【ノコギリヤシ】効果や安全性は?

ノコギリヤシノコギリヤシ(鋸椰子)はアメリカの南西部固有のヤシの一種で、大西洋岸平野からメキシコ湾岸に見られます。葉と茎を接続している小さな柄(葉柄:ようへい)に細かく鋭い棘が多く生えていることから「ノコギリヤシ」という名前が付けられました。

果実は脂肪酸やフィトステロールに富み、人や野生動物の食料となっています。その果実からの抽出物は前立腺肥大症の治療薬として注目を集め、現在も研究が続けられています。

前立腺肥大症や、それにともなう尿トラブルの治療薬としては、世界中で臨床実験が行われ確認されているノコギリヤシですが、近年、抜け毛の予防や、育毛にも高い効果があると話題になり、はげ対策関連商品に多く配合されています。

ノコギリヤシの育毛への効果はまだ研究段階なのですが、ハゲに悩んでいた男性が、実際に毛が生えてきたという実例も多数報告されており、いずれは効果が認められる成分と考えられています。

ノコギリヤシの効果

5αリダクターゼの生成を抑制

男性のハゲが進行してしまう原因で多くを占めるAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼと呼ばれる酵素と結びつくことで、DHT(ジヒドロテストステロン)という脱毛物質が生成されることが原因です。

それを考えると、冒頭でノコギリヤシは前立腺肥大症の治療薬として認知されているとお伝えしましたが、この前立腺肥大症の原因には5αリダクターゼの生成が大きく関係しているため、生成を抑制することで、AGAの予防にも効果を発揮すると言われています。

もとは違う目的で使用されている成分ですので、はげの改善はいわばうれしい副作用と考えることができますね。

ノコギリヤシの安全性

また天然由来成分なので、深刻な副作用は今のところ報告されていませんが、嘔吐・下痢・頭痛などがまれに現れることがあるとの報告もあるようです。使用して、万が一自分の体質に合わない場合は早急に使用を止めてください。

多く服用しても育毛効果が劇的に改善するわけではありませんので、用法・摂取量を必ず守りましょう。

このページの先頭へ