ハゲは「治療」でどれくらい改善するのか?
【写真あり】

ハゲは治療(AGA治療)で治すことができるのは、ご存じの方も多いと思います。

しかし、実際に治療を受けた人が、

どれくらいハゲが改善しているのか?

気になる皆さんも多いのではないでしょうか。

このページでは、実際に治療を受けた人の「髪の毛の変化」を、写真付きで解説しています。

【予備知識】
AGAとAGA治療について

まずは「AGA」と「AGA治療」について知らない人のために簡単に説明します。

すでにご存じの方は、次項の「AGA治療の症例」からご覧ください。

AGAって?

男性ホルモンAGA(男性型脱毛症)は、テストステロン(男性ホルモン)が変化したDHT(より強力な男性ホルモン)が大きく関係する進行型の脱毛症です。

男性の薄毛の大半を占める脱毛症で、実に90%以上がAGAが原因でハゲが進行します。

「男性ホルモン」と「遺伝」が関係しているため、生活習慣の改善などでは治すことができません。

AGAが発症すると

AGAが発症すると、毛根にある「毛包」が小さくなり、髪の毛の成長が強制的にストップしてしまいます。成長を止められた髪の毛は、やがて脱毛するため長く成長することができません。

「生える→抜ける」のスパンが短くなりますので、抜け毛がかなり増えてしまいます

AGAは進行性ですので、治さない限り抜け毛は止まりませんので、薄毛がどんどん広範囲に広がり、最後にはツルツルに見えるまで進行します。

AGA治療って?

AGA治療AGA治療とは、医学的に男性ホルモン(DHT)を作らせないようにすることで、AGAの進行を止めるための治療です。

「植毛」や「増毛」、「育毛」などによる薄毛の改善とは根本的に違います。

AGA治療には、

  • AGA治療薬
  • AGAメソセラピー

などの方法があり、およそ80%以上のAGA患者が効果を実感しています。

AGA治療薬

AGA治療薬には、プロペシアに代表される「フィナステリド」や、「ミノキシジル」があります。最近では、クリニック独自の成分配合のAGA治療薬も増えています。

フィナステリドは、服用タイプの内服薬で、毎日飲むことで「DHT」の生成を抑制します。ミノキシジルは、頭皮に塗布することで、血流を促進して「髪が生える力」を増強する治療薬です。

AGAメソセラピー

AGAメソセラピーは、注射で頭皮に直接有効成分を注入する治療です。

クリニック独自の有効成分や、細胞の増殖・分裂を促進する「成長因子(グロースファクター)」を注入することで、発毛を促進します。

費用は高額ですが、高い効果が期待できます。

それでは、実際にAGAクリニックの治療でどれくらいまでハゲが改善するのか見てみましょう。

【写真つきで解説】
AGA治療の症例

業界最大手の「AGAスキンクリニック」の治療症例の写真をご紹介します。

(※写真参考:AGAスキンクリニック

【症例写真1】33歳男性(生え際、つむじ)

33歳男性の治療経過

生え際と頭頂部(つむじ)の髪の毛がかなり弱々しい印象でしたが、たった半年の治療で見事にハゲを改善してイケメンになっていますね。

AGA治療によって、つむじ周辺と生え際の「産毛」や「軟毛」が太く成長したため、全体的に毛量がかなり増えています。髪の毛でかなり印象が若返ることが分かる症例ですね。

【症例写真2】41歳男性(生え際、つむじ)

41歳男性の治療経過

こちらの男性は、AGAによってかなりの毛髪が産毛になっているために一見ツルツルに見えます。半年間の治療で「ヘアサイクル」が正常化し、産毛が太く長く成長していることが分かります。

【症例写真3】35歳男性(生え際、つむじ)

35歳男性の治療経過

こちらの男性は、スカスカだった頭頂部が、地肌が見えないほどにまで毛が生えています。他の方よりも効果がはやく現れていますので、AGA治療薬が効きやすい体質だと推測できます。

わずか3ヶ月で頭頂部がほぼ完治していますので、これから半年、1年と継続すると生え際の薄毛も目立たないまでに回復しそうですね。

【症例写真4】25歳男性(M部分)

25歳男性の治療経過

まだ年齢が若いので、髪の毛がしっかりしている印象を受けますが、そり込み部分が後退しています。そり込み部分が薄くなるのは、「M字ハゲ」の典型的な症状です。

境界線がはっきりして目立っていた「M部分」の髪の毛が生えることで、境界がぼやけて「M字ハゲ」が目立たなくなっていますね。

【症例写真5】28歳男性(生え際、M部分)

28歳男性の治療経過

こちらの男性は、生え際の中心の髪の毛が弱々しく地肌が透けています。M字部分も後退しているため全体的に薄い印象でしたが、生え際のラインがしっかりと揃うまでに回復しています。

以前ハゲに悩んでいたとは思えないほどの変化ですね。

【症例写真6】39歳男性(生え際、つむじ)

39歳男性の治療経過

かなり広範囲がうすくなっていましたが、1年のAGA治療で完治しています。

これだけハゲが改善するのは、クリニックの医師の治療方法がよほどマッチしていたのでしょう。1年ぶりに会った人は、かつらだと思ってしまうかもしれませんね。

【症例写真7】43歳男性(生え際)

43歳男性の治療経過

治療前の写真では、前頭部の薄毛がかなり進行していることが分かります。

1年の治療で、生え際の髪の毛が太く育ってボリュームがアップしたことで、地肌が見えなくなっています。見た目の印象もかなり若くなっていますね。

【症例写真8】AGAスキンクリニック ドクター

クリニックの医師の治療経過

AGAスキンクリニックのドクター「麻生医師」が自らAGA治療に取り組み、見事に発毛に成功しています。

麻生医師は、「今は医療で髪の毛が生える時代。諦めないでください!」とおっしゃっています。ご自身が薄毛に悩んでいた経験がありますので、説得力がありますね。

※もっと多くの治療の症例をご覧になりたい方は、ページ下部の「AGAスキンクリニックの症例」でも写真を掲載しています。

【注意点すること】
AGA治療を始めたい方へ

治療の注意点

上でご紹介した症例で、AGA治療の効果の高さが分かりますね。

AGAは、「育毛剤」や「育毛シャンプー」を使用しても「治す」ことはできませんので、現状では、「AGA治療」がAGAを「治す」ための唯一の方法です。

ただし、注意しなければいけないこともあります。

治療の期間は?

治療をはじめてすぐに薄毛が治るわけではありません。

個人差はありますが、薄毛が目に見えて改善するまでには、早い人で3ヶ月遅い人では6~8ヶ月の期間が必要です。使い始めて効果を実感できない人も、およそ半年間は様子を見ましょう。

治療にかかる費用は?

病院やクリニックでAGA治療薬を処方して貰う場合は、毎月約6,000~8,000円程度のお金がかかります。

また、初回の診察時に「初診料」がおよそ3,000~5,000円かかります。AGA治療薬を服用しても問題がないかを調べる「血液検査」を受ける場合は、1回あたり5,000~10,000円ほど必要です。

最近では、初診料や血液検査が無料のクリニックも増えていますので、上手に利用すればコストを抑えることができます。

AGA治療で気をつけること

AGA治療を始めるときには、

  • 副作用
  • 管理方法

には特に注意が必要です。

副作用

起こりうる副作用には、動悸、息切れ、めまい、制欲減退、勃起障害などが確認されていますので、いま自分がAGA治療を初めても問題がないかを、病院やクリニックで調べてから始めましょう。

病院やクリニックの他にも「個人輸入代行」を利用する入手方法がありますが、重大な副作用が起こった場合はすべて自己責任になります。安全性に不安がありますので、個人輸入代行の利用はやめましょう。

管理方法

AGA治療薬(フィナステリド)は、女性が飲んだり触れたりすると、男性胎児の発育異常の危険があります。

AGAの原因「DHT」は赤ちゃんの発育にとても重要。AGA治療薬でDHTの生成を強制的に抑えてしまうと、赤ちゃんの発育を妨げたり、生殖器に異常が出る恐れがあります。

特に、「妊娠中」「授乳中」の女性、または「妊娠の可能性」がある女性が身近にいる場合は、絶対に触らないように細心の注意を払う必要があります。

【年齢別に症例写真も多数掲載】
治療におすすめのクリニック

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニック発毛実感率99.4%を誇る、業界最大手のAGAクリニックです。

価格もとてもリーズナブルで、 AGA治療薬は初回3400円~処方してくれます。治療にかかる費用が他のクリニックにくらべて安いのも人気の理由です。

診察で医師がAGAと判断した場合は、しっかりと血液検査をした上で、医師が自分に最適なAGA治療を提案してくれるので安心です。血液検査、初診料も無料ですので、気になる方はまずは「無料カウンセリング」で分からないことを相談してみましょう。

無料カウンセリング【予約~終了までの流れ】

  1. 「公式サイト」内で、「無料カウンセリング予約はこちら」をクリック
  2. 「受診希望の店舗」や「希望予約日」を選択し、簡単な必要事項を入力
  3. 予約日にクリニックに来院し、「問診表に記入」と「血圧を測定」
  4. 専門医師による診察(頭髪、頭皮、身体全体の健康状態を問診)
  5. カウンセリング(頭皮チェックで毛根や頭皮を詳しく調べ、治療の説明を受ける)

これで完了です。

すぐに治療希望の場合は、カウンセリングのあとに「初診」「血液検査」を受けて、治療薬を処方してもらえます。(今は初診料、血液検査が無料です。)

  • 店舗数:全国50院
  • 無料カウンセリング:約1~2時間

↑AGAスキンクリニックの「無料カウンセリング」は、公式サイトから予約できます。

AGAスキンクリニックの症例【写真】

ごく一部ですが、AGAスキンクリニックの治療でハゲを改善した方々の「症例写真」を年齢別にご紹介します。

20代の症例写真

20代男性の頭部写真
出典:AGAnavi「20代の症例」

つむじや、生え際など皆さん薄い部分に違いがありますが、見違えるほど見事にハゲを改善していますね。20代で髪の毛が薄くなる「若ハゲ」は本当にツライので、皆さんのこれからの人生も明るく変わるのではないでしょうか。

30代の症例写真

30代男性の頭部写真
出典:AGAnavi「30代の症例」

30代の皆さんも、薄毛の進行具合に関係なく大きく改善していますね。特に右上の人は、別人に見えるほど髪の毛が増えて、年齢もかなり若く見えます。AGA治療が大成功した良い例ですね。

40代の症例写真

40代男性の頭部写真
出典:AGAnavi「40代の症例」

治療後に、生え際やつむじ周辺の地肌が目立っている男性もいらっしゃいますが、治療前とくらべると明らかに毛量が増えていることが分かります。10年以上薄毛に悩んでいた方も多いようですが、しっかり治療すればここまで回復するんですね。

50代の症例写真

50代男性の頭部写真
出典:AGAnavi「50代の症例」

50代になるとAGAが発症してからかなりの年月が経過している人が多く、若いころの毛量になることは難しいのですが、この症例写真を見る限りでは、治療が遅すぎることはないようです。特に右下の毛髪の変化には目を見張るものがありますね。

部分的に髪の毛が再生していない箇所がありますが、おそらく長い年月が経ってしまったために「髪を作る細胞の分裂」ができなくなったためです。

AGA治療には「タイムリミット」が存在しますので、できるだけ早めに治療することをオススメします。

↑AGAスキンクリニックの「詳細」や「無料カウンセリング」は、公式サイトをご覧ください。

このページの先頭へ