ミノキシジル

ミノキシジルとは、高血圧を治療する医薬品として開発された成分のことです。

1960年代にアップジョン社(現在のファイザー社)が開発し、高血圧の治療薬として用いられていましたが、服用した患者に多毛症の症状が見られたことから、1980年代にはハゲの治療薬として製造・販売されるようになりました。

フィナステリド同様、FDA(米国食品医薬品局)によってAGA治療薬として正式に認可されており、世界各国で薄毛の治療に役立てられています。

なお、フィナステリドは内服薬として活用されることがほとんどですが、ミノキシジルは外用タイプと内服タイプの2種類がラインナップされており、用途や症状に応じて使い分けられるところが特徴です。

ミノキシジルの効果

血行促進による発毛促進

ミノキシジルには体内の血管を一時的に拡張させるはたらきがあります。

そのため、高血圧症の患者には血圧を下げる効果がありますが、はげ治療用として少量を摂取した場合、血行が改善される効果が期待できます。

髪の毛は血液が運んでくる酸素や栄養素によって発毛・育毛する仕組みになっているため、血液の流れが改善されることで、薄毛部分から新たな髪が生えてくるようになります。

内服薬なら「Uはげ」や「M字はげ」にも有効

AGAの症状は大きく分けて頭頂部が薄くなるO字ハゲと、生え際が後退していくUハゲ、M字ハゲに分類されます。

このうち、UハゲやM字ハゲは抜け毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響を受けやすいため、O字ハゲよりも改善するのは難しいとされています。

そのため、外用タイプのミノキシジルではM字ハゲを克服するのは困難なのですが、内服タイプのミノキシジルは効果が非常に強いため、生え際から後退するタイプのAGAの改善にも役立つと言われています。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用発症率はそれほど高くありませんが、人によっては皮膚や体調などに異常があらわれることがあります。

特に外用タイプの場合、プロピレングリコールと呼ばれるアルコール基剤が含まれており、アレルギー反応によって皮膚にかゆみやかぶれ、湿疹、赤みなどの症状が出ることがあります。

また、ミノキシジルで血液の流れが速くなったぶん、顔や全身にほてりが出たり、めまいを起こしたりすることもあるようです。

いずれの症状もしばらくすればおさまりますが、胸の痛みや手足のしびれ、動悸など気になる症状が現れた場合はただちに使用を中止し、かかりつけの医師に相談することが大切です。

ミノキシジルの価格

ミノキシジルの販売価格は治療薬のタイプや商品などによって大きく異なります。

外用タイプの価格

外用タイプのミノキシジルはいくつかありますが、日本で唯一認可されているミノキシジル育毛剤「リアップ」シリーズの場合、種類によって1本あたり4000円~8000円程度と大きな幅があります。

一方、世界初のミノキシジル系外用薬である「ロゲイン」シリーズでは、1本あたりの値段は2000円台~3000円台と比較的安価です。

育毛剤や、ローションはそれぞれミノキシジル7%、15%など含有量に差があり、一般的には多く含まれている方が価格が高くなります。

内服タイプの場合

内服タイプのミノキシジルには、もともと高血圧治療薬として用いられていた「ロニテン」と、そのジェネリック医薬品である「ミノキシジルタブレット」が一般的です。

ロニテンは先発医薬品だけあって値段が高く、100錠あたり10000円程度するところがほとんどです。

一方、ミノキシジルタブレットは同量でも5000円~8000円程度に値段が抑えられており、コストパフォーマンスが高いところが特徴です。個人輸入代行を利用すればさらに安くなり、ミノキシジル5mg×100錠で3000円程度、ミノキシジル10mg×100錠で3500円程度で入手できます。

ミノキシジルの飲み方・摂取量

ミノキシジルの使い方は外用タイプと内服タイプでそれぞれ異なります。

外用タイプ

1日2回(朝晩)、1mlずつを頭部全体に塗ってなじませます。

朝はそのままでかまいませんが、夜はできればシャンプー後、頭皮が柔らかくほぐれている状態で使用するとより効果的です。

また、塗る時は頭皮マッサージを行うと、成分の浸透率が高くなります。

内服タイプ

1日1錠を水と一緒に飲用します。

成分含有量が多いほど効果は高まりますが、そのぶん副作用リスクも高くなるので、最初のうちは5mgタイプのものから摂取し始めるとよいでしょう。

ミノキシジルの購入方法

現在のところ、日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品は未発売となっていますが、1999年より、大正製薬が一般用医薬品としてミノキシジル成分を1%含んだ「リアップ」シリーズの発売を開始しました。

リアップシリーズは国内の薬局やドラッグストアなどで取り扱っており、薬剤師が常駐しているお店であれば簡単に購入することができます。

一方、ロゲインやミノキシジルタブレットといった海外製のミノキシジルの場合は、個人輸入代行業者などを利用して海外から取り寄せる必要があります。

現在はインターネットが普及しているので個人でも簡単に海外の医薬品を購入できますが、信頼できるサイトを選ばないとニセモノを買わされる可能性があるため、お店選びは慎重に行うようにしましょう。

当サイトでは、信用できる輸入代行業者として「オオサカ堂」をオススメしております。


オオサカ堂のミノキシジルタブレット5mg(MinoxidilTablets) 1本
※↑の画像をクリックするとオオサカ堂に移動します。

オオサカ堂の公式サイト内で、2.5mg、5mg、10mgの3タイプ選べます。効果や詳しい用法も記載されていますので、ご参照ください。

このページの先頭へ