Uハゲにはどんな髪型がいい?

生え際が後退していると自覚した時に、どんな髪型にしようか悩んでいる人はとても多いようです。

Uハゲが気になりだすと、人と話しているときに、相手の目線が自分の生え際にいってほしくありませんので、どうしても生え際を隠す髪型を選びがちです。隠すことは根本的な解決にはなりませんが、悩んでストレスになり、それが禿げの原因になる「悪循環」を和らげることができると考えると、隠せることはメリットと考えることができます。

ただし、注意も必要です。

うまく隠せればいいのですが、無理に隠そうとすると不自然に見えてしまうのです。サイドやバックの髪を伸ばして前にもってくる髪型は、少し間違えると逆効果。鏡で見ると自然に見えるのですが、実際は周りからはハゲ隠しが一目瞭然だったり、必要以上の違和感や不自然さを与えてしまう可能性があるのです。

自分では鏡でしか見ることができないので、決まった角度からしか見えませんが、周囲の人は全体的な髪のバランスで判断するので、このような「ずれ」が生じてしまうのですね。客観的に見て、自然に見える髪型を意識しましょう。

では、どのような髪型が好まれているのでしょう。

高感度が高いといわれているのがベリーショートやソフトモヒカン、坊主などです。これらに共通するのは、髪を短くして、広くなってきたおでこを隠すのではなく、見せてしまうところです。潔いですし、清潔感があり高感度が高いようです。

生え際を見せることや、短髪にすることに抵抗がある人もいると思います。髪を短くしなければいけないということはありませんが、ロン毛はやめたほうがいいかもしれません。髪が長くても生え際は見えますし、逆に強調されてしまうこともあります。そして、うまくセットして隠せたとしても、風で髪がかき上げられたり、雨で濡れた時にせっかくうまくセットした髪型が崩れてしまうこともあるので油断は禁物です。

美容師さんに相談するなどして、自分に似合った自然に見える髪型を選ぶといいでしょう。

このページの先頭へ