ザガーロ

ザガーロはイギリスのグラクソ・スミスクライン社が製造しているAGA治療薬です。もとは、「アボルブ」という前立腺肥大症の治療薬でしたが、2015年9月にAGA治療薬としてはじめて承認され、2016年6月に「ザガーロ」として治療用に発売されました。

今ではプロペシアを筆頭に、とても多くの種類のフィナステリドがありますが、ザガーロは「デュタステリド」という主成分ですので、フィナステリドとは別物です。

主成分がザガーロと同じデュタステリドのAGA治療薬には「アボダート」がありますが、アボダートは日本ではAGA治療薬として承認されていないため、病院やクリニックでの処方はザガーロのみとなります。

ザガーロの効果

プロペシア:5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬
ザガーロ:5α-還元酵素Ⅰ型Ⅱ型阻害薬

5α-還元酵素Ⅱ型は、主に「生え際」や「頭頂部」など、体の中の限られた箇所の毛乳頭の中に存在している酵素で、5α-還元酵素Ⅰ型は、体中の皮脂腺に存在している酵素です。

ザガーロは5α-還元酵素Ⅱ型だけではなく、Ⅰ型も阻害効果が認められていますので、フィナステリドの上位互換のAGA治療薬といえます。

プロペシアやフィンペシアなどのフィナステリドでいまいち効果を感じることが出来なかった人でも、ザガーロを服用して劇的に髪が増えたという報告も多いようです。

ザガーロの副作用

主な副作用として、リビドー(性的欲望)の減退、勃起不全、精液量の減少などがまれに起こるようです。

プロペシアなどのフィナステリドと主な副作用は同じですが、国内の臨床試験時にフィナステリドの約3倍の副作用が報告されていますので、使用時に異変を感じたら服用をストップしたり、医師に相談するなど、細心の注意が必要です。

ザガーロの価格

ザガーロ0.5mgを1ヶ月分(30カプセル)で、約8,000円~10,000円です。

処方されるクリニックによっても価格に違いがありますが、一般的にはプロペシアより高価なAGA治療薬になります。

飲み方・摂取量

1日1カプセルをいつ飲んでもOKです。多く摂取しても効果は変わらず副作用のリスクが高まるだけですので、摂取量は厳守しましょう。

24時間間隔での服用が望ましいです。

ザガーロ服用時の注意点

服用後は6ヶ月献血できない

プロペシアと同じく、服用中は献血することはできません。大きな違いとしては、プロペシアが服用をやめたあと1ヶ月間献血できないのに対して、ザガーロは半年間献血することができませんので注意が必要です。

女性や小児、肝障害がある人は飲まないように

他のフィナステリド同様、女性や、小児、肝障害がある人は飲んではいけません。パートナーが身近にいる場合は、しっかりとリスクを伝えるか、目の届かないところに保管しましょう。

特に妊娠中の女性は、生まれてくる子供の性器に悪影響がでる可能性がありますので、薬に触れることも危険です。妊娠中の女性が身近にいる場合は、薬を切って飲んだり、パッケージからだして裸置きしないように細心の注意を払いましょう。

カプセルが大きい

錠剤のプロペシアと比較すると、カプセルのザガーロは数倍の大きさがあります。大きな薬を飲むのが苦手な方は、毎日苦痛になるかもしれません。

プロペシア:直径約7mm、高さ約3mmの円形
ザガーロ:直径約19mm、高さ約7mmの楕円形

ザガーロの購入方法

同じ成分の「アボダート」や、ジェネリック(後発)の「デュプロスト」「デュタス」「デュタプロス」などは、個人輸入でも購入できますが、ザガーロは病院やクリニックの処方となります。

ちなみに・・「デュタプロスト」「デュタス」などはインド製。インドは日本やアメリカとは違って医薬品の特許がないため、主成分が同じであれば、政府機関の承認を得なくても後発医薬品として販売できるのです。

そのため、ジェネリック製品は、日本で認可されている「ザガーロ」と比較すると、安全性に疑問が残ります。ただでさえ副作用が懸念されている「デュタステリド」ですから、日本国内の病院やクリニックで処方してもらった方が良さそうですね。

当サイトで紹介しているクリニックの中では、AGAスキンクリニックとルネッサンスクリニックでザガーロを処方してもらえます。

このページの先頭へ