ハゲに効果的といわれる育毛成分を紹介

ハゲの対策として欠かせない育毛剤や、育毛シャンプーに配合され、育毛を促進すると考えられている9種類の成分を紹介します。

キャピキシル

エビネキャピキシルは、アカツメクサ花エキスと、アセチルテトラペプチド-3をミックスした新しい成分です。その育毛効果がミノキシジルを大きく超えると発表され注目されています。

エビネエキス

エビネエビネエキスは「エビネ蘭」というラン科の植物から抽出されるエキスで、血行促進や抗菌効果が期待できます。

平成9年の薬学会で、育毛効果のある新規物質として発表された成分です。

イチョウ葉エキス

イチョウの葉イチョウ葉エキスは、現在国内の多くの健康食品に配合されています。

毛細血管の血流を改善する効果が期待できますので、育毛剤にも配合されることが多い成分です。

ヒオウギエキス

ヒオウギイソフラボン誘導体が豊富なヒオウギエキスは、5αダリクターゼの活性を低下する働きがあります。AGA(男性型脱毛症)の改善に有効と考えられており、さまざまな育毛商品に配合されている注目の成分です。

センブリエキス

センブリセンブリは体に取り入れることで毛細血管の流れが良くなり、血流の改善に効果を発揮します。また、頭皮に直接添付すると、頭皮の血流を促進する効果がありますので、育毛剤に配合される成分で有名です。

オウゴンエキス

黄金花オウゴンエキスは抗菌、抗炎症、抗アレルギーなどの作用が確認されています。

また、脱毛物質の生成を抑制する働きがありますので、育毛成分として数多くの商品に配合されています。

甘草エキス

甘草甘草エキスはマメ科の植物である甘草(かんぞう)の根・茎から抽出される粘り気のある成分です。抗炎症などの作用があり、スカルプ製品に多く配合される有名な成分です。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシヤシ科の一種であるノコギリヤシは、5αリダクターゼの働きを阻害する効果が認められており、脱毛物質への変換を抑制することで育毛効果が期待できます。

ミレットエキス

ミレットミレットエキスはキビの一種であるミレットから抽出され、髪を構成する元となるたんぱく質である「シスチン」を豊富に含んでいるため、育毛に効果的と考えられている成分です。

このページの先頭へ