【はげ上級】何をやってもダメだった・・対策の見直しが必要

ハゲた男性これまで色々なことをやっても全く効果が出なかったのなら、とてもつらく悔しい思いをしたことでしょう。お金もかなり使ったはずです。

あれこれやったのに無情にもハゲがどんどん進行してしまった人は、今まで自分がやってきた方法が間違っていたことをまず認識する必要があります。

ここで一度過去を振り返ってみて、

  • 正しい洗髪方法を実践しているか?
  • 頭皮マッサージは習慣にしているか?
  • 生活習慣で改善できることは改善したか?

を考えてみてください。これらに自信がない方は、当サイト内にある、予防と対策のページをご覧ください。

そして最後に、一番大切なのが、

  • AGA対策をしているか?

です。

これまで色々なことを試して、全く改善しないということは、高い確率でAGAが進行してヘアサイクルに異常が起こっている状態です。

一度乱れたヘアサイクルを改善するためには、しっかりと的を絞ったAGA対策を、長い期間続けなければいけません。

AGA対策は必須です

必須のイメージ

AGAについて詳しくない人もいらっしゃると思いますので、簡単に説明しますが、

AGAは髪が抜けるのは頭皮に存在する男性ホルモン「テストステロン」が「Ⅱ型5αリダクターゼ」によって、強力な男性ホルモン「DHT」になり、髪が成長する前に抜けてしまう症状です。

AGAは生活を改善しても、進行します。AGAの原因に直接働きかける対策でなくては、効果が期待できません。(AGAについて詳しく知りたい方は、別ページで解説していますので、そちらをまずご覧ください)

当サイトで推奨しているAGA対策は、

  • AGA育毛剤
  • AGA治療

この2つだけです。

AGA育毛剤の利用

AGAを改善したいのであれば、AGA対策用の成分が含まれていない育毛剤でAGAの進行が止まることはありません。そもそも頭皮に栄養を与えたところで、進行を遅らせることはできたとしても、改善するはずがありません

今使い続けている育毛剤が、もしAGA用でないなら、

「使い続ければいつかは毛が生えるはず」という望みがある分だけお金の無駄になってしまいますので、AGA用の育毛剤に変更しましょう。

AGA治療薬の処方

AGAに一番有効なのがAGA治療薬です。

病院や皮膚科、AGAクリニックの診断でAGAだと断定できた場合は、AGA治療薬を処方してもらえます。日本ではFDA認可の成分「フィナステリド」が配合されているプロペシアが有名です。

ただし、AGA治療薬といっても万能なものではありません。個人差が大きく約4~5人に1人は効果が見られないようです。

また、薄くなってから年月が経つにつれて効果が薄れていくデータもあり、10年がリミットとも言われています。

また、薬ですので、副作用の問題や、取り扱いで知っておかなければいけない注意点も多いです。

専門性の高いAGAクリニックが○

AGAクリニックでは、無料カウンセリングを実施しているところもあり、血液検査や遺伝子検査を受けることもできます。どのAGA治療薬が自分に合っているかも教えてくれますので、上手に活用しましょう。

まだAGA対策を始めていない人は、早く対策することをオススメします。当サイトで紹介しているクリニックが気に入らない人は、最寄りの総合病院でも診断を受けることができますので、すぐに対策を始めてください。

増毛や植毛、かつらについて

かつら

自分の髪を増やす、「育毛」や「発毛」などの対策とは少し意味合いが違ってきますが、「増毛」や「植毛」、「カツラ」の対策方法もあります。

ただし、薄くなったからといって、すぐに植毛やかつらに手を出すのは軽率です。しっかりとAGA対策を継続すれば、改善する可能性が高いので、それからでも遅くはありません。

かつら、増毛

かつらや増毛もハゲのコンプレックスから逃れる方法ではありますが、一度手を出すとほとんどの人がやめることはありません。

この先何十年も付き合っていくことになります。それでも増毛やかつらを考えている方は、まずは無料カウンセリングを受けてみるといいでしょう。そして、メリットとデメリット、金額、メンテなどのすべての疑問を解消して、納得がいった上で選択しましょう。

植毛

植毛は、自分の毛を薄くなった部分に埋めるので、植えた毛が定着すれば、他の毛と同じように伸びたり抜けたりするようになります。まさに理想のハゲ対策なのですが、思うように定着しなかったり、違和感が残ってしまったりと不安要素も多いです。

あと、保険が使えないためかなりの費用が必要です。

植毛にも色々な方法がありますので、しっかりと知識をつけて、その上で植毛を決意したなら、高い信頼と、数多くの実績のあるクリニックを選んで相談してみましょう。

このページの先頭へ