【若ハゲ】原因と、今やるべき対策

【若ハゲ】とは?

若はげは、若くして薄毛が進行してしまう脱毛症です。

「若年性脱毛症」という呼び方でも広く知られています。

通常は加齢で薄くなりますが・・

通常であれば、加齢によって髪が徐々に薄くなります。

60歳~70歳あたりから髪が薄くなる「老人性脱毛症」は、老化による「血行不良」や「毛乳頭の衰え」が原因で起こる、年相応の老化現象です。

しかし「若ハゲ」は、20~30代という若い年齢で薄毛が進行してしまう脱毛症で、早い人では10代から発症します。

【若ハゲ】の悩みや精神的苦痛

若ハゲの精神的苦痛

若ハゲが進行すると、人生においてかなりのハンデを背負ってしまいます。年齢が若いだけに、悩みも大きいです。

加齢による薄毛で悩んでいる人もいらっしゃいますが、「若ハゲ」の悩みの度合いはそれの比ではありません。周りの友人はフサフサな中で、自分だけが薄くなってしまうのはとても辛いことです。

若ハゲの悩みを抱えている人は、マイナス思考になってしまい精神的にとてもつらい思いをするケースが多いです。

    若はげに悩む人の意見
  • 人を見るとき、まず髪の毛を見てしまう
  • 髪の話題になると逃げたくなる
  • 禿げてない人を見ると、ただそれだけで人生の勝ち組に見える
  • 自分に自身がなくなる
  • 恋愛に奥手になる
  • ハゲてなければ何でもできるのに!と考える
  • 髪の毛がある人がうらやましくて仕方がない!
  • はげについて考えない日がない
  • 自分より髪の薄い人を見るとうれしくなる
  • なにをやっても楽しくない

若ハゲに悩んでいる人で、「自分はハゲだ!」と胸を張って生きるのはとても難しいことです。年齢が若ければ若いほど悩みは深くなります。

まわりの親切や気遣いも、時には苦痛に

若ハゲに悩み出すと、家族や友人からのアドバイスや励ましも、時には辛く感じることがあります。

  • 「スキンヘッドにすればいい」
  • 「そんなに気にすることないよ」
  • 「まだ大丈夫!」

若ハゲに悩んでいるからといって、スキンヘッドや坊主にするのはかなりの勇気が必要です。そして、坊主やスキンヘッドにしても髪が増えるわけではありませんので、悩みはなくなりません。

  • 「スキンヘッドにすればいい」 → かなりの勇気が必要 → 結局できない
  • 「そんなに気にすることないよ」 → 悩んでいるから気にならない訳がない
  • 「まだ大丈夫!」→大丈夫ではない

「気にしなくていい」「大丈夫」などの気遣いの言葉も、現在進行形で若はげに悩んでいる本人からすれば、「自分じゃないから言えるんだ」と感じてしまいます。

【若ハゲ】の原因

若ハゲの原因

AGA(男性型脱毛症)

若ハゲの原因=AGAと言っても過言ではありません。

AGAの種類思春期~20代は、成長ホルモンの分泌が盛んな時期でもあり、男性ホルモンの分泌が盛んになります。

男性ホルモン(テストステロン)には、直接脱毛を促進する作用はありませんが、脱毛物質「DHT」の生成に深く関係しています。

AGAになると、髪の「成長期」が短縮される

AGAとは、「DHT」の作用によって、髪の毛が成長する期間(成長期)が短縮され、毛が成長途中で抜けてしまう脱毛症です。充分に成長する前に抜けてしまいますので、全体的に細く短い毛の割合が増えて、薄く見えてしまいます。

その他(AGA以外)の若ハゲを進行する要因

生活習慣

AGAによる若はげの進行を早める要因として、不規則な生活、睡眠不足や偏食、ストレス過多などがあります。

睡眠不足

睡眠中には髪を成長させる「成長ホルモン」が分泌します。この成長ホルモンは、90分ごとに訪れる「深い眠り」のときに分泌されるため、睡眠時間が短いと成長ホルモンの分泌が正常に行われず、若はげの進行を早めてしまう可能性があります。

ストレス

ストレスを感じると血管が収縮してしまいます。頭皮の血行が悪くなってしまいますので、毛乳頭に栄養をスムーズに届けることができなくなります。

偏食

タンパク質のもとであるアミノ酸のうち、9種類は体内で生成することができないため普段の食事から摂取するしかありません。これらの必須アミノ酸を効率よく摂取するためには、肉や魚、卵などをバランスよく食べることが大切。

さらに育毛にとても大切な栄養素である亜鉛も食事からの摂取が主ですので、偏食は薄毛の要因といえます。

ただし、脂質の取りすぎは頭皮の皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性がありますので、取り過ぎは要注意です。

角栓様物質による毛穴詰まり

頭皮の毛穴から排出される身体の老廃物や、頭皮のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)によって発生する毛穴の中の古い角質が皮脂と混ざることで「角栓様物質(かくせんようぶっしつ)」となり毛穴をふさぎます。

毛穴に栓がされた状態ですので、分泌された皮脂が毛穴の中にたまり、ヘアサイクルの乱れを引き起こし、抜け毛が増える原因になります。

【若ハゲ】の今やるべき対策方法

若ハゲの対策方法

まずは基本!生活習慣の見直し

生活習慣の見直しは今すぐにでもできる対策ですので、今日からでも始めましょう。

ただし、生活習慣を見直すだけでは若ハゲを治すのは難しいことも事実。

生活習慣の見直しだけではAGAを治すことはできませんが、「髪が生えやすい頭皮環境作り」には役立ちますので、

  • AGAの改善率を高める
  • AGAの進行を遅くする

ことは可能です。「AGA対策」の効果を高めるために、できることから改善していきましょう。

それでは、若はげに有効な2つの「AGA対策方法」をご紹介します。

方法1. AGA治療薬

薬若ハゲの原因である「AGA」に最も効果的とされているのがAGA治療薬です。

AGA治療薬は、その名の通りAGAを治すための薬です。服用することで、医学的に若はげを治すことができます。

改善率はとても高く、約80~90%とされていますが、改善スピード(どれくらいの期間がかかるか)や、改善率(どれくらいまで改善するか)は個人差があり、万人に大きな効果があるわけではありません。

AGA治療薬は「処方」がベスト

AGA治療薬には、いくつかの種類があります。自分にはどのAGA治療薬が最適なのかを知ることで、改善率はさらに高くなりますが、実際に飲んでみないと自分で判断することはできません。

副作用のリスクも報告されていますので、しっかりとした医療機関で処方してもらうのがベストです。

AGA専門のクリニックがオススメ

クリニックAGA専門のクリニックでは、無料でカウンセリングを受けることができます。

頭皮の診断をしてもらったり、自分に適したAGA治療薬を処方してもらえます。

病院や皮膚科でもAGA診断を実施している所もありますが、色々な症状を幅広く診ている医師よりも、AGAを専門にしている医師のほうが信頼性が高いです。

方法2. AGA用の育毛剤も○

AGAの原因「5αリダクターゼ」のはたらきを阻害する成分が配合されている育毛剤が有効です。

注目すべき成分は、

  • オウゴンエキス
  • ヒオウギエキス
  • ノコギリヤシ(サプリ)
  • 亜鉛(サプリ)

の4つです。

以下でご紹介する2つの育毛剤は、上記4つの成分がすべて配合されています。

イクオス+サプリ

イクオス+育毛サプリメント 内容量
120ml+90粒

定期価格
6,980円

チャップアップ+サプリ

チャップアップ+育毛サプリメント 内容量
120ml+120粒

定期価格
9,090円

若ハゲは早めの対策が大事!

誰でも好んで若ハゲになっているわけではありませんし、まさか自分が若いうちに禿げるとは信じたくはありませんよね。

しかし、無情にも若はげはどんどん進行します。見て見ぬふりをして対策を後回しにすると、きっと後悔します。

若ハゲは、年齢が若いほど改善しやすいので、早く対策できるかどうかが重要。

対策を始める年齢で、「若ハゲの改善率」や、「改善スピード」に差が出ますので、真剣に検討してみることをオススメします。

このページの先頭へ