頭皮の老廃物(角栓)はハゲの原因?

フケに悩む男性老廃物とは、体内で生成される「不必要なもの」です。

便も栄養や水分を体内に取り入れた後に残る老廃物の一つで、私たちが生きていく上で、必ず体内に生成されます。

通常、老廃物は汗や尿、糞便に混じって排出されますが、排出しきれなかった老廃物は頭皮の毛穴からも排出されます。

老廃物が頭皮の皮脂と混ざると、「角栓」になって頭皮下に溜まります

「角栓」は、薄毛の原因

角栓排出しきれなかった老廃物が、頭皮下で角栓になると、毛穴が詰まってしまいます。

毛穴が詰まると、毛根が圧迫されたり、呼吸が妨げられますので、抜け毛が増加したり、髪の毛が弱々しくなってしまう可能性があります。

「角栓」が出来ないようにするには

食生活の見直し

揚げ物をはじめ、油が多い食べ物は、頭皮の皮脂の分泌が増えますので、角栓が出来やすくなります。脂が多い食事は控えるようにして、量も多く食べ過ぎないようにしましょう。

油が多い食事を減らすことで、角栓が減り、髪が元気に育つようになります。

頭皮が蒸れないように心がける

頭皮が蒸れると、皮脂が多く分泌されますので角栓が多く作られます。帽子は、頭皮が蒸れやすいアイテムですので、使うときは要注意です。

頭皮の汚れをはやめに察知

角栓が酸化すると匂いの原因になります。

頭皮の臭いは、頭皮が汚れているサインです。これ以上角栓を増やさないためにも、頭皮をしっかりと洗い清潔に保つよう心がけましょう。

皮脂の落としすぎには注意!

角栓を取り除くことで、頭皮環境をよくすることができますが、皮脂の落としすぎは要注意です。

皮脂を落としすぎると、身体が足りなくなった皮脂を補充するために、皮脂を過剰に分泌します。皮脂を落として角栓の予防をするはずが、逆に角栓が多くできてしまう原因になりますので、程度に落とすことが重要です。

当サイト内で、皮脂を適度に落とすための「正しい洗髪方法」も紹介しておりますので、ぜひ実践してください。

皮脂の落としすぎとハゲの関係については、「洗髪のしすぎがハゲの原因」「刺激の強すぎるシャンプーがハゲの原因」のページでも解説していますので参考にしてください。

このページの先頭へ