AGAのセルフチェック方法

自分がAGAかどうかは、薄毛に悩む人なら誰しも気になりますよね。

一番確実な方法は、病院やAGAクリニックの診断を受けることですが、病院やクリニックに通う時間が無い人や、医師に診てもらうことに抵抗がある人もいらっしゃると思います。

このページでは、自宅でできるAGAセルフチェック方法をご紹介します。

  • →MSDの簡易セルフチェック
  • 遺伝子検査キット
  • MSDの簡易セルフチェックを利用

    MSD(旧:万有製薬)が提供する、AGAセルフチェックを利用すれば、簡易AGAチェックを受けることができます。AGAの9つの特徴についての各項目にYESかNOで答えるだけですので1~2分で終わりますので簡単です。

    診断結果では、以下の3パターンのどちらかが表示されるかなり簡易的なチェックですので、信頼度は高くはありません。

    診断結果は以下の3パターン。

    • 今のところAGAの特徴はみられません。
    • 遺伝的素因により将来AGAになる可能性がありますが、まだAGAの特徴はみられません。
    • AGAの可能性があります。

    ちなみに1項目以上チェックすると、ほとんどが「AGAの可能性あり」になりますので、あくまで参考までにしましょう。

    AGAセルフチェック/MSD (※クリックするとMSDのページを開きます。)

  • MSDの簡易セルフチェック
  • →遺伝子検査キット
  • 遺伝子検査キットを利用

    AGAドックで遺伝子を調べることで、AGAが発症するリスクや、フィナステリド(AGA治療薬)を使用したときの効果を予測してくれます。

    両頬の内側の粘膜を付属の採取して送るだけで2~3週間で結果が送られてきます。価格は12,600円と高いので、利用する場合はよく考えてからにしましょう。


    ↑AGAドックの詳細は、公式サイトをご覧ください

    このページの先頭へ