ヘアサイクル(毛周期)のしくみ

髪の毛の周期

私たちの体に生えている毛は、いつまでも伸び続けるわけではなく、寿命があります。

毛髪も例外ではなく、寿命が尽きると抜けてしまいます。そして新しい毛へと生まれ変わるのです。

この「生える」~「抜ける」までのプロセスはすべてヘアサイクル(毛周期)によって初めから決まっています。

ヘアサイクルの説明

成長期

ヘアサイクル毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、たんぱく質が変化して毛髪が太く硬く成長する期間です。成長期は男性は3年~5年、女性は4年~6年程度で、全体の8割程度を占めています。

退行期

成長期から移行し、毛髪の成長が止まる期間。毛球が縮小して、毛母の細胞分裂が減少して、次第に孟母と毛乳頭がはなれます。期間は男女ともに10~14日程度といわれています。

休止期

古い髪の毛が頭皮の表面まであがりぬける期間。
この休止期に毛根で新しい毛が生まれ始めます。そして3ヶ月ほどで成長期に移行します。

ヘアサイクルの乱れがはげの原因

ヘアサイクルが乱れると、成長期が短く、休止期が長い状態になってしまいます。

通常は太く長く成長するはずの毛髪が、しっかりと成長する前に抜けてしまうので、頭には細く短い毛が増えていきます。

髪の毛は、本数にもよりますが、毛が細くなると頭皮が目立つようになり薄く見えます。軟毛のまま抜けてしまう毛が増えつづけると、やがては産毛のような細い毛ばかりになってしまい、いわゆる「禿げ」になってしまいます。

典型的なのがAGA(男性型脱毛症)で、AGAが原因で禿げている方はヘアサイクルに異常をきたしています

このページの先頭へ