紫外線に長時間髪や頭皮をさらすのは、薄毛(はげ)の原因

薄毛やはげの原因としてはあまり認識されていないかもしれませんが、実は紫外線も頭皮に悪影響を与える存在と考えられています。

夏、さんさんと降り注ぐ太陽のもとで長時間過ごすと、頭皮には思わぬダメージが蓄積されてしまいます。もちろん、すぐにハゲになってしまうわけではありませんが、ダメージが蓄積され続けると、将来薄毛になってしまうリスクが高くなります。

紫外線と薄毛の関連性

紫外線は、浴びる時間が極端に短いとビタミンDの欠乏を起こし骨軟化症などの病気の原因になることもあります。しかし、浴びすぎると皮膚や目だけではなく、頭皮や頭髪にも悪い影響を与えてしまいます。

私たちの毛髪は、「キューティクル」によって守られています。キューティクルは1ミクロンの厚さしかありませんがとても丈夫です。しかし、紫外線を長時間浴びるとキューティクルが乾燥して毛髪から剥がれてしまいます。すると毛髪が弱くなり、薄毛が進行しやすくなります。

また、紫外線が皮膚に影響を与えるということは、当然頭皮にも悪影響を与えます。皮膚が日焼けをするように、紫外線を浴びすぎた頭皮は乾燥し、毛根に必要な水分を確保できなくなります。

秋に抜け毛が多いと言われるのは、夏場に頭皮に浴びた紫外線のダメージが、秋に抜け毛として表面化してしまうためと言われています。

当サイト内で、ハゲと季節の関係を紹介していますので、こちらも参考にして下さい。

紫外線対策はどうすればいい?

それほど神経質になる必要はありませんが、極力紫外線を浴び続けないように意識することから始めましょう。

最近では、「今日の紫外線情報」のようなコーナーで、どれくらい紫外線が強いのかを教えてくれる朝のニュース番組も多いのでチェックするのもいいと思います。紫外線が強い日には長時間日差しにさらされないようにこまめに日陰に移動したり、帽子をかぶるなどの対策が有効です。

このページの先頭へ