【円形脱毛症】種類や原因、治療方法

円形脱毛症の男性円形脱毛症は成長期の毛髪の毛母細胞が死んでしまい、ある部分の毛髪がまとめて抜け落ちてしまう症状です。

その名称から、丸い形に脱毛するイメージが定着しているようですが、必ずしも丸い形に脱毛するわけではなく、脱毛範囲はさまざまで、数も1つの場合もあれば、複数箇所同時に脱毛するパターンもあります。

円形脱毛症の原因は?

円形脱毛症の原因として有名なのがストレスです。しかし、ストレスのみが原因というわけではなく、そのほかにも解明されていない原因があるようなのです。

そのなかで、解明された原因の一つには、「自己免疫疾患」があります。私たち人間は、体の中に入った細菌を、リンパ球が抗体を生み出すことで攻撃して排除するように作られています。

しかし、免疫疾患になると、体の成分を異物と認識してしまい、攻撃してしまいます。それが髪の毛をつくりだす細胞を攻撃した場合に円形脱毛症になるといわれているのです。また、遺伝的な要因もあるといわれており、原因を特定するのが難しい症状といえます。

円形脱毛症の種類

単発型

1~2カ所の毛が円形に脱毛するタイプの円形脱毛症。円の大きさは様々でパチンコ玉(1センチ程度)の大きさの場合もあれば、500円玉より大きい範囲の場合もあります。

多発型

単発型から進行して、数カ所から数十カ所に及ぶ円形脱毛症です。初期段階から多発することもあるようです。

全頭型

多発型がさらに進行すると円形脱毛が頭全体に広がり、すべての毛が抜けてなくなってしまいます。

汎発型(はんぱつがた)

頭だけではなく、眉毛や髭が抜けはじめ、最終的には陰毛やワキなども含むからだのすべての毛が抜けてしまいます。

円形脱毛症の治療方法

単発型円形脱毛症などの比較的軽い症状であれば、治療をしなくても時間がたてば自然に治ります。ストレスが原因で円形脱毛症になったのであれば、ストレスが解消することで症状は回復するケースが多いようです。多発型や全頭型、汎発型になると自然治癒は難しく、病院や皮膚科で治療を受けることをおすすめします。現在行われている円形脱毛症の治療方法をいくつか紹介します。

ステロイド治療

免疫機能を抑制するステロイドが治療に使います。脱毛した箇所に直接塗り込む軟膏(なんこう)やクリームなどの外用タイプや、服用するタイプがあります。また、ステロイド剤を直接注射する治療法もあるようです。まれに骨がもろくなるといった副作用もあるようです。

液体窒素やドライアイス療法

患部に脱脂綿などに含ませた液体窒素や、ドライアイスを直接当てる治療方法です。痛みを伴いますので、子供には使わない方法のようです。

紫外線療法(PUVA)

ソラレン(PSORALEN)という物質を患部に塗り、紫外線(UVA)を患部に照射する治療方法です。リンパ球の異常な動きを抑制して発毛を促します。

局所免疫療法

DPCPやSADBEなどの薬品をつかって患部に人為的に皮膚の炎症(かぶれ)をおこし、免疫異常を抑制し発毛を促進します。

その他

これらの他にもレーザーを照射して刺激する治療法や、50度くらいのスチームを患部に当て続けることで血行促進して発毛を促す方法や、針を使った治療方法など様々な方法があるようです。

円形脱毛症を隠したい時は


↑詳細はこちらをご覧下さい

株式会社プロピアのヘアコンタクトメディカルは、円形脱毛症部分の大きさに切り取って貼り付けるだけで、簡単に見た目をカバーすることができます。

サイズや色を選ぶことができますので、髪の毛になじませることで違和感なく使用することができます。(右の画像をクリックすると公式サイトへ移動します。)使用参考画像

このページの先頭へ