植毛ではげの見た目を改善

植毛は、実際に頭皮に毛を植える方法です。

2011年6月にイギリスのサッカー選手ウェイン・ルーニーさんが自毛植毛告白をして話題になりました。公開しての植毛は日本の文化ではなかなか難しいですし、潔く男らしく感じますね。現在では順調に育って以前薄毛だったとは思えないほどなじんでいます。

はげに悩む男性の対策方法として、植毛は一般的な手段になりつつあり、世間の植毛に対する意識もずいぶん変わってきている傾向にあるようです。

それでは、植毛の種類別に、メリットやデメリット、かかる費用などの特徴を紹介します。

人工毛植毛

人工的に作られた毛を頭皮に埋め込む方法です。しかし、人工毛植毛が盛んに行われていたのは過去の話です。1980年以降になると、ほとんど行われていません。アメリカではすでに人工毛植毛が禁止されています。

メリット

時間がかかる育毛や、抜け毛予防などのハゲ対策ではありませんので、手っ取り早く見た目が改善します。

デメリット

毛が伸びません。そして、保険が利きませんので手術代が高いです。また、人工の毛を頭皮に埋めこむので、頭皮に傷をつけることになります。異物を埋め込むので、免疫拒絶反応が出る可能性もあるリスクが高い方法です。

主な問題点

感染症
傷跡が炎症の原因になります。
コスト
人工の毛なので、定期的にメンテをしたり、植え替えたりとコストがかかり続けてしまいます。
傷、異物感
切れた人工毛の根元部分は頭皮の中に残ってしまいます。
そのため、頭皮の異物感が残ったり、ボツボツした傷跡が残ったり、頭皮が堅くなったりしてしまいます。

リスクが高い人工毛植毛にかわり、現在主流になっているのが次に紹介する自毛植毛です。

自毛植毛

ハゲになりにくい後頭部や側頭部の毛を皮膚ごと移植する方法です。

メリット

この方法は人工毛とは違い自分の毛ですので、成長します。根付いた毛は、元から生えている毛と同じように毛周期にそって生えたり抜けたりするので、メンテなどの手間がかかりません。

デメリット

一気に多くの毛を移植することは難しく、また移植した毛の中にも定着しない毛もありますので、数回にわたり手術が必要といわれています。こちらも保険が利きませんので、毎回手術代が必要になります。植えたあと根付くまでには時間がかかりますので、その間は植毛したことを気付かれたくないなら、頭を隠す必要があります。

かかる費用はどれくらい?

自毛植毛は、基本治療費の他に、移植する株数(本数)によって価格が変わります。店舗によっても差がありますが、基本治療費がおよそ10~20万です。植えた株数にかかる費用は、範囲が狭い部分の植毛(Mハゲ部分)なですと、およそ100~500株で30~50万円程度かかります。

基本治療費と合わせると、40~80万円程度の金額になります。

また、前頭部や、頭頂部などの範囲が広い部分に植毛する場合は、1000~1500株程度必要ですので、基本治療費と合わせると100万円以上の金額になります。

信頼と実績があるクリニックを選ぼう!

植毛を考えている人は、自毛植毛を選びましょう。人工毛はデメリットが多いのでやめたほうが無難です。

日本を含め、世界的に見ても自然に髪を増やすことができる自毛植毛が主流となっています。仕上がりが自然で、気付かれるリスクも少ないので、芸能人にも植毛している人が多いと言われていますね。

植毛は頭皮の施術です。そのため信頼と実績のあるクリニックを選ぶことが重要です。また施術方法も様々なので、コストや施術方法を吟味し、最善の所を選びましょう。無料来院予約を利用したり、カウンセリングもありますので、植毛の疑問を解消して、納得のいく施術を行いましょう。

自毛植毛ができる人気クリニック

アイランドタワークリニック

アイランドタワークリニックアイランドタワークリニック独自の機械を使用して、メスを使うことなく気になる部分に植毛できます。切ることがないので、痛みの心配もなく、傷口も目立ちません。

全国に、新宿、大阪、名古屋、福岡の4院があり、今までに植毛した人数は2万人以上です。信頼と実績のある植毛専門クリニックです。

無料カウンセリングでは、実際に植毛を体験したアドバイザーが、同じ目線で悩みに答えてくれます。


↑詳細は、アイランドタワークリニックの公式サイトをご覧下さい。

このページの先頭へ