がありますが、内服タイプの方が効果が高く、治療が難しいM字型ハゲ(生え際が後退するタイプ)にも有効と言われています。

ただし、AGAが進行してしまって毛根がない状態では効果がありませんし、人によって個人差が大きいのも事実です。


AGA治療の期間

プロペシアなどフィナステリド錠を使った治療では、効果を実感するまでに早い人で約3ヶ月、遅い人では6~8ヶ月かかるといわれています。最初の3ヶ月までは抜け毛の減りを実感、その後数ヶ月で発毛を実感するケースが多いようです。

また、毛が生えたからといって、服用を中断するとAGAは再び進行を始めます。そのため、効果を持続したい方は継続して使い続ける必要があります。

治療の終了は自分で決める

治療を始めてからずっと毛が濃くなり続けるわけではなく、およそ1年~2年までに現れた効果で自己ベストが分かると考えられています。

1~2年経過したあとは、その状態を維持する為の治療になります。そのためAGAの治療は通常の治療とは違い、終了は医者ではなく自分で決めることになります。


かかる費用・料金

AGA治療にかかる費用病院や皮膚科で診断してもらった場合、診察料が2000円程度かかります。プロペシアは保険が適用されず1錠あたり約250円程度かかります。そのため、プロペシアの薬代が1ヶ月分で約7,000円~7,500円程度かかります。

このほかに遺伝子検査や、血液検査などを行う場合、治療費が加算されます。定期的に通院することを考えると、プロペシアだけの内服療法で毎月1万円以上の費用がかかります。

病院の処方はプロペシアのみですが、個人輸入代行を利用すればプロペシアよりも安価なフィンペシア、エフペシアを2000円程度(1ヶ月分)で購入できます。同じ効果が期待できますので、最近では個人輸入代行を利用してAGA治療薬を購入する方が増えています。


副作用はあるの?

プロペシアは元々は前立腺肥大の治療薬であり、AGA治療に使われるものではありませんでした。そのため、発毛が副作用といえます。

その他の副作用としては、まれに精力減退、勃起不全(ED)、胃の不快感などが報告されているようです。精力減退、勃起不全(ED)などは男性にとっては重大な副作用ですが、フィナステリドには性欲を司る男性ホルモン「テストステロン」に直接作用するはたらきがないことから、理論的には性欲減退の副作用は起こりえないとも言われています。

国内の臨床実験では、プラセボ(疑似薬)を使った時と変わらない6%の確率で何らかの副作用が確認されたようですので、実際にはほとんどの方には副作用が現れないと考えて良いでしょう。

ただし、これまで重篤な副作用は報告されていませんが、国内でプロペシアを製造・販売しているMSDによると、肝機能障害が起こりえる可能性もゼロではないことから、2007年より「重大な副作用」として記載されるようになっています。

万が一副作用が現れた場合は、服用を一時中断するか、医師に相談するようにしましょう。


AGA治療の方法【治療薬の入手方法】

AGA治療薬の入手方法は「医療機関の処方」と「個人輸入代行を利用」の2つです。

病院・クリニックで診断

診察最近ではCMでも「AGAの治療は医師へ相談!」といったフレーズを耳にする機会が多くなりました。AGAに悩む人は増え続けていますので、今では全国各地の多くの病院や皮膚科、専門クリニックで診察を受けることができます。

医療機関によっては薬を処方するだけだったり、遺伝子検査や血液検査を行うなど、診断方法はさまざまです。また、AGA治療の内容もそれぞれ違いますので、治療を考えているのであればしっかりと内容を把握し、納得のいく上で治療を始めるようにしましょう。

サプリメントや育毛剤、シャンプーの併用もAGA治療の一環として行っているところもあります。プロペシアは医師の処方がないと服用することは出来ませんが、その他のサプリメントや育毛剤、シャンプーなどは処方が必要ありませんので、自分で吟味して選ぶのもいいと思います。

医療機関でのAGA治療を考えている方は、まずは専門サロンやクリニックの無料診断を受けて、今の自分の頭皮の状態を知ってからAGA治療を再考すると、金銭的リスクも少なくて良いと思います。

個人輸入代行を利用

AGA治療薬最近では、誰でも許可を取れば海外の医薬品を安価で輸入することができます。しかし、購入の手間や、言語力などの壁があるため、なかなかスムーズに輸入することは難しいと言えます。そこで、海外の企業・メーカーと購入者を仲介し、スムーズに輸入ができるように間に入ってくれるのが個人輸入代行業者です。

手数料を払うことでスムーズに輸入することができますが、個人輸入代行には、個人輸入で問題視されている「健康被害のリスク」、「正規メーカーの偽造商品」、「衛生面」のリスクを回避できるという大きなメリットがあります。(※医薬品の個人輸入の危険性は、厚生労働省のホームページでも掲載されていますので、ご覧下さい。)

国内で製造されるAGA治療薬を含む医薬品のすべては薬事法に基づいて販売されているため、品質、有用性、安全性が十分に確認されています。しかし、海外では日本の薬事法は適用されないため、品質、有用性、安全性などのリスクがあります。

個人ではどれが本物で安全であるかの判断が難しいため、トラブルが後を絶たないのですが、輸入代行業者を利用することで上記のリスクを回避することができます。

最も重要なのは、星の数ほどある代行業者の中から信用できる個人輸入代行業者を選ぶことです。信用ある代行業者を上手に利用すれば、安い金額で品質に問題が無く、安全性の高いAGA治療薬を入手できます。

当サイトのオススメは「オオサカ堂」です

当サイトでオススメの個人輸入代行業者は「オオサカ堂」です。WEB検索で個人輸入と打ち込んだときにオオサカ堂と出てくほどの大手で、リピーターも多く、口コミでの評判も高いため、最も信用できる輸入代行業者だと思います。

プロペシア、フィンペシア、エフペシア、ミノキシジルが安価で入手できますので、興味ある方は是非ご覧下さい。(下のリンクからオオサカ堂のプロペシア、フィンペシア、エフペシア、ミノキシジルのページに移動できます。)

このページの先頭へ