頭皮をチェックしてハゲの予防・対策の的を絞りましょう

ハゲが気になりだしたら、頭皮をチェックしてみましょう。髪の毛を作物にたとえるなら、頭皮は畑です。頭皮の状態をじっくりと観察することで、ハゲの兆候をいちはやく察知することができますし、より的を絞った対策をすることができます。

頭皮の硬さをチェック

指を頭皮に当てて軽く押してみてください。そしてゆっくりと左右に動かしてみましょう。
どうでしょうか。硬い感じはしませんか?

健康な状態の頭皮は、やわらかく厚みがあるのですが、血行が悪いと頭皮が硬くなってしまいます。チェックして薄く硬い感じがしたら、毎日頭皮をマッサージしてあげましょう。

フケやかゆみをチェック

フケ・かゆみイメージ頭皮が痒かったり、フケが多い場合は、何らかの原因で皮脂の分泌が盛んに行われている状態と考えられます。フケをチェックして乾いているなら、頭皮が乾燥していますし、湿っているようであれば頭皮の皮脂の分泌が多いと考えられます。痒いからといって頭皮をかいて傷つけないように注意しましょう。

このような場合は、毎日のヘアケアを見直してみることが大切です。シャンプーで皮脂を取りすぎると、逆に過剰分泌を招く恐れがあります。頭皮のふけやかゆみの原因の多くは日常のヘアケアを見直すことで改善します。刺激が強すぎないシャンプー選びと、髪の洗い方がカギとなってきます。

鏡で頭をチェック

鏡を毎日見ていると、ゆっくりと進行していく薄毛には気が付きにくいものです。特につむじは前からは見えにくいので、ある日突然人から指摘されてショックを受けるといったケースも少なくありません。ハゲを気にしだすと鏡から目を背けたくなるものですが、それは間違いです。

時間があるときに鏡を使ってじっくりと自分の頭を見てみましょう。早くハゲの進行を察知すれば、それだけ早い対策をすることができます。じっくりと頭を観察して、どのような状態(はげの種類やタイプ)か知ることで、自分にとってベストな対策法を実行できるのです。

おでこの広さを知っておこう

生え際チェックも重要です。毎日鏡を見ていると、じわりじわりと後退する生え際には気が付きにくいのですね。そしてあるとき「あれ!?生え際やばい?」みたいなことになってしまうのです。困ったことに、これは本当によくある話ですので他人事と思わずにチェックしておきましょう。

チェック方法は、自分の額の広さを知っておくことから始めましょう。たとえば、眉毛から生え際までの額の広さや、おでこのシワから生え際までの距離です。実際に指を当てて、指が3本分といったように距離を知っておくことで、生え際の後退を早めに知ることが出来ます。ホクロなどがあれば目印にしましょう。

このページの先頭へ