髪型(ヘアスタイル)と印象

人は髪の毛で見た目の印象が大きく変わります。(※下のイラスト参照)

かなり印象が変わりますね。もし、自分がどれになるかを選べるのであれば、誰でも髪が多い方を選ぶと思います。

「禿げても格好良い」人はいますが・・

よく、「ハゲてもカッコいい」と言われる人がいます。

頭の形が良かったり、年をとってワイルドに見えたりすることもありますが、そもそもハゲてもカッコいい人は「ハゲていなければもっとカッコいい」のではないでしょうか。

特に若はげの場合は、格好よりも先に、頭の印象が強いため、ファーストコンタクトで格好良い思われることは少ないです。

あくまでも年相応の禿げ方の範囲内で、「ハゲても格好良い人」という表現が使われるのだと思います。

若いほど隠すことを考えるのが普通

はげを個性として受け入れるには、かなりの勇気が必要です。

そのため、実際に薄毛が進行した時には、なんとかバレないようにと考えるのが普通です。若ければ若いほどその傾向が強く、大半の人は、いかに薄毛が目立たない髪型かに重点を置きます。

しかし、自分ではよかれと思って選んだ髪型でも、他人から見るとハゲ隠しがバレバレだったり、違和感があったりするケースも多いので、髪型選びは大切です。

好印象の髪型を選びましょう

自然に見えるのであれば長髪もいいのですが、明らかに分け目が片側サイドに偏っているのは不自然に見えますし、髪がベトベトしてぺちゃんこになって見える長髪は印象がよくありません。

短い方が好印象

実はヘアスタイルに深く関係する業種の「美容師」や「スタイリスト」たちの中では、薄くなった時は髪は短いほうが見た目がいいという意見がとても多いようです。薄くなった頭を無理に隠そうとすると不自然さが目立つケースが多く、逆効果になる可能性があるからです。

周りからいいイメージをもたれるのは、無理に隠さない髪型ということですので、自分のイメージだけで髪型を決めるのではなく、自分を客観的に見ることが大切なようですね。

目立たなくするテクニック

側頭部の毛を短くする

側頭部の毛がしっかり残っているのに、頭頂部が薄いと薄さがより際立ってしまいます。

髪の毛の側頭部の毛を短くすると、地肌が透けて見えますので、薄くなった箇所を目立たなくすることができます。

カラーリング

白髪の人や、金髪の男性の薄毛が目立たないのと同じように、カラーリングで髪をハイトーンにして肌の色に近づけることで、白黒のコントラストがぼやけて目立ちにくくするテクニックもあります。

ただし、毛を頻繁に染めると髪や頭皮にダメージが蓄積されますので、育毛に真剣に取り組んでいるうちは、カラーリングはおすすめはできません。

スキンヘッド

はげ対策の髪型としてスキンヘッドも有名ですね。頭全体の髪をなくして見せることで、はげた箇所が目立たなくなります。最近テレビや雑誌で活躍する有名人にもスキンヘッドの人が増えてきましたので、昔ほどのインパクトはなくなりました。髪を短くするにはいい時代なのかもしれません。

ただし、イメージが良くなったとはいえスキンヘッドは挑発的なイメージもありますし、仕事の都合上スキンヘッドが許されない人もいると思いますので、よく考えてから実行しましょう。

似合う髪型は、自分で決めないほうがいい

自分に似合う髪型は、実際に頭が薄くて髪を短くしている知人に相談するのもいいと思います。知人がいない場合は、いつも通っている美容室や、理髪店の人に相談したり、インターネットや雑誌で見かけた髪型にするのもいいですね。

周りは大して気にしてない!思い切りが大切

ハゲてくると、自分の中では人生を左右するほどの大きな問題と考える方も多いと思いますが、周りからするとたいした問題ではなかったりします。

最初はプライドが邪魔したり、周りの反応を想像すると勇気がいるとは思いますが、思い切って髪を短くしてみると、吹っ切れて髪の悩みが消えるかもしれません。そうした上で、はげ対策に取り組んでいくのもいい手段だと思います。

タイプ別に、オススメの髪型や注意するべきポイントなどを詳しく紹介しますので、ご覧ください。

Oハゲの髪型 | Uハゲの髪型 | Mハゲの髪型

このページの先頭へ