髪の洗い過ぎは、薄毛(はげ)の原因になります

洗髪ハゲを気にしている人の中には、頭皮を清潔にしようと頭を念入りに洗う人も多いと思います。

たしかに頭皮を清潔に保つことは大切ですが、洗髪の方法次第では、逆に薄毛の原因になってしまいます。

洗髪と薄毛の関連性

頭皮からは皮脂が分泌されます。この皮脂の分泌が多すぎると、頭皮の老廃物と結びついて「角栓」となり、毛穴が詰まってしまいます。毛穴が詰まると、髪の毛の成長を妨げてしまいますので、抜け毛の原因となります。

しかし、皮脂には皮脂には頭皮を紫外線などの外的刺激から守る働きもありますので、皮脂が少なくなりすぎると、私たちの体は足りない皮脂を補充するために一生懸命分泌しようとします。

そのため結果として皮脂が過剰になってしまうのです。頭を洗い過ぎると、頭皮の皮脂が取れ過ぎてしまい皮脂が過剰分泌されるため、結果的に薄毛の原因となるわけです。(これは、当サイト内で紹介している「刺激の強いシャンプーがハゲの原因」と同じ理由です。)

また、頭皮の血管はとても細いので、頭皮をゴシゴシこすってしまうと、頭皮を傷つけたり、頭皮の血管が炎症を起こしてしまう可能性があります。そうすると頭皮の血行が悪くなってしまいますので、毛根に栄養がいきわたらなくなって薄毛の原因になってしまいます。

頭皮を刺激しすぎない洗い方で、適度に皮脂を落とすことが重要なのです。

正しい洗髪を継続することが大切

洗髪の回数は、1日1回夜のみで十分と言われています。汚れを落として皮脂を適度に落とす洗い方を1日1回実践するようにしましょう。ハゲ対策は毎日の積み重ねがとても重要ですので、軽視したり、面倒くさがったりせずに継続しましょう。

当サイトでも、正しい洗髪方法を紹介していますので、ご覧下さい。

このページの先頭へ