【アンケート結果】鹿児島県41歳「佐々木」さん

佐々木さんの頭部画像

薄毛に対してどのようなイメージをお持ちですか?

年齢から薄毛であることは致し方ないというどこか諦めにも似た気持ちもありますが、対策をする事で改善できますので肥満と同じような生活習慣の乱れている人と印象付けられる事に劣等感を感じます。

上司や目上の方でも薄毛だと年期を感じさせる印象は抱きますが、薄毛に効果がある商品も数多く販売されていますのでコンプレックスの1つとして捉えるべきと考えます。

最初に薄毛を気になったのはいつですか?

最初に薄毛が気になったのは20代前半の頃で、元々おでこの生え際がM字でしたので当時付き合っていた彼女と写真を撮ったとき風で前髪がめくれあがったのを自分で確認していよいよきたかと実感しました。

おでこの生え際がやけに白かったのも薄毛をさらに印象付けた結果となり、彼女は笑っていましたが自分の心の中では恥ずかしくたまらない気持ちでした。

その時はどう思いましたか?

当時は前髪をフタする髪形の中央分けでしたし頭頂部に関してはまだ薄毛は進行していましたのでなんとか乗り切ろうという甘い考えでした。ですので特に育毛対策を取る事も無く普段通りの生活を送っていました。父も祖父も薄毛でしたので遺伝からくる薄毛の覚悟はしていましたが、20代前半という事もありましたので特に行動に出ることはありませんでした。

そのあとどうしましたか?何か対策を試みましたか?

20代後半になると薄毛の進行が始まりついに頭頂部のつむじ周りまで薄くなってきましたので、慌てて市販の育毛剤を購入したり育毛シャンプーに変えてみたりの対策が始まりました。育毛剤の配合成分も理解できておらず使用方法に関しましても塗布忘れがあったりと全く持って本腰を入れた薄毛対策ではありませんでしたので効果が現れる事はありませんでした。

現在はどのような対策をされていますか?

本格的な薄毛対策を取り始めたのは30代半ばあたりからで、AGA治療が受けられる市内の皮膚科を受診したり通販サイトで育毛シャンプーを定期コースで購入、男性型脱毛症に効果が期待されるプロペシアを服用、ミノキシジル配合の育毛剤購入と様々試してきて、現在は育毛シャンプーとプロペシアの服用のみで対策をとっており約半年間継続して使用しています。

薄毛は改善に向かっていますか?

約半年間の使用となりますが残念ながら発毛にはまだ至っておらず現状維持といった結果です。ただ使用開始して抜け毛の量は減りましたし、髪に対する意識が大きく変化しましたので食生活の見直しや軽い運動、嗜好品を減らすなども併用しながら育毛剤に頼るだけではなく自分で出来る薄毛対策は積極的に取り入れ今後1年、2年と使用の継続を考えています。

今、興味ある薄毛の対策があれば教えてください

これまで様々な薄毛対策を取ってきましたが髪は1日、2日で生える事はなく長期的な対策があって初めて発毛効果が現れますので、市販されているどの育毛剤にとっても言える事です。

発毛に効果があるとされる日本皮膚科学会AAA推奨のミノキシジル配合の育毛剤と男性型脱毛症専用のプロペシア、この2つに注目しておりきっと髪は生えると信じて使用していますので継続は力なりに尽きると考えております。

このページの先頭へ