【ハゲる原因】これが一番危ない!注意するべき原因を紹介

はげの原因

男性が禿げる原因は、大きく分けて3つあります。

  • AGA(男性型脱毛症)
  • 悪しき生活習慣
  • 頭皮環境の悪化

「頭皮環境の悪化」や「悪しき生活習慣」で抜け毛が増えることもありますが、男性の薄毛の約9割AGAが原因です。

一番注意するべき原因は「AGA」

AGAは、いわば「髪の毛が抜ける病気」のようなもの。

AGAのリスクAGAになると、「有効な対策」をしない限り薄毛を改善することはできません。

  • 通常の育毛剤では効果なし
  • 育毛シャンプーもダメ
  • 生活習慣を改善しても治らない

これまで育毛に取り組んでも大きな効果を得ることができず、今薄毛に悩んでいる男性は、すでにAGAが発症している可能性が高いです。

※このページでは、他の原因よりも「AGA」についてかなり詳しく解説しています。少し難しい説明もありますが、「仕組み~治すためにやるべきこと」までをできる限り分かりやすくお伝えできるように努めますので、薄毛解消にお役立てください。

【原因1】※これが一番危険!
AGA(男性型脱毛症)

AGA

AGAは、男性の薄毛原因の約9割を占める「男性ホルモン」と「遺伝」が関係する「脱毛症」です。

何故、AGAが一番危険なのか?

AGAは、

  • 抜け毛が増える(他の薄毛原因よりもかなり多い)
  • 進行性の脱毛症(最終的にはツルツルに見えるまで薄毛が進行)
  • 髪の寿命が早く尽きる
  • 年月が経過すると治せなくなる
  • 通常のハゲ対策では治せない

など、ほかの薄毛原因よりもかなり厄介。

AGAの発症は、生活習慣や頭皮環境が原因ではなく「遺伝子」によって予め決められている要素が大きいため、ほとんどの対策は「効果がない」のです。

AGAになると・・どうなるの?

1. 髪の毛が充分に成長できなくなる

AGAのヘアサイクルAGAになると、毛髪を作り出す「毛包」が大きく成長できなくなります。

小さな毛包では、髪は太く強く育つことができず、長く伸びる前に抜けてしまいます。

髪の毛が成長する期間(成長期)は、

通常なら3~5年ほどありますが、
AGAになると半年から1年に短縮されます。

そのため、正常な髪のサイクルの間に、「生える→抜ける」を4~5回繰り返します。

2. 細くて短い毛が目立ち始める

軟毛「生える→抜ける」のローテーションが早くなると、髪の毛は充分に成長できませんので、成長途中の細い「軟毛」が目立ち始めます

「軟毛」が増えると、髪のボリュームが減り、頭皮が透けて見えます。

3. 薄毛が広範囲に広がる

4パターンの薄毛AGAが進行すると、細くて短い毛の割合がどんどん増えて、薄毛が広範囲に広がります。

さらに進行すると髪の毛が「産毛」のようになり、「毛が生えていない」ように見えます。

4. 髪の寿命が尽きる

髪の寿命が尽きた男性一生のうち「生える→抜ける」のヘアサイクルの回数には限りがあり、回数の上限に達するときが髪の毛の寿命です。

AGAによってヘアサイクルの回転が加速されると、正常時よりも何倍も早く髪の寿命が尽きてしまい、早い人では40歳で髪の毛が生えなくなります。

髪の寿命が尽きてしまうと、どんな治療をしても髪を生やすことができなくなります。

AGAになる原因は?

AGAの原因AGAは、

  • DHT
  • 遺伝

が原因で発症します。

【原因1】DHT(ジヒドロテストステロン)

DHTは、

  • テストステロン(誰にでも存在する男性ホルモン)
  • Ⅱ型5αリダクターゼ(頭皮の毛乳頭に存在する酵素)

によって生成される強力な男性ホルモンです。

作られた「DHT」は、髪の毛の成長を強制的にストップさせ、毛が抜けるように働きかけます

AGAでハゲる仕組み

【原因2】遺伝

遺伝子

「AGAそのもの」が遺伝するわけではなく、

  • どれだけ「DHT」が作られやすいか
  • どれだけ「DHT」の影響を受けやすいか

が、生まれたときから遺伝で決まっています。

これらの「遺伝要素」を受け継いでいる人は、薄毛が進行しやすい「AGA体質」と言えます。

こんな人はAGAの可能性が高い

若ハゲ

若ハゲの男性10~20代の若い年齢の頭皮は、「毛の生える力」が強いため、ちょっとやそっとの薄毛原因ではハゲません。

この元気な頭皮が薄くなるのは「強力な脱毛症状」を起こす「AGA」が原因の可能性がきわめて高いです。(若ハゲについて、詳しく)

細くて短い抜け毛が多い

細くて短い抜け毛抜け落ちた毛が「細くて短い」のは、髪が充分に成長できずに抜けてしまった証です。

AGAが発症して、ヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。

特定の部位だけが薄い

AGAは、薄毛の進行パターンが決まっています。

M字ハゲ M字ハゲ(生え際の両サイド)

O型ハゲ O型ハゲ(つむじ周辺・頭頂部)

U字ハゲ U字ハゲ(生え際の中心)

上の写真の3パターンは 、AGAの典型的な症状です。後頭部と側頭部の髪の毛がしっかり残っているのも特徴です。

AGAは、早く対策しないと「手遅れ」に

AGAの進行はとても早いので、ちょっと薄いだけだからまだ大丈夫!と思っている人は要注意

世界的に有名な製薬会社「MSD」の調査では、薄毛部位の髪の毛が5年間で約30%も減ってしまうことが分かります。

↑は男性の頭皮の拡大画像です。

後頭部は力強い髪の毛ですが、つむじ部分は弱々しい毛が目立ちますね。1つの毛穴から生えている本数も減っていることが分かります。

やがて髪の「寿命」が尽きる・・

悔しがる男性髪の毛はヘアサイクルによって「生える→抜ける」を数年間隔で繰り返しています。

このヘアサイクルは「生える→抜ける」を1回転として、一生のうちに40~50回転が限界。それ以降は「髪を作る細胞」の機能が失われ、どんな治療をしても髪が生えなくなってしまいます。

AGAになると、ヘアサイクルの回転が何倍も早くなってしまいますので、それだけ早く髪の毛の寿命が尽きてしまうことになります。

AGAと正常時のヘアサイクル比較

早く対策するほど生える!

ヘアサイクルの残り回数が少なくなるほど「髪を作るチカラ」は失われますので、AGAの「改善率」もどんどん低下します。

AGAが原因の薄毛を改善するためには、少しでも早く対策に取り組み、ヘアサイクルの回転を「正常時」に戻すことがとても重要になります。

AGAを治したい!やるべき対策は?

AGAは強力な男性ホルモン「DHT」が原因で起こります。

この「DHT」を作らせないことが、AGA対策で最も重要なポイントです。

ポイントをしっかりおさえて効果的な対策を実践すれば、半年後、1年後には薄毛の悩みから解放される可能性があります。

やるべき対策については、「詳細ページ」で詳しく解説していますので、AGA対策にお役立てください。

AGA対策3STEP解説
AGAを「本気」で治したいなら!【3ステップ解説】

【原因2】
悪しき生活習慣(5つ)

不規則な生活習慣

男性の薄毛のほとんどがAGAが原因ですが、生活習慣も軽視してはいけません。

悪しき生活習慣は、「薄毛の進行スピード」や、「薄毛の改善率や、改善の早さ」に影響します。

睡眠不足

睡眠不足寝ている間に分泌される「成長ホルモン」が髪の成長に関係していますので、睡眠時間が短い生活は、薄毛の原因のひとつとして挙げられます。

寝ている時間に髪が成長し、ダメージも修復してくれますので、睡眠時間が少ないと元気のない弱々しい髪になってしまいます。

睡眠不足で薄毛になる原因

  • 成長ホルモンの分泌量が減少
  • 睡眠中は身体の負担の修復を優先し、髪の修復は後回し

対策法

  • 深い眠り(ノンレム)の周期をできるだけ多く
  • ゴールデンタイムに寝る

偏った食生活

偏食高脂肪、高コレステロールの食品ばかりを食べる食生活は、血行不良や皮脂の分泌が過剰になる原因になります。

血行不良や余分な皮脂は、頭皮環境の悪化や、髪の成長を妨げる原因と言えます。

偏った食生活で薄毛になる原因まとめ

  • 脂質の取り過ぎによる血行不良
  • 脂質の取り過ぎによる皮脂の分泌増加

対策法

  • 脂質を取りすぎない食事(成人男性の脂質摂取目安:1日55~60g)
  • ビタミン類、亜鉛を不足させない食事

亜鉛不足

亜鉛亜鉛は、髪が成長するために重要な役割を担う成分です。また、AGAの原因になるDHTの生成を抑える効果も期待できます。

1日の目安は15mgですので、不足しないようにすることが大切。積極的に食事にとりいれましょう。

射精のしすぎはハゲるって本当?

「スケベはハゲる」という言葉を聞いたことがあると思います。半ば都市伝説のような言葉ですが、実は間違いではありません。

男性が射精した後に、新たに精子をつくる工程で亜鉛を消費します。亜鉛には、薄毛の原因になる「男性ホルモン(DHT)」の生成を抑制するはたらきがありますので、不足してしまうとハゲの原因になると考えられます。

タバコ(喫煙)

喫煙ニコチンの作用で、毛細血管が収縮して血流が悪くなりますので、栄養を毛根までスムーズに届けることができなくなります。

毛母細胞のはたらきを弱くする活性酸素や、髪の成長を妨げるビタミンCの欠乏も薄毛の原因です。

タバコ(喫煙)で薄毛になる原因まとめ

  • 血行が悪くなる
  • 活性酸素が発生
  • ビタミンCを消費する

対策法

  • 禁煙
  • 本数を減らす
  • 煙草を吸えない環境作り
  • ビタミンを補充

ストレス

ストレスストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れますので、「血管の収縮」や、「内臓機能の低下」が起こり得ます。

また、ストレスを感じたときに「副腎ホルモン」が分泌されるのですが、この副腎ホルモンが分泌される課程で、身体の中に活性酸素が多く発生し、毛母細胞のはたらきが弱まります。

ストレスで薄毛になる原因まとめ

  • 自律神経のバランスが乱れて、血管が収縮
  • 内臓機能が低下して、育毛に役立つ成分の吸収率が低下
  • 活性酸素が多く発生

対策法

  • こまめに発散する
  • 睡眠の質を高める
  • 考え方を変えてストレスをためないようにする

【原因3】
頭皮環境(7つ)

頭皮へのダメージ

頭皮環境の悪化や、頭皮へのダメージは、「抜け毛を誘発」したり、「髪の成長を妨げる」原因です。

刺激の与えすぎはNG

頭皮の刺激頭皮は、皮膚が薄く、皮膚の内側に細い血管がたくさん通っているデリケートな部位です。

頭皮への強い刺激は、頭皮が傷ついてしまう可能性がありますので、逆効果と言えます。

頭皮が物理的な刺激を受けると皮膚を修復する際に分裂・増殖した表皮細胞がフケとなって蓄積されてしまいます。爪を立てた洗髪がダメといわれるのもこのような理由があるからです。

刺激の与えすぎで薄毛になる原因まとめ

  • 頭皮や毛穴が傷つく
  • フケが多くなり毛穴が詰まる

対策法

  • 頭皮マッサージで適度な刺激

適度な刺激で血行促進

頭皮マッサージを毎日の習慣にすることで、血行を促進して髪に栄養を届けやすくすることができます。また、頭皮には育毛にいいと言われる「ツボ」がたくさんありますので、マッサージを続けることはハゲの改善に大きく影響すると考えることができます。

当サイト内で、頭皮マッサージの方法や、育毛のツボを紹介していますので、ご覧下さい。

刺激(洗浄力)が強いシャンプー

刺激が強いシャンプー最近では頭皮にやさしいシャンプーが増えてきましたが、市販のシャンプーの中には、香りやツヤをだすための成分や、泡立ちをよくする成分が含まれていることも多いです。

また高級アルコール系は洗浄力が強いため、皮脂を落としすぎて、逆に皮脂の過剰分泌の原因になります。

刺激(洗浄力)が強いシャンプーで薄毛になる原因まとめ

  • 刺激が強い成分によって、頭皮が炎症
  • 洗浄力が強すぎると、皮脂が過剰に分泌

対策法

  • 香料、着色料、保存料が含まれていないシャンプー
  • 適度に皮脂を落とすシャンプー

髪を洗いすぎる

洗髪

頭を洗えば洗うほど頭皮が清潔になる感じがしますが、1日に何回も洗髪すると、皮脂を取りすぎてしまいます。

皮脂には、保湿機能やバリアの役割もあります。皮脂を取り過ぎて一定量以下になると、身体が不足した皮脂を補うために、皮脂を多く分泌するようになり、皮脂が過剰状態になってしまいます。

髪の洗いすぎで薄毛になる原因まとめ

  • 皮脂を落としすぎると、皮脂が過剰分泌

対策法

  • 1日1回夜のみ
  • 頭皮を傷つけないように指の腹でもみ洗い
  • 洗髪時に頭の筋肉をほぐす

正しい洗い方で、健康な頭皮を目指しましょう

毎日の洗髪で「正しい洗い方」をすることで、毛が生えやすい頭皮環境になることができます。間違った洗い方をしている方は、1日でも早く「正しい洗い方」に切り替えましょう。

当サイト内で「正しい髪の洗い方」を紹介していますので、ご覧下さい。

髪を乾かさずに放置(自然乾燥)

濡れたままの髪洗髪のあとに髪を乾かさずに自然乾燥すると、髪と頭皮の間の湿度が高くなりますので、頭皮の常在菌(マラセチア菌)が繁殖してしまいます。

常在菌が増えすぎると、頭皮や毛穴が炎症を起こしてしまい、抜け毛が増える可能性があります。

自然乾燥はフケや、頭皮のかゆみの原因にもなりますので、ドライヤーをつかってしっかり乾かしましょう。

自然乾燥で薄毛になる原因まとめ

  • 常在菌が増殖する
  • 髪の毛が傷つく

対策法

  • 温風で素早く乾燥

帽子を長時間かぶり続ける

帽子帽子やヘルメットを長時間かぶり続けると頭皮が蒸れてしまいます。蒸れた頭皮は皮脂の分泌が増えますので、皮脂をエサにしている常在菌(マラセチア菌)が繁殖してしまいます。菌が増えすぎると、頭皮や毛穴が炎症を起こして、抜け毛が増える可能性があります。

また、締め付けがきつい帽子は頭皮が圧迫されて血行が悪くなりますので、長時間かぶらないようにしましょう。

帽子で薄毛になる原因まとめ

  • 小さい帽子は、頭皮の血行不良を招く(※圧迫性脱毛症)
  • 長時間の帽子は、頭皮が蒸れる

対策法

  • こまめに通気する
  • ゆったりした帽子を選ぶ

頭皮の老廃物(角栓)

頭皮の老廃物(角栓)身体の中の老廃物は、頭皮からも排出されます。

頭皮の老廃物と、皮脂が混ざると頭皮の皮膚下で「」になって毛穴が詰まってしまいます。

毛穴詰まりによって、毛根が圧迫されたり、呼吸ができずに酸素が不足する可能性がありますので、薄毛の原因と言えます。

頭皮の老廃物(角栓)で薄毛になる原因まとめ

  • 毛穴が詰まって毛根の圧迫や、呼吸の妨げ

対策法

  • 食生活の見直し(脂質を減らす)
  • 頭皮が蒸れないように心がける

紫外線に長時間髪や頭皮をさらす

紫外線紫外線を長時間浴びるのは、お肌に悪いのと同じように頭皮にもよくありません。

紫外線自体はビタミンDを合成するのに必要という一面もあるので、悪いばかりではありませんが、浴びすぎは禁物。

頭皮の乾燥や、老化、活性酸素など、育毛の妨げになる可能性があります。

紫外線で薄毛になる原因まとめ

  • 頭皮が乾燥する
  • 頭皮が老化する(光老化)
  • 頭皮に活性酸素が蓄積される

対策法

  • 紫外線情報を参考にする
  • 日陰や帽子を有効活用する

ヘアスタイル

ヘアースタイルいつも同じところで分け目を作ると、地肌が見える頭皮は、紫外線やその他の外的刺激を受けやすくなります。

また、髪の毛を無理に引っ張ったり、いつも同じ縛り方をするようなヘアスタイルは、毛根に負担がかかりますので抜け毛の原因となります。

パーマやヘアカラーで使用する液も、頭皮環境を悪化する原因と言えます。

ヘアスタイルで薄毛になる原因まとめ

  • 分け目をつくる髪型は、紫外線の影響を受けやすい
  • 髪を引っ張るヘアスタイルは、頭皮に負担をかける
  • パーマやヘアカラーは頭皮環境が悪化

対策法

  • 分け目の位置を変えたり、帽子を活用
  • 髪を引っ張るヘアスタイルをやめる日をつくる
  • 過度なパーマやヘアカラーは避ける

【重要】
原因の解消は、1日でも早く

1日でも早く原因解消

はげる原因を解消しない限り、はげは進行し続けます。

そして、はげがどれだけ進行しているかで、改善率が大きく変わります

  • 髪が薄くなってきたばかりの人 →改善しやすい
  • 髪が薄くなってから、5年経過した人 →改善が難しい

薄くなってから年月が経過すればするほど、髪の毛をハゲる前の状態に戻すことが難しくなります

ひとつひとつは小さな原因でも、当てはまる項目が多ければ要注意です。長いスパンで見ると大きな差になる可能性がありますので、できることからひとつひとつ改善するよう努めましょう。

AGAなら!今すぐにでも対策を始めましょう

AGAは、進行するほど「改善率」が低くなり、「改善スピード」も遅くなります

以下のページで、「自分には、どのようなAGA対策が効果的なのか」をわかりやすく解説していますので、お役立てください。

AGA対策3STEP解説

このページの先頭へ