ハゲのデメリットとは?

ハゲのメリットを考えてみると分かりますが、 ネタにしているお笑い芸人以外ではメリットは特に思いつきません。

逆に、デメリットは多すぎるほどあります。

色々なデメリット

常に考えてしまう

悩みを抱える男性一度でもハゲの悩みを抱えると、寝てもさめてもずっと髪の毛のことばかり気にしてしまいます。

自分の禿げが進行すればするほど、他人を見たときに顔立ちや体型よりも髪の毛に目が行くようになります。

そして、「俺も禿げていなければ・・・」、「髪の毛があるなんて悔しい・・」といった思考になりがちです。

本来なら他の色々なことに思考を巡らせることができるのに、髪の毛のことで思考のキャパがほとんど埋まってしまうのは明らかなデメリットです。

行動に制限がかかる

行動の制限はげが進行すると、人に見られたくない、見せたくない心理が生まれ始めます。

はじめは、髪型でごまかしたり、帽子で隠したりしますが、やがては行動にまで制限がかかりはじめます。

「散髪に行きたくない」「プールや海は嫌だ」など、周りの視線が気になるところに出かけるのが億劫になります。また、恋愛に対しても消極的になりがちです。

もともとアウトドア派でも、薄毛が原因で引きこもる人も少なくはありません。

髪型でおしゃれを楽しめない

おしゃれな男性髪の毛が多ければ髪型を変えておしゃれしたり、アレンジしたりといろいろ楽しむことができますが、頭が薄くなると、はげを隠すことで精一杯でそれどころではありません。

はげが進行すると好きな髪型があっても、自由にアレンジすることが出来なくなります。好きな髪型があっても、はげが目立たない髪型ばかり選ぶようになりがちです。

精神的苦痛

精神的苦痛はげが進行すると、何事にも消極的になってしまい、マイナス思考に陥ってしまう人も多いです。やがては何をやっても楽しいと感じることができないほど追い込まれます。

年齢が若いほど苦痛を感じやすく、若ハゲの場合は、その後の人生を考えると、「死にたい」と思う人も少なくはありません。

人によっては、最悪の場合は人生を閉ざしてしまったり、そのまま耐え抜いてうつ状態になってしまうほど禿げの悩みは深いのです。

必ず生える、生やしてみせる気持ちが大切

今、もし薄毛に悩んでいるならまずは気持ちの切り替えが大切です。

マイナス思考で良いことはありませんので、これから必ず生やしてみせる!という強い気持ちを持って対策に取り組みましょう。

将来髪が生えた自分を想像することで、はげ対策にも積極的に取り組むことができますし、モチベーションの維持もしやすくなります。プラス思考に切り替えることで精神的苦痛も緩和されるはずです。

  • 海には行きたくない → 髪が生えたら思いっきり海で遊ぶ
  • ハゲを隠すので精一杯 → ハゲを治して色々な髪型を楽しむ
  • 恋愛するのが怖い → 髪が生えたら彼女をつくる

マイナス思考をプラス思考に切り替えるのは、なかなか難しいことですが、上手に切り替えることが出来れば、これからのハゲ対策にきっとプラスになります。

このページの先頭へ