AGA治療にかかる費用は?
治療費~医療費控除までわかりやすく解説

AGA治療にかかる費用

いざ「AGA治療」を始めようとしても、実際どれくらいの費用がかかるか分からないままでは、なかなか一歩が踏み出せませんよね。

AGA治療は、どんな治療をするかによってかかるお金が大きく変わります。

治療費の他にも、初診料、血液検査、遺伝子検査など別途費用が発生することも多いので、これからAGA治療を始めようと考えている方は、このページでご紹介する「かかる費用」を参考にして、治療方法選びの参考にしてくださいね。

AGA治療にかかる費用

AGA治療の費用

AGA治療薬にかかる費用

AGA治療で最もポピュラーなAGA治療薬の費用を、

  • クリニック
  • 皮膚科
  • 個人輸入代行

に分けてご紹介します。

クリニックの治療費

クリニックプロペシアを始めいくつかのAGA治療薬を処方しているクリニックが多く、治療薬によって価格が大きく変わります。

大手クリニック2社の費用を例に挙げて、治療費をご紹介します。

AGAスキンクリニックの治療費

業界最大手のAGAスキンクリニックでは、プロペシア、ザガーロ、ファイザー(プロペシアジェネリック)と、様々な有効成分を含むオリジナル発毛薬の「Rebirth(リバース)」を取り扱っています。

それぞれの費用は、

  • プロペシア:初回 4,200円、2回目以降 7,000円
  • ザガーロ:初回 4,800円、 2回目以降 8,200円
  • ジェネリック医薬品「ファイザー」:初回 3,400円、2回目以降 6,000円
  • オリジナル発毛薬Rebirth:内服薬 14,000円、外用薬 14,000円

服用する薬によって、毎月上記の金額がかかります。

さらに、治療を開始する際には、

  • 初診料:5,000円
  • 血液検査:20,000円

が別途必要です。

AGAスキンクリニックで毎月かかる治療費(プロペシア処方)

プロペシアを処方して貰う場合は、

  • 1ヶ月目:5,000+20,000+4,200
    29,200円
  • 2ヶ月目以降
    7,000円

が毎月の治療費となります。

初月の初診料と、血液検査にかかる費用は、無料のときもありますので、そのときを狙えば1ヶ月目の費用をかなり抑えることができます。

ヘアメディカルの治療費

ヘアメディカルでは、「プロペシア」「ザガーロ」「ファイザー」を取り扱っています。処方して貰える治療薬はAGAスキンクリニックと同じですね。金額に多少の差があります。

  • プロペシア錠:1ヶ月分6,500円、3ヶ月分18,500円
  • ファイザー:1ヶ月分6,000円、3ヶ月分17,000円
  • ザガーロ:1ヶ月分9,500円、3ヶ月分27,500円

3ヶ月分をまとめて処方して貰うとすこし安くなりますね。

初回の診察時に、

  • 初診費:5,000円
  • 血液検査:5,000円

かかります。

2ヶ月目以降は月1回の来院で、

  • 毎月の再診費:5,000円
  • 定期血液検査費用(6ヶ月ごと):3,000円

がかかります。

また、ヘアメディカルでは希望すれば「遺伝子検査」を19,000円で受けられます。

遺伝子検査の内容は、

  • アンドロゲンレセプター遺伝子検査19,000円:男性ホルモンに対する感受性を調べることで、AGA治療薬でどれくらいの効果が期待できるかが分かります。
  • AGAリスク遺伝子検査19,000円:フィナステリド(プロペシア)とデュタステリド(ザガーロ)のどちらが適しているかを調べて貰えます。

ヘアメディカルで毎月かかる治療費(プロペシア処方)

  • 1ヶ月目:5,000円(初診費)+5,000円(血液検査)+6,500円(薬代)
    16,500円
  • 2ヶ月目以降:5,000円(再診費)+6,500円(薬代)
    11,500円

  • 6ヶ月目:5,000(再診費)+6,500(薬代)+3,000(血液検査)
    14,500円

遺伝子検査を受ける場合は、1ヶ月目に19,000円をプラスした費用になります。

皮膚科の治療費

皮膚科皮膚科のAGA治療薬は、クリニックより少し高額になります。

基本的に処方してもらえる薬はプロペシアになります。

プロペシアの代金が8,000~9,000円が相場で、診察料は安い皮膚科で1,000円、高い皮膚科で3,000円程度です。

皮膚科で毎月かかる治療費(プロペシア処方)

  • 1ヶ月目:1,000~3,000円(初診料)+8,000~9,000円(薬代)
    9,000~12,000円
  • 2ヶ月目以降:1,000~3,000円(診察料)+8,000~9,000円(薬代)
    9,000~12,000円

個人輸入の治療費

個人輸入個人輸入で自分で輸入したり、個人輸入代行業者を利用すれば格安でAGA治療を始めることができます。

ただし、診察や血液検査がありませんので、副作用がおこってもすべて自己責任

また、プロペシアなどの正規品を扱っていないことも多く、ほとんどが外国製のジェネリック医薬品になります。

費用は安く済みますがリスクが高いので、その点もしっかりと考えなければいけません。

個人輸入代行で毎月かかる治療費

大手個人輸入代行の「オオサカ堂」を例に挙げると、

  • プロペシア(オーストラリア版)
    1ヶ月目以降:4,384円
  • フィナロイド(ジェネリック)
    1ヶ月目以降:2,810円
  • フィンペシア(ジェネリック)
    1ヶ月目以降:2,057円
  • エフペシア
    1ヶ月目以降:2,900円
  • ミノキシジル外用薬(5~17%含有)
    1ヶ月目以降:4,087~5,196円

AGAメソセラピーの治療費

AGAメソセラピーは、クリニックで受けることができます。

大手3社の金額をご紹介します。

AGAスキンクリニックの治療費

Dr’sメソ治療 (AGAメソセラピー):
50,000円(1回2cc)、70,000円(1回4cc)

銀座総合美容クリニックの治療費

ノーニードル育毛メソセラピー:
1回 19,440円

湘南美容クリニックの治療費

毛髪再生メソセラピー:
98,000円(3回)、192,000円(6回)、380,000円(12回)

それぞれ注入する薬液の成分や量により金額に大きな違いがありますが、多くのクリニックではAGAメソセラピー6回を1クールとして推奨しています。

AGAメソセラピー【6回】でかかる費用比較

  • AGAスキンクリニック:300,000円
  • 銀座総合美容クリニック:116,640円
  • 湘南美容クリニック:192,000円

通院にかかる費用も忘れずに

通院する男性

クリニックや皮膚科に通う場合は、バスや電車など移動手段にお金がかかることもしっかり考慮しましょう。

遠くのクリニックが安いからといって、移動費を考えずに通院してしまうと、思わぬ金額になってしまうこともありますので、毎月かかる費用としてしっかりと計算に含めてくださいね。

AGA治療に「医療保険」は適用される?

AGA治療の医療保険

AGA治療は医療保険の【対象外】です

AGA治療は「自由診療」です。自由診療とは、美容目的の治療(美容整形、植毛など)に多く、保険が適用されない治療のこと。

医療機関が値段を自由に設定することができ、医療保険が適用されないため、かかる費用はすべて自己負担になります。

美容目的ではない治療は保険が適用される

同じ薄毛でも、自己免疫疾患が原因の「円形脱毛症」や、頭皮の炎症が原因の薄毛の治療は、美容目的の薄毛治療ではなく、頭皮の炎症や、自己免疫疾患の治療に該当するため保険が適用されます。

AGA治療は「医療費控除」を受けられる?

医療費控除

AGA治療は条件付きで「医療費控除」の対象に

AGA治療は、数年前までは医療費控除の適用外でしたが、現在は医療費控除の対象になっています。

医師の処方が条件

医師の処方医療費控除の対象になるのは、病院やクリニックで医師による治療を受けた場合に限ります。

通販(個人輸入)などを利用してAGA治療薬を購入した場合は、医療費控除の対象になるかどうかの判断が難しく、税務署の判断に任せる形となります。おそらく、控除の対象になる確率はきわめて低いです。

確実に控除の対象になるためには、医師の診断のもとで治療したことが分かる書類が必要になりますので、しっかり保管しておきましょう。確定申告のときに医療費の明細書に「治療内容」や「薬の名称」「支払った金額」などを記入することで、控除が適用されます。

医療費控除額の計算方法

AGA治療の医療費控除額は、

(1年間に支払った医療費)-10万円(所得200万円以下は、所得の5パーセントの金額)

で算出できます。

医療費控除額の計算この医療費控除額に、所得税率をかけた金額が「還付金」として返ってきます。(医療費控除額がそのまま返ってくると勘違いされることが多いので、注意が必要です。)

例えば、年間所得400万円で1年間でかかった治療費が20万円の場合は、

(20万円-10万円)×20%(所得税率)=2万円(還付金)

となります。

このページの先頭へ