髪型でイメージは大きく変わります

髪の毛が多いのと少ないのでは、当然多いほうがいいでしょう。人は髪の毛で見た目の印象が大きく変わります。(※下のイラスト参照)

よく、「ハゲてもカッコいい」と言われる人がいます。あくまで個人的な意見ですが、ハゲてもカッコいい人というのは「ハゲていなければもっとカッコいい」と思います。

はげも個性ですので、必ずしもデメリットばかりではありませんが、個性として受け入れてメリットを見出すまでは時間がかかりますし、勇気が必要です。

そのため、実際に自分が薄毛が進行した時に、バレないように、目立たないようにと考えて、いかにハゲ゙が目立たない髪型にするかに重点を置いてしまいがちです。

しかし、それは必ずしも正しい方法とは言えません。

好印象の髪型を選びましょう

長くても自然に見えるならいいのですが、あきらかにサイドに偏った不自然なわけ目や、髪がべとべとしてぺちゃんこになった髪型は印象がよくありません。

実はヘアスタイルに深く関係する業種である「美容師」や「スタイリスト」に言わせると、薄くなった時は髪は短いほうが見た目がいいという意見がとても多いようです。薄くなった頭を無理に隠そうとすると不自然さが目立つケースが多く、逆効果になる可能性があるからです。

周りからいいイメージをもたれるのは、無理に隠さない髪型ということですので、自分のイメージだけで髪型を決めるのではなく、自分を客観的に見ることが大切なようですね。

側頭部の毛を短くして、薄くなった箇所を目立たなくしたりするテクニックもあります。また、カラーリングで髪を肌の色に近づけることで、白黒のコントラストがぼやけて目立ちにくくするテクニックもありますが、毛を染めると髪や頭皮がダメージをうけますので、長期にわたる頻繁なカラーリングはおすすめはできません。

はげ対策の髪型としてスキンヘッドも有名ですね。頭全体の髪をなくして見せることで、はげた箇所が目立たなくなります。最近テレビや雑誌で活躍する有名人にもスキンヘッドの人が増えてきましたので、昔ほどのインパクトはなくなりました。髪を短くするにはいい時代なのかもしれません。ただし、イメージが良くなったとはいえスキンヘッドは挑発的なイメージもありますし、仕事の都合上スキンヘッドが許されない人もいると思いますので、よく考えてから実行しましょう。

自分に合った髪型については、いつも行っている美容室や、理髪店の人に相談したり、実際に頭が薄くて髪を短くしている知人に相談するのもいいと思います。または、インタネットや雑誌で見かけた髪型にするのもいいですね。

自分ではハゲてくると、人生を左右するほどの問題と考える方も多いと思いますが、周りからするとたいした問題ではなかったりします。最初はプライドが邪魔したり、周りの反応を想像すると勇気がいるとは思いますが、思い切って髪を短くしてみると、吹っ切れて髪の悩みが消えるかもしれません。そうしたうえで、はげ対策を行っていくのもいい手段だと思います。

タイプ別に、オススメの髪型や注意するべきポイントなどを詳しく紹介しますので、ご覧ください。

Oハゲの髪型 | Uハゲの髪型 | Mハゲの髪型

このページの先頭へ