【はげの予防や対策方法】マイナスを減らして、プラスを増やそう!

洗髪する男性日常生活でできる「はげの予防や対策」はたくさんあります。

ただし、男性の薄毛のおよそ9割を占める「AGA(男性型脱毛症)」は、日常的な予防や対策だけでは改善が難しいことを知っておく必要があります。(AGAについて詳しく

しかし、日常的に髪にプラスになることを増やすことによって、

  • 薄毛の進行スピードを緩める
  • 薄毛改善のスピードや、改善率を高める

ことは可能です。日常の生活で発毛の妨げとなっているマイナスの要素を見つけ出し、それをひとつずつ改善したり、プラスの要素を与えてあげましょう。

まずは基本!生活習慣の見直しから

悪しき生活習慣の見直はとても地味ですが、ハゲ対策の第一歩です。できることから、ひとつひとつ改善していきましょう。

食生活を見直そう

食生活イメージ偏食は薄毛の原因の一つであることはご存じの方も多いと思います。

偏食は避けて、食事からなるべく多くの髪や頭皮に良い成分を摂取するように心がけましょう。1日3食たべると、1年間で1000食以上になり、この1回1回の食事に気を配ることで、将来大きな差となってきますので軽視は禁物です。

禁煙しよう

禁煙イメージ百害あって一理なしとはよく言ったもので、「不健康になる」「お金がかかる」「ヤニで歯が黄色くなる」など、害はすぐ思い浮かびますが、メリットは特にありません。

おまけに副流煙で周囲にまで迷惑をかけることもありますので当然やめたほうがいいのは明白です。

ニコチンは血管を収縮して血行を悪くしますので、毛根に栄養を運ぶ血液の流れも悪くなってしまいます。

頭皮は畑、栄養は肥料、髪は作物と考えると、栄養が届かなくなった髪の毛は育ちが悪くなるのは自明の理。「分かっちゃいるけどやめられない」という気持ちは分かりますが、ハゲ改善のためにもスパっとやめちゃいましょう。

充分な睡眠をとろう

睡眠イメージ寝ている時間は、髪を作る時間でもあります。メンテナンスの時間が足りないと必然的に髪に悪影響が出てきます。

質の良い睡眠を心がけ、時間も充分にとることが大切です。お肌と同じように、夜10時から夜中2時までは「髪のゴールデンタイム」と呼ばれ、髪の再生が活発な時間帯ですので、できるだけこの時間に睡眠をとるようにしましょう。

ストレスをこまめに発散しよう

ストレス発散イメージ皆さん一度は「ストレスが多いとハゲる」という言葉を聞いたことがあると思います。

ストレスが溜まると、交感神経が刺激されて神経のバランスが崩れてしまいます。そして自律神経の乱れを引き起こし、血管が収縮して血行不良になってしまいます。

栄養を運搬する血液の流れが悪くなってしまうことで、毛根に栄養が届かなくなり孟母細胞の活性を妨げてしまうのです。

また、ストレスが引き金になって円形脱毛症(一部の髪の毛がごっそりと抜け落ちる)になってしまうことも有名です。このように、ストレスと禿げは深い関係にありますので、ストレスは適度に発散して、溜めこまないように心がけましょう。

適度な運動を心がけよう

適度な運動運動は健康にもよく、ストレス解消にもなりますし、全身の血行が良くなります。

キツイ運動はする必要はありませんので、ウォーキングや軽いジョギングなど、適度な運動を毎日の生活に取り入れるように心がけましょう。

AGAの原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」は、汗からも排出されますので、AGA対策にもなります

正しいヘアケア・スカルプケア

正しいヘアケアを続けることで、髪が生えやすい頭皮環境づくりや、髪そのものの健康に影響します。

頭の洗い方

洗髪イメージ間違った洗い方をしている人も多く、それがはげの原因になっている可能性があります。

頭皮と髪にいい洗い方がありますので、洗髪方法を改めましょう。

毎日洗うからこそ、より早く正しい洗い方を習慣にすることがハゲの予防や対策になります。

頭皮マッサージ

頭皮マッサージイメージ健康な頭皮は厚みがあり、弾力がありますが、髪が薄い人の頭皮は硬くなっています。(頭皮の硬さチェック方法はこちら

頭皮を指で押してみて、薄っぺらく張っているような感じがしたら、爪を立てずに、頭全体を揉むようにやさしくマッサージをしましょう。

髪を育てるための畑を耕すイメージで、毎日ていねいに続けることによって血行が促進されて頭皮が柔らかくなります。

シャンプー

シャンプーイメージシャンプーの目的は、頭皮の汚れや皮脂を落とすことです。

ドラッグストアなどで市販されているシャンプーの中には、香りやツヤを意識して開発されたものも多いです。

頭皮への刺激が強すぎるシャンプーや、洗浄力が強すぎるシャンプーは、使い続けると抜け毛の原因になってしまうリスクがあります。

洗髪方法のページでも説明していますが、髪の汚れは水洗いでもほぼ落ちますので、頭皮の油を落としすぎずに適度に落としてくれるシャンプー選びが重要になってくるのです。

育毛剤

育毛剤イメージ育毛剤の用途は大きく分けると2つあります。

1つ目は、頭皮に栄養を補給することで、薄毛の予防を目的とする育毛剤。

もう一つは、AGA対策を目的とした育毛剤です。AGAによる薄毛を改善したいなら、AGAの原因であるDHTの生成を妨げる成分が配合されていなければ効果がありません

同じように見える育毛剤でも、配合されている成分によって「血行促進」「栄養補給」「AGA対策」など、用途が違いますので、自分の目的に合ったものを選ぶことが重要です。

原因がAGAなら要注意!

はげの原因がAGAの場合は、生活習慣の改善だけでは不十分です。AGAの進行スピードを和らげることはできても治すことはできません。

AGAを克服するためには、「AGA治療薬」や「AGA育毛剤」などのAGA用の対策が必須です。

また、自分の「AGAレベル」に合わせて「3ステップで分かるAGA対策」も掲載していますので、お役立てください。

AGA対策3STEP解説

このページの先頭へ