タバコを吸って良いことは一つも無い

タバコ最近では、喫煙場所も限定されて、禁煙の駅や飲食店も当たり前になりました。

さらにドンドン値上がりしているため、タバコを吸う人は年々減っているようですが、肩身が狭い思いをしながら喫煙を続けているひともまだまだ多いです。

もちろん、タバコを吸っている人は健康に良くないことをご存じだと思います。しかし、ハゲの原因になっていることは、知らない方もいらっしゃるようです。

健康に悪いということは、当然ですが髪の毛にも悪影響を及ぼします。「喫煙がストレス発散になるから、タバコにもいいところがある」という気持ちも分かりますが、ハゲに関して言えばいいことは一つもありません。

タバコと薄毛の関連性

喫煙で血行が悪くなる

髪の毛が育つためには、毛細血管を通して毛母細胞に栄養が運ばれなければいけません。血液の流れがスムーズであれば、毛母細胞に栄養がスムーズに運ばれ、髪の毛が育ちやすくなります。

しかし、タバコを吸うと血液の流れが悪くなります。たばこに含まれるニコチンには私たちの体の中の血管が収縮してしまうのです。

頭皮の血管が収縮すると、血液の流れが悪くなりますので、毛母細胞に十分な栄養がいきわたらなくなります。さらにタバコに含まれる一酸化炭素には血液が酸素を運ぶのを妨げる働きがありますので、はげの原因になってしまいます。

ビタミンCを消費する

タバコを吸うとビタミンCが失われます。ビタミンCは皮膚や血管に欠かせないコラーゲンを生成する働きがあり、頭部の毛細血管の老化を予防して、髪の成長をサポートしてくれます。近年では、薄毛の治療にもビタミンCを取り入れているクリニックもありますので、ビタミンCを欠乏させないようにすることが、育毛にも役立ちます。

 

煙草を吸えない環境作りから始めよう

いつでもどこでもタバコが吸える環境では、やめるのは難しいと思います。

当サイトの管理人も、かなりのヘビースモーカーでしたが、普段吸っていた部屋を禁煙にしただけであっさりやめることができました。車や部屋、仕事場などで吸えない場所を決めると、徐々に本数が減り、いずれはやめることができるのではないかと思います。

禁煙したらストレスがたまる気もしますが、禁煙して月日が経過すれば吸いたい気持ちも薄れますので、たばこを吸えないストレスはなくなります。

このページの先頭へ