【U型ハゲの髪型】一番似合う髪型を見つけよう!

Uハゲの髪型

生え際が後退して、どんな髪型にしようか悩んでいる人はとても多いようです。

Uハゲが気になりだすと、人と話しているときなどに、相手の目線が自分の生え際にいってほしくありませんので、どうしても生え際を隠す髪型を選びがちです。

隠すことは根本的な解決にはなりませんが、人からハゲと思われるのはかなりの精神的ダメージです。隠すことで、はげのストレスが原因でさらに禿げてしまう「悪循環」を和らげることができると考えると、上手に隠せる髪型を見つけたいのはハゲに悩む皆さんに共通する願いだと思います。

ただし、髪型選びには注意も必要です。

無理に隠そうとすると失敗しがち

Uハゲを隠す男性

うまく隠せればいいのですが、無理に隠そうとすると不自然に見えてしまいます。

サイドやバックの髪を前に集めるのは不自然

サイドやバックの髪を伸ばして前にもってくる髪型は、少し間違えると逆効果。鏡で見ると自然に見えるのですが、実際はハゲ隠しが一目瞭然だったり、必要以上の違和感や不自然さを与えてしまう可能性があるのです。

自分では鏡で決まった角度から見るしかできず、周囲の人は全体的な髪のバランスで判断するので、このような「ずれ」が生じてしまうのですね。客観的に見て、自然に見える髪型を意識しましょう。

ロン毛はNG

生え際を見せることや、短髪にすることに抵抗がある人も多いと思います。髪を短くしなければいけないということはありませんが、ロン毛はやめたほうがいいです。

髪が長くても生え際は見えますし、逆に強調されてしまうこともあります。そして、うまくセットして隠せたとしても、風で髪がかき上げられたり、雨で濡れた時にせっかくうまくセットした髪型が崩れてしまうこともあるので油断は禁物です。

好感度が高い髪型は?

髪を短くカットする男性

短い髪型は好感度が高い

高感度が高いのがベリーショートやソフトモヒカン、坊主などの短い髪型です。

これらに共通するのは、髪を短くして、広くなってきたおでこを隠すのではなく、見せてしまうところです。潔いですし、清潔感があり好感度が高いです。

ショートレイヤー

髪を前に自然に流せるショートレイヤーは、Uハゲを上手に隠せる髪型の一つです。髪全体の長さは耳に少しかかるくらいで調節して、トップの髪の毛を長く残して前に持っきます。スタイリング剤で髪に動きをつけると、より自然に見えます。

恥ずかしがらずに髪型を相談しよう

美容師

禿げてくると、理髪店や美容室にも通いにくくなります。

でも、毎日不自然な髪型で過ごしているのは、考えようによってはとても恥ずかしいことです。勇気を出して美容師に相談するのが、自分に似合う髪型を見つける近道です。

 

このページの先頭へ