頭皮の老廃物や角栓は、薄毛(はげ)の原因です

汗をかいたまま放置したり、蒸れたりした頭皮にはフケなどの老廃物がたまりやすく、それを放置しておくと、薄毛やはげが進行してしまう可能性があります。

頭皮を不潔にしていると髪の毛に悪いというイメージはありますが、それはどのような理由からでしょうか。

老廃物や角栓と薄毛の関連性

体内の老廃物は通常、尿や便、汗となって体外に排出されますが、それでも排出されなかった老廃物は頭皮下に溜まります。その老廃物が皮脂と混ざると角栓と呼ばれる油のようなものになります。

この角栓によって毛穴が詰まってしまうと、毛根は呼吸が妨げられ弱ってしまうため抜け毛の原因となります。

頭皮の汚れ察知して、清潔に

老廃物や角栓が酸化すると匂いの原因ともなります。このような状態は、頭皮が汚れているサインですので、頭皮をしっかりと洗い清潔に保つよう心がけましょう。

角栓を取り除くことで、髪が生えやすい頭皮環境になりますが、皮脂の落としすぎは要注意です。当サイト内では、「洗髪のしすぎがハゲの原因」「刺激の強すぎるシャンプーがハゲの原因」のページで皮脂の落としすぎとハゲの関係について説明していますので参考にしてください。

また、正しい洗髪方法も紹介しておりますので、ぜひ実践してください。

このページの先頭へ