【アンケート結果】埼玉県38歳「龍成」さん

龍成さんの頭部画像

薄毛に対してどのようなイメージをお持ちですか?

薄毛というのは癌や生活習慣病とおなじように、本来は人間の体には不要な現象なのではないかというイメージがあります。

不要なのに、どうして薄毛の減少が出てくるのかといえば、遺伝や男性ホルモンだけではなくて、ストレスによって体や皮膚や血管などの健康状態が悪化していることが、影響していることは本当だと思います。できるだけストレスを取り除くことも重要視しています。

最初に薄毛を気になったのはいつですか?

最初に気づいたのは前髪の生え際のほうで、20台半ばから気になりだしていました。やがて前髪のほうの抜け毛はおさまり、頭頂部のほうはまったく気になっていませんでした。

しかし30代後半になってから、頭頂部のハゲのほうが気になるようになりました。一時期シャンプーのたびに髪の毛がごっそり抜け落ちるようになっていたのが、気が付いたきっかけでした。

その時はどう思いましたか?

はっきり言って親がハゲていましたので、ああやっぱり息子も同じなのかという感じがしました。父親も30代のころから、頭頂部の抜け毛がひどくなった感じでした。今後一気にパチンコ玉みたいに光が差すレベルまで抜け毛が進行するのかと、観察していますが、それほど進行はしていないようです。ただ地肌が気になっていることはあります。

そのあとどうしましたか?何か対策を試みましたか?

直後の対策としましては、皮膚の血行促進するのが良いのではないかと思い、マッサージを試みました。マッサージというのは指を使うのではなくて、頭皮を手のひらで抑え、細かく動かすような感じにしています。指でこねくり回すと、抜け毛が増えるような気がするからです。

しかも頭皮を動かすようにしてから、たしかに抜け毛は減ってきましたし、産毛が生えてきた感じがあります。

現在はどのような対策をされていますか?

現在も同様に頭皮マッサージをしていますし、もう一つの対策を取っています。それは頭頂部の抜け毛が多い場所だけ、少し髪の毛を短めにするということです。髪の毛は長いほど、枕を使用したり洗髪をしたときに、圧力が加わりやすくなるでしょう。だから抜け毛の酷いどころだけ毛を短くすることは、効果があるのではないかと考えています。

薄毛は改善に向かっていますか?

やや改善傾向にあるといえるかもしれません。産毛が生えてきて、伸びていますし、以前に撮影した画像に比べても、薄毛の範囲が狭まっているようです。しばらくはマッサージと毛を短くする対策を続けていって、様子を見ていきたいと考えています。

できればお金をかけない方法で改善できることが最も好ましいでしょう。誰かがお金をかけない方法で改善して、その方法が広まっていけばいいなと思います。

今、興味ある薄毛の対策があれば教えてください

お金をかけない対策をしているといっても、興味がある製品があります。それは「チャップアップ」という製品で、これは頭皮の血流を促進し、髪の毛を作る成分を配合しているということなんです。効き目があると評判が高いのですが、ややお高い印象があって実際には購入していません。金銭的に余裕ができたら購入して、試してみたいとも考えております。

このページの先頭へ