【かつら(ウィッグ)】メリットとデメリット

はげ対策の方法として、カツラを手段の一つに入れて考えている人も少なくはないでしょう。

昔はカツラというと、

  • バレる
  • 違和感がある
  • ずれる・とれる

などのイメージが強かったのですが、実は現在のカツラは昔とは比べ物にならないほど進化しており、使用者も増えています。

近年、男性だけでなく、女性の方にも使用者が増えていて、「カツラ」ではなく「ウィッグ」と呼ばれることで、抵抗を持つ人が減っているようです。それでは、かつら(ウィッグ)のメリットとデメリットを紹介しますので参考にしてください。

  • →メリット
  • デメリット
  • 考察
  • かつらのメリット

    やる気・積極性・自身の向上

    第112回の日本皮膚科学会総では、かつらを使用することによって、ハゲが原因で失ってしまったやる気や積極性・自身が改善することが明らかになったと発表されています。かつらを装着することで、気持ちがポジティブになり、活力を増進する効果があると考えることができます。

    参考 → 平成25年6月 ウィッグ(かつら)使用者心理調査を実施

    自然な見た目

    自然な見た目最近のかつらは、自然なキューティクルや、見た目を追求した人工皮膚が使用されていますので、つけていることが極めて分かりにくくなっています。

    大手のかつらメーカーは、オーダーメイドで自分の髪質や太さにあわせて作成しますので、自毛とかつらの毛の境目も分かりにくく、見た目がとても自然です。昔のように「あの人かつらだよね?」などと噂されるようなことはずいぶんと減りました。

    手っ取り早い

    カツラをつけるとその瞬間からフサフサの頭になることが出来ます。

  • メリット
  • →デメリット
  • 考察
  • かつらのデメリット

    コストがかかる

    コストかつらは高級品です。参考までに、某大手メーカーのかつらは、スペアと2個セットで5~60万円程度です。しかも2~3年で人工毛が痛んでしまいますので、数年で買い替えが必要となります。

    さらに、洗うための専用シャンプーやコンディショナーなどが必要になってきます。そして、かつらの毛は当然伸びることはありませんので、自然な見た目を維持するには定期的な散髪が必要となります。このときにカツラメーカーで散髪することになるのですが、かつらのメンテ料金込みで4000円~5000円程度かかるところが一般的なようです。

    そのため、かつらをローンで購入した場合は、毎月2~3万円程度の金額がかかってしまいます。

    さわると分かる

    現在最先端を行くかつらメーカーの商品でも見た目は自然ですが、入念にさわれば分かってしまいます。オーダーメイドで自分の頭の形にあわせて作られますが、装着方法は3~4点の固定方式が主流です。

    生え際は人工皮膚で分かりにくく作られており、裏側を両面テープで固定します。そして、頭頂部の左右と、後頭部にある止め具で、パチっと自毛をはさみ固定します。生え際は皮膚となじんで分かりにくいのですが、カツラと自分の頭皮には多少の隙間が出来てしまいますので、さわると段差があることがわかります。

    タイミングが難しい

    タイミング昨日までハゲていた人が、次の日にいきなりフサフサな髪の毛になると、とんでもない違和感ですので一発でばれてしまいます。

    実際にかつらがいいなと思っても、つけはじめるタイミングがとても難しいです。

    また、一旦つけると、フサフサしたイメージが定着してしまうために、やめる事が出来なくなります。

    はげの原因になってしまう

    最近のかつらは通気性に優れているようですが、やはり蒸れてしまうのは防げないようです。そのため長い時間装着していると、はげの原因になってしまう可能性があります。

    かつらについて考察

    かつらは、育毛という観点から見ると根本的な解決にはなりませんし、意見が分かれると思います。

    あくまで個人的な意見ですが、まずは育毛剤や、シャンプー、生活の改善による対策を試みてからでも遅くないと思います。かつらをつけると、育毛の気持ちが薄れてしまいますので、対策がおろそかになり、自分の髪が生えるチャンスを逃しかねないからです。

    カツラの使用を検討するのであれば、実際につけることができる環境にあるか?維持していくお金の余裕があるか?をしっかりと考えることが求められます。

    植毛や増毛と違って、仕事で使用してプライベートでは外すことができるカツラは申告すれば経費として落とせるということを耳にしますが、あくまでも仕事で使用する場合に限られているようで、すべてが経費として落とせるわけではないようですので注意しましょう。

    かつらはハゲがかなり進行してしまっても充分可能で、遅すぎるという心配はありません。そのため他の対策と比べると、かつらは最終手段といえる方法です。

    よほど大きな精神的苦痛、もしくは病気などによる脱毛などといった緊急性がないのであれば、あせりは禁物です。

    使用を決心できずに迷っている段階であれば、ひとまず選択肢の一つとして一旦保留して、今だからこそできる他の手段を考慮してみるのもいいと思います。

    このページの先頭へ