【プロペシアレビュー】輸入代行を利用して購入してみました

プロペシアを入手する方法は、「病院の処方」か「輸入代行」の2通りで、どちらも同じプロペシアですが、処方もいらずお手軽な輸入代行を選びました。

ちなみに輸入代行業者はたくさんありますが、偽物の心配や、その他諸々のトラブルを避けるためにも絶対に信用できるサイトを利用した方がいいです。今回は医薬品の輸入代行業者で有名なオオサカ堂とライフパートナーをチェックして、ライフパートナーで購入することにしました。

プロペシア1mg×28錠を注文しました

購入したのはプロペシア1mg×28錠で価格は5600円です。

注文したのは10月19日の夜7時で、注文してすぐに入金確認のメールが届き、翌日のお昼に発送手配の完了メール、夜7時に発送完了メールが届きました。

発送完了メールを確認すると、お届け予定日には10月30日前後になるとのこと。海外からの発送ですので仕方ありませんが、国内通販の翌日お届けに慣れているとかなり長く感じますね。

10日後 到着

予定通り10月30日に自宅に届きました。

プロペシアの箱

プロペシアの箱の横に「cramlington ingiltere(イギリスのクラムリントン)」との表記があるのでイギリス製のプロペシアのようです。

国名表記

プロペシアにはイギリス製やニュージーランド製、アメリカ製など様々な種類があり、それぞれパッケージに違いがありますが、製造元はどれも「MSD」ですので、中身はどれも同じです。

ライフパートナーでは、「プロペシア」とだけ書かれているので、国を指定することが出来ません。今回はイギリス製でしたがもしかするとそれも固定ではないのかも知れませんね。

中身は同じですし、特にどこのプロペシアがいいというこだわりもありませんので特に問題なしです。ちなみにオオサカ堂はアメリカ製やニュージーランド製も選ぶことが出来ますので、こだわりがある方はオオサカ堂の方がいいかもしれません。

箱を開けると、英語のようななにやら見慣れない文字が書かれた説明書と、7錠ずつ小分けされたメタリックな梱包シートが4つ入っていました。

プロペシアの箱の中身

説明書が全く読めず、調べて見るとトルコ語でした。イギリスで製造されたトルコ向けのプロペシアということでしょうか。さすが世界のプロペシアですね。

プロペシアはとても小さな錠剤

プロペシアをシートから出してみると、8角形の小さな平べったい錠剤でした。1円玉と比べてみても分かるように、とても小さいので、水なしでも難なく飲めると思います。

錠剤の大きさ

レビューを作成してから5日ほど飲みましたが、さすがにまだ実感はありません。まれに体調不良が起こるとも書いてあったので少し心配でしたが身体は至って正常です。

このまま半年は続けてみようと思いますので、髪や身体に変化がありましたらレビューを更新したいと思います。

このページの先頭へ