【日常的な】ハゲの予防や対策方法
マイナスを減らして、プラスを増やそう!

洗髪する男性日常生活でできる「はげの予防や対策」は、頭皮環境を健康にすることが目的です。

頭皮環境が良くなると、

  • 薄毛の進行スピードを緩める
  • 薄毛改善のスピードや、改善率を高める

などの効果が期待できます。

日常の生活のなかで、発毛の妨げになっている「マイナスの要素」をなくし、頭皮に良い「プラスの要素」を与えるように心がけましょう。

まずは基本!生活習慣の見直しから

生活習慣の見直し

悪しき生活習慣の見直しは、「頭皮環境」を良くする行為です。

できることから一つ一つ改善して、「髪が生えやすい頭皮」を目指しましょう。

食生活を見直そう

食生活イメージ食事からとれる栄養は、髪や頭皮に影響を与えます。

偏った食生活を続けると、髪が育つために必要な栄養素を充分に摂取できないため、髪の発育の妨げになる可能性があります。

偏食はしないようにして、食事からなるべく多くの髪や頭皮に良い成分を摂取するように心がけましょう。

長いスパンで考えると、軽視は禁物

1日3食とすると、1年間で1000食以上の食事をとることになります。1回1回では大きな差にはなりませんが、年数×1,000回の食事に気を配ることで、将来大きな差になる可能性がありますので、軽視は禁物です。

禁煙しよう

禁煙イメージタバコが健康を害することは皆さんご存じだと思いますが、実は「育毛」の妨げにもなります。

タバコのニコチンには、血管を収縮して血流を悪くする作用があります。髪が成長するために必要な栄養は、血液にのって頭皮の毛根まで運ばれますので、血流の悪化は薄毛の原因の一つと言えます。

「分かっちゃいるけどやめられない」という気持ちも分かりますが、ハゲ改善のためにもスパっとやめちゃいましょう。

タバコのお金を育毛に回せば一石二鳥♪

タバコを1日1箱吸うと、1ヶ月でおよそ12,000~15,000円のお金がかかります。

もし、タバコをやめると、このお金を「育毛剤」や「育毛サプリメント」などの経費に使えるようになります。しかも、タバコをやめることで頭皮環境が良くなりますので、「お金の節約+育毛効果」でまさに一石二鳥です。

充分な睡眠をとろう

睡眠イメージ寝ている時間は、髪を首服したり、作ったりする「メンテナンス」の時間でもあります。メンテナンスの時間が足りなければ必然的に髪の発育に悪影響を及ぼします。

質の良い睡眠を心がけ、時間も充分にとることが大切です。

髪のゴールデンタイムを上手に活用しよう♪

お肌と同じように、夜10時から夜中2時までは「髪のゴールデンタイム」と呼ばれ、髪の再生が活発な時間帯です。十分な睡眠時間を確保できないときでも、できるだけこの時間に睡眠をとるようにしましょう。

ストレスをこまめに発散しよう

ストレス発散イメージ皆さん一度は「ストレス=ハゲる」と聞いたことがあるのではないでしょうか?

ストレスが溜まると、「交感神経」が刺激されて神経のバランスが崩れてしまいます。そして自律神経の乱れを引き起こし、血管が収縮して血行不良を引き起こします。

栄養を運搬する血液の流れが悪くなってしまうと、毛根に栄養が届かなくなり孟母細胞の活性を妨げてしまいます。

「ストレス」と「禿げ」は密接な関係にありますので、ストレスを適度に発散して、溜めこまないように心がけましょう。

円形脱毛症の引き金にも

ストレスによって「円形脱毛症」になってしまうことも有名です。

ストレスが引き金となり、髪の毛根に免疫機能の異常が起こる「自己免疫疾患(髪の毛の毛根組織を異物と勘違いして攻撃する疾患)」によって、一部分の髪の毛がごっそり抜けてしまいます。

適度な運動を心がけよう

適度な運動運動は健康にもよく、ストレス解消にもなりますし、全身の血行が良くなります。

特に、有酸素運動(負荷が軽く、長時間続けられる運動)がオススメです。

キツイ運動はする必要はありませんので、ウォーキングや軽いジョギングなどの有酸素運動を毎日の生活に取り入れるように心がけましょう。

有酸素運動は、AGAにも効果的?

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンが「テストステロン」が、より強力な男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変わることで発症します。

このDHTは、汗からも排出されますので、AGAの予防や対策にもなり得ます

毎日のヘアケア・スカルプケア

スカルプケア

間違ったヘアケア方法を続けると、頭皮環境が悪くなる可能性があります。

正しいヘアケアを実践して、健康な頭皮を目指しましょう。

正しい「洗髪方法」を身につけよう

洗髪イメージ毎日の洗髪で、「正しい洗い方」を心がけることで、頭皮環境の改善が見込めます。

洗髪の回数が多すぎたり、頭皮を傷つけたりすると、「皮脂の過剰分泌」の原因になりますので、ツメで頭皮を傷つけないように気をつけて、1日1回の洗髪を習慣にしましょう。

シャンプーの前後にもポイント

シャンプーの前に、温かいお湯でしっかりと「前洗い」をすることで、頭皮の汚れが落ちやすくなります。シャンプー後は、すすぎ残しがないようにじっくりと時間をかけて頭皮についたシャンプーを洗い流しましょう。

「頭皮マッサージ」を習慣にしよう

頭皮マッサージイメージ頭皮マッサージはお手軽に頭皮の環境を良くする方法です。

「生え際」や「頭頂部」をやさしく揉むことで、頭皮の血行が改善され、抜け毛や薄毛の予防になります。

「リラックス効果」や、「ストレス緩和」の効果も期待できますので、毎日の習慣にしましょう。

頭皮の硬さをチェックしよう

健康な頭皮は「厚み」と「弾力」がありますが、血流が悪い頭皮は「薄くて硬い」傾向にあります。

自分の頭皮を指で押して、「手の甲」のように薄っぺらく張っているような感じがしたら血行が悪くなっている可能性があります。(頭皮の硬さチェック方法はこちら

頭皮に良い「シャンプー」を使おう

シャンプーイメージシャンプーの目的は、頭皮の汚れや皮脂を落とすことです。

 

頭皮への刺激が強すぎるシャンプーや、洗浄力が強すぎるシャンプーは、使い続けると「皮脂の過剰分泌」を引き起こす可能性があります。

シャンプーを選ぶときには、皮脂を適度に落としてくれる「頭皮に優しいシャンプー」を選びましょう。

育毛に「余計な成分」はいらない

ドラッグストアやコンビニなどで市販されているシャンプーの中には、香りやツヤを意識して開発されたものも多いです。香りやツヤを出すための成分は、育毛観点でみると「余計な成分」です。

これらの余計な成分が多いほど「育毛」の妨げになりますので、シャンプー選びには慎重になりましょう。

原因に合った「育毛剤」を使おう

育毛剤イメージ育毛剤の用途は大きく分けると、

「頭皮環境の改善」「髪の成長を促進」「AGA対策」の3つに分かれます。

同じように見える育毛剤でも、配合されている成分によって期待できる効果が違いますので、自分の薄毛の原因に合った育毛剤を選ぶことが重要です。

育毛剤で「AGA対策」できるって本当?

近年の育毛剤は、AGAの原因である「DHT」の生成を抑制する成分が配合されている商品も増えています。

「オウゴンエキス」や「ヒオウギエキス」に代表される「AGA対策成分」が高配合されている育毛剤は、AGAの進行を止める効果が期待できます。

日常的な対策では不十分?【AGA】には要注意!

AGAの頭皮

はげの原因が「AGA」の場合は、生活習慣の改善だけでは治すことはできません。

「AGAの進行を遅くする」、「AGAの改善率を高める」などの効果は期待できるのですが、AGAを改善するためには、「AGA治療薬」や「AGA育毛剤」などのAGA用の対策が必須です。

以下の「3ステップで分かる!AGA対策」では、自分のAGAの進行度合いによって、どんなAGA対策がベストかを詳しく解説しておりますので、お役立てください。

AGA対策3STEP解説

このページの先頭へ